テーラー渡辺

「シェットランド ツイード」「ツイードジャケット」スポンジのようなふっくらとした風合い|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

シェットランドツイード

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ムーン

ムーン

シェリーツイード

イギリスの四大ツイード

クラシックシェットランド

「カジュアル」に、そして最近の流行である「ビジネスカジュアル」のシーンには“ツイードジャケット”は欠かせない存在になりました。「ツイードジャケット」に代表されるクオリティーの高いホームスパン織りの「シェットランドツイード」は「ハリスツイード」「ドネガルツイード」「チェビオットツイード」の「四大ツイード」として世界的に名を知られております。「カントリージャケット」として「ハッキングジャケット」「ノーフォークジャケット」で仕立てる素材に最大の効力を発揮致します。 「ウィリアムビル」の「シェットランドツイード」は落ち着いた面白い色の効果(混ざり合った色)のある英国の羊毛を使い、この伝統は今でも引き継がれています。「ウィリアムビル」の「シェットランド羊毛」は、ツイードの中で一番繊度が極めて柔軟でありスポンジのようにアルパカににたふっくらとした風合いで肌に優しい。この羊毛で織られたツイードは軽やかで、温かく、頗る柔軟であり、掴んだ場合の豊かな感触は何とも云えない。古くからの「シェットランドツイード」は手織工場で今なお行われており200年以上も続いている。ふっくらとしたスポンジのような肌ざわりの「シェットランドツイード」でオーダージャケットを仕立てる。それは一番の贅沢な一着になる。

シェットランドツイード

1846年創業の歴史あるカントリー服地マーチャント、「ダブリュービル」。以前からある「クラシックシェットランドツイードコレクション」の他に、新たに「ビンテージシェットランドコレクション」を追加。以前の「シェットランドツイードコレクション」と併用して選ぶことができます。以前同様カントリージャケットファンには最良のマテリアル。シェットランド諸島の伝統織物を現代に再現したコレクションは、ざっくりとした優しい風合いが特徴。1960-70年代のアーカイブからデザインをセレクトしたので、よりクラシカルな「シェットランドツイード」のカントリージャケットをご要望の方にはうってつけのコレクションです。洋服好きを唸らすオーセンティックなパターンの数々。きっとご満足いただけるツイードジャケットを仕立てられます。

シェットランドツイード

シェットランドツイード

「アブラハムムーン」「シェットランドツイードジャケット」は、あまりに膨大な数のためT・Uと分けてご紹介。「ツイード」という言葉はスコットランドの「tweel(ツイール)」という英語の変形だそうです。ツイールはスコットランド高地地方や島で作られていた荒く加工されていない手織りのウール生地のことを指します。ツイードが高地地方かスコットランドの南部から始まったかは歴史家によって意見が違います。それは平織りか綾織りのどちらかで作られ、チェックや綾、ヘリンボーン柄があります。名前は英国とスコットランドの境界線を流れるツイード川と関連付けられました。スコッチツイードやアイリッシュツイード、ドネガルツイードやチェビオットツイード、ハリスツイードであろうとなかろうと全ての毛足あるホームスパンウールのことを最終的に一般用語としてツイードといわれるようになりました。英国のツイードは落ち着いた面白い色の効果(混ざり合った色)のある英国のウールを使い、この伝統は今でも引き継がれています。ツイードは耐久性があり、丈夫な素材としてアウトドアに適してます。

シェリーツイード

「ホーランド&シェリー」「シェリーツイード」からの「シェットランドツイード」
この羊毛で織られたツイードは軽やかで、温かく、頗る柔軟であり、掴んだ場合の豊かな感触は何ともいえません。「シェットランドツイード」と言うと海岸沿いに生息する羊が主ですが「ホーランド&シェリー」のシェットランドツイードは「ホーランド&シェリー」社の本社があるイングランドとスコットランドの境界近くを流れるフォース湾を経て北海注ぐ全長156km程の短い川、ツイードリバーに生息している羊毛を使用しております。サケの遡上で有名な川ですがその水の豊富なミネラル分が織り上げた服地を洗う際に染色を際立たせる為、古くから領域に多くの織物工場が操業しています。ツイードのジャケット素材は正にこのエリアで生まれました。 「シェットランドツイード」と言うと土着的なカントリー風のジャケットに使用されますが「シェリーツイード」はどこかアーバン風で、色彩も綺麗。メンズものはもちろんのこと「レディースオーダー」にも最適です。ふっくらとしたスポンジのような肌ざわりの「シェットランドツイード」でオーダージャケットを仕立てるにも一考です。
シェットランドツイードシェットランド諸島に生息し、細くしなやかな羊毛を携える。白やグレー、茶、茶がかったグレー、淡い黄褐色など様様な色があり、染色せず自然の色のまま用いられることが多い。殆どがツィードやフェアアイル柄のニットものなど、シェットランド島での需要に使われる。海岸で海藻を食べるヘルシーな羊。 シェットランドツイード
「シェットランドツイード」に使用される羊毛は「スコットランドの北の海岸に点在するシェットランド島に住んでいる羊。シェットランド種の羊は、他の羊に比べて非常に強壮である。 寒風の吹きすさぶ北海の荒波にもまれるこの島の冬は特に冷たい。羊は農家の附近の丘に乾草を主食とし、海辺に打ちあげられた海藻を主食として棲んでいる羊。この光景、孤島が一面の雪景色である中に、海辺に打ちあげられた海藻を食べている羊のありさまをこの島に訪れた旅行者が見れば、思わず目を瞠るであろうと、あるスコットランドのシェットランドの案内書などに書かれてある。
「シェットランド羊毛」は、ツイードの中で一番繊度が極めて柔軟でありスポンジのようにアルパカににたふっくらとした風合いで肌に優しい。それは冬季の寒冷と湿度の高い気候といった気象の関係と、乾草や海藻を食料とする影響であろうと云われている。ころがこの羊を緑の牧草で飼育すると、その品質は直ちに失われて繊度の太い毛となり、いままで何回かスコットランド以外に移棲させようと試みられたが、いずれも失敗に終わっている。シェットランド羊毛の大部分はメリヤス製品に向けられていていて、極く僅かなものが「ツイードジャケット用」に使用されるのであるから、シェットランドの「ツイードジャケット」を持つということは非常に贅沢なこととされている。
この羊毛で織られたツイードは軽やかで、温かく、頗る柔軟であり、掴んだ場合の豊かな感触は何とも云えない。
「シェットランドツイード」は手織工場で今なお行われており200年以上も続いている。ふっくらとしたスポンジのような肌ざわりの「シェットランドツイード」でオーダージャケットを仕立てる。それは一番の贅沢な一着になる。
シェットランドツイード

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

帽子のオーダー

テーラー渡辺「W・Bill」へ行く

オーダージャケット プライス

イギリスの四大ツイード

ハリスツイード

ドネガルツイード

シェットランドツイード

チェビオットツイード

ノーフォークジャケット

ノーフォークジャケット

シャットランドツイード

PageTop