テーラー渡辺

「アブラハムムーン」「ツイードジャケット」コレクション。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

ムーン

ムーン

ムーン

ムーン

ムーン

ムーン

ムーン

当店にイギリスは北イングランド、ヨークシャー州にある有名ファブリックメーカーの「MOON(ムーン)」社から、待望の「ヘリテージ・コレクション」。その中のツイードコレクションのご紹介。
「ツイード」という言葉はスコットランドの「tweel(ツイール)」という英語の変形だそうです。ツイールはスコットランド高地地方や島で作られていた荒く加工されていない手織りのウール生地のことを指します。ツイードが高地地方かスコットランドの南部から始まったかは歴史家によって意見が違います。それは平織りか綾織りのどちらかで作られ、チェックや綾、ヘリンボーン柄があります。名前は英国とスコットランドの境界線を流れるツイード川と関連付けられました。スコッチツイードやアイリッシュツイード、ドネガルツイードやチェビオットツイード、ハリスツイードであろうとなかろうと全ての毛足あるホームスパンウールのことを最終的に一般用語としてツイードといわれるようになりました。英国のツイードは落ち着いた面白い色の効果(混ざり合った色)のある英国のウールを使い、この伝統は今でも引き継がれています。ツイードは耐久性があり、丈夫な素材としてアウトドアに適してます。

ムーン

ムーン

ムーン

ムーン

アブラハムムーン

ムーン

こちらの素材はナチュラル素材のアンダイドブリティッシュウールを使用しているのが特徴。ジェイコブス、シェットランド、ウェルシュブラックなどの英国羊毛の天然カラーの糸を使い、紡績や織りの工程には染料や科学物質は使用せず、仕上げ工程でも天然石けんを使い、優れた品質を作りだし提案しております。3つの全ての工程がハダーズフィールドの半径5マイルいないの工場で行われ、環境への負担を抑えるために二酸化炭素の排出量も最小限に抑えられています。天然素材の染料を使用しておりますのでご覧の通り、土着的なイメージのツイードジャケットになります。 これこそが「カントリー風ジャケット」を仕立てるには欠かせない、最適な素材なのです。

ムーン

ムーン

「シェットランドツイード」に使用される羊毛は「スコットランドの北の海岸に点在するシェットランド島に住んでいる羊。シェットランド種の羊は、その種類の中では一番小さい種類で他の羊に比べて非常に強壮である。バイキングによって1000年前にシェットランド島に連れてこられた北欧にいる羊から進化したと信じられています。歴史的にシェットランドウールは、粗い繊維を持つ被毛によって複雑なメレンゲ色に見せているといわれています。 寒風の吹きすさぶ北海の荒波にもまれるこの島の冬は特に冷たい。羊は農家の附近の丘に乾草を主食とし、海辺に打ちあげられた海藻を主食として棲んでいる羊。この光景、孤島が一面の雪景色である中に、海辺に打ちあげられた海藻を食べている羊のありさまをこの島に訪れた旅行者が見れば、思わず目を瞠るであろうと、あるスコットランドのシェットランドの案内書などに書かれてある。「シェットランド羊毛」は、ツイードの中で一番繊度が極めて柔軟で長い繊維の内側の毛といわれ、スポンジのようにアルパカににたふっくらとした風合いで肌に優しい。それは冬季の寒冷と湿度の高い気候といった気象の関係と、乾草や海藻を食料とする影響であろうと云われている。ところがこの羊を緑の牧草で飼育すると、その品質は直ちに失われて繊度の太い毛となり、いままで何回かスコットランド以外に移棲させようと試みられたが、いずれも失敗に終わっている。シェットランド羊毛の大部分はメリヤス製品に向けられていていて、極く僅かなものが「ツイードジャケット用」に使用されるのであるから、シェットランドの「ツイードジャケット」を持つということは非常に贅沢なこととされている。この羊毛で織られたツイードは軽やかで、温かく、頗る柔軟であり、掴んだ場合の豊かな感触は何とも云えない。「シェットランドツイード」は「アブラハム・ムーン社」の手織工場で今なお行われており200年以上も続いている。ふっくらとしたスポンジのような肌ざわりの「アブラハム・ムーン」の「シェットランドツイード」でオーダージャケットを仕立てる。それは一番の贅沢な一着になる。

ムーン

ムーン

ムーン

ムーン

「ハッキング・ジャケット」とは、シングルブレストで、前裾が丸くカットされ、後ろ裾のセンターベンツとチェンジ付きの斜めの「スラントポケット」が特徴の乗馬服を起源とするツイード製のジャケット。斜めのポケット(スラント・ポケット、ハッキング・ポケット)は、騎乗中での物の取り出しやすさを考慮したもの。ウェストのラインはできるだけタイトにする。それは乗馬の際にサポーター的に保つから。乗馬服のデザインが故に着丈はできるだけ長めにし、裾のフレアーも多めにとるのは、下からの風の侵入を防ぐためのディテール。首を保護するためにも、ラペルにタブカラーを付け、襟を立てて釦を閉め、背中のバックスタイルは「ピンチバックベルト」を付けたセンターベントが最適です。「ハッキングジャケット」といえば、「アブラハム・ムーン」のパターンは当然のようにトラディッショナルな「ガンクラブチェック」が基本。

ムーン

「ガンクラブチェック」とは?
アメリカ東部に実在した狩猟倶楽部のひとつが1874年に作ったユニフォームに、このパターンを使用したことからがその名前になりました。ガンクラブチェックはスポーティーなパターンの代表格で、二色の格子が重なり合って出来ているのが特徴で、またの名を二重弁慶格子とも言います。多色使いにしたシェパードチェック、あるいはハンドトゥースに似ており、この両方の柄をいう。本来はスコットランドの「コイガックCoigach」という領地の、生成り・黒・茶を配したシェパード・チェックだったといわれる。

ムーン

ムーン

ムーン

ムーン

「アブラハム・ムーン」の「ソーンプルーフ」の生地は主にジャケット用に使用いたしますが、カントリー風のスーツを仕立てるには最適の素材。ツイードジャケットは通常、紡毛素材(ぼうもうそざい)と言って短い糸を紡いで糸にしているので、ジャケットはいいのですがスラックスとして仕立てるには不向き。この「ソーンプルーフ」に使用されるヤーン(糸)はチェヴィオット種の羊から採取されるウールから紡がれます。スコットランド・イングランド国境付近の厳しい自然環境を生き抜くチェヴィオット種のウールは、他にない強さ、耐久性が特徴。そのため、「ツイードジャケット」はもちろんのこと、「ツイードスーツ」を制作するには最高の素材。「アブラハム・ムーン」「ソーンプルーフ」は霜降りの色の組み合わせである特徴的なツイードのことで、その名が示すように、この"ソーンプルーフ"は荒野を歩く際に服地に植物のトゲが刺さってもものともしない高いパフォーマンスを誇ります。
この二本の糸は対照的であり調和する色の組み合わせで、一般的な織り方は平織りで、特徴的な霧吹きしたような色の効果がこの織りの組み合わせと横糸と縦糸の撚り合わせられた色の連続によって与えられます。カントリーマン達が絶対的な信頼を置く、本物のカントリーツイードがここにあります。いかがです、「アブラハムムーン」「ソーンプルーフ」で「カントリージャケット」「カントリースーツ」。素敵な一着になりますよ。

ムーン

ムーン

「ドネガルツイード」とは? アイルランド北西部のドニゴール州で算出されるアイリッシュツイードの代表格です。北アイルランド、スコットランド、ハイランドの山岳地に生息する、その名の通り、白い斑のある黒い顔が特徴の「ブラックフェイス」。英国の羊種ではもっとも数多く、太く硬質な触感。弾力と復元力に富んだ20〜30pに及ぶ長い毛足を持つ。アイリッシュツィードに用いられる羊。「ドネガルツイード(ドニゴール)」は暖かく耐久性があり、ネップ(節)のある見た目が特徴の目の粗いアイリッシュツイード。基本の色と相反した不揃いのスラブ糸の平織りが特徴とされ、紡毛糸を使って織られている。色がついた「ナブ」や「ネップ」や「ノブ」=(小さなかたまり)はがっしりしたフェルトのようなウールのつぶつぶが紡毛機に入り、紡いだ糸の中にそのつぶつぶが小さなかたまりとして残ることによって、クラシックな言い方では仕上がりの生地に「Salt&Peppar(霜降り)」の効果があると言われています。伝統的には、人々が黄色の花を付けるハイレニシタやオレンジ色のした苔、真っ赤なホクシアや濃い紫のブラックベリーなどから色をとっただろうと言われ、その色がドネガルツイードのファインを魅了したとも言われています。「ドネガル」という言葉は、現在では白や明るい色の小さなかたまりが入ったツイード風の平織り生地にも使われています。Kilcarra Donegal(キルカッラドネガル)糸は唯一のアイルランドで紡がれた本物のドネガル糸になります。「ドネガルツイード」で「オーダージャケット」を仕立てれば暖かく、良い味わいの「ツイードジャケット」が仕上がりますよ。「アブラハムムーン」「アイリッシュドネガルズ」はアイルランド北西部のドネガル地方で、今も昔ながらの手法で織り上げられている希少なツイード。ネップ(節糸)が入るのが特徴的で、美しく茂る草花、苔などこの地域ならではの色彩が、素朴で暖かい生地に織り込まれています。「ドネガルツイード」でオーダージャケットいかがです。「オーバーコート」をオーダーとして仕立てるファブリックにも良いですよ。

ムーン

ムーン

ムーン

ムーン

ムーン

「キャバルリーツイル」とは?生地の表面の畝(うね)がはっきり立ったギャバジンに似た独特の綾織物です。正バイアスに織られた表面が滑らかなダブルツイールの生地は縦糸もきれいに織られた特別かツイルの織りに仕上がります。生地の写真をご覧になってみるとわかりますが強い2本の細い畝で一本の綾目になっているので「二重畝ギャバジン」の名もあります。張り・コシがありウェイトはどの「キャバルリーツイル」よりもヘヴィーウェイトで610gもあるので耐久性豊か、丈夫で伸縮性がありますのでパンツの単品やオーバーコート地としても最適です。乗馬ズボンやゴルフパンツ等のアウトドア・スポーツに必須な抜群の耐久性を備えています。名前の由来は第一次世界大戦時にこの生地で英国士官の乗馬用パンツを作ったことから「キャバルリー・ツイル(騎兵隊のツイル)と呼ばれるようになりました。丈夫でそして味のあるこのマテリアル。最近流行のヘヴィーウェイトでのファブリックの代表選手です。ヘヴィーウェイトで「ガツン」とくる、しっかりとしたハリのあるスーツ。「アブラハム・ムーン」「キャバルリーツイル」でオーダージャケット、オーダースーツ、オーダーオーバーコートはいかがでしょうか。

ムーン

ムーン

北イングランド、ヨークシャー州にある「MOON(ムーン)」社。英国ヴィクトリア女王が即位した1837年、時を同じくして創業したという。創業者のアブラハム・ムーンは、昔家庭で紡いでいたツイードの糸を集めて買い取り、仕上げて販売するスタイルでヨークシャー州、ギーズリーに社を興した。その後1868年、布の仕上げに理想的なこの地の水を引き込んみ自身の工場を設立。新しく敷かれた鉄道の力もあり、 「MOON(ムーン)」社の生地は英国のみならずヨーロッパへと広まっていきました。「MOON」社の生地作りは、1837年の創業以来、とりたての羊毛から染色、紡績、そして織りと仕上げまで、全てを自家工場内で一貫して行う特別なものでした。工場生産でありながら、ツイードが家庭で作られるような手織り感のある“ホームスパン”だった頃の記憶を蘇らせるような、古き良き物作りの仕事が彼らのツイード生地に、深い味わいを添えたのかもしれません。創業者のアブラハムの死後も、"一貫生産"にこだわったその物作りの精神は今でも受け継がれ大事にそして大切に守られています。

ムーン

ご予約は携帯電話で

PageTop