テーラー渡辺

バウワーローバック|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

バウワーローバック

バワーローバック

本日はイギリスは西ヨークシャー州の老舗ファブリックメーカーである「バワーローバック」から、最もラグジュアリーな商品、「100%スパンカシミア」を超格安価格でお仕立ていたします。「コロナ騒ぎ」の影響で、今回スパンカシミアの取引先から特別に格安で卸してくださいました。全部で5着分を用意したところ、一週間以内にあっという間に4着が売れ、現在1っちゃくのみとなりました。売れましたら、終了させていただきます。
「スパンカシミア」という生地をご存知でしょうか。
スパンとは? 
紡(つむ)ぐと言う意味。最高級のカシミアを贅沢に100%使用し、それを、しっかりと丁寧にスーツ用に紡いだ最も贅沢なスーツ地のことを言います。スーツ地の中でも「スパンカシミヤ」は、カシミヤの中でも一番の最高峰に位置する超高級素材です。本来、ジャケットやオーバーコートなどに使われるカシミヤは、背中の太くて短い毛を使用して高速織機で織り上げます。これが紡毛カシミヤと言われる太くて短い毛を使用したカシミヤで、ジャケットやオーバーコートなどに用いられます。一方、スーツに使用する“スパンカシミヤ”は、梳毛(そもう)カシミアと言って、胸の細くて長い毛だけを使用し、糸を寝かせてから、高速織機ではなくシャトル織機でゆっくり織り上げます。そうすると、打ち込みがしっかりした生地になり、滑らかな質感ながら適度なコシが生まれます。
このように、スパンカシミヤは、限られた部位の少ない毛をシャトル織機でゆっくり織り上げるので、量が作れないのに加え、膨大な時間と手間が掛かります。そのごく少量しか作れないにもかかわらず、今回の「バワーローバック」からの「スパンカシミア」スーツ地はカシミアを380gmsもあるのでものすごく打ち込みがよく、カシミア特有のナチュラルストレッチや贅沢な手触りがありつつも、一見するとウールのような強さがあるのです。この目付の良さ、ハリ感、そして復元力。カシミアを売りにするだけでなく、実際にスーツとして仕立てたときのことを考えて織られたピュアカシミアの生地は本当に珍しい品で、一般市場ではなかなかでない、逸材の商品。もしあったとしても、一般デパートでこの生地を使ったオーダースーツは60万円以上はいたします。これほど圧倒的なステイタスを備えた服地は他にはないと思います。この生地で仕立てたオーダースーツが如何に特別であるかがお分かり頂けるのではないでしょうか。最高に贅沢な気分を味わって頂ける一着です。プライスについては、「スパンカシミア」であまりにも格安でお仕立てするため、色々な諸事情でブログにて一般公開できない状況です。どうぞお気軽にお問い合わせください。きっと納得するプライスかと存じます。コロナ騒ぎだからこそ、取引先も格安で卸してくれたことだし、当店としても今だからこそ破格でお仕立てできるのです。この機会にどうぞお仕立てください。一生ものの商品です。

バウワーローバック

バウワーローバックス

バウワーローバックス

バウアー・ローバック・アンド・カンパニー(Bower Roebuck & Co.)は1500年代にイギリス・イングランド・ウェスト・ヨークシャー州ハダーズフィールドで創業したスーツ、アウター、ボトムス用ファブリックメーカーのブランド。 BOWER ROEBUCH社(バゥワー ブローバック社)は、1500年代にイギリス・イングランド・ウェスト・ヨークシャー州ハダーズフィールドで創業した中堅会社で最上級の梳毛カシミアその他高級混紡紳士スーツ地及びジャケット地の専業メーカーで、特に世界の最高峰である「スキャバル」の高品質の生地を織っていることでも有名な会社です。1899年に現在の形で設立するまで、そのBOWER ROEBUCH(バワーブローバック)の歴史的な場所で450年間織物は生産されてきました。デザイン及び品質の優美性に対する強力な自信を持って、近年芸術的な生産技術を伴う再設備を含め、一大投資を完了しました。この投資により、会社が有名になった特殊な品質の開発及び将来の発展に対する確固たる基礎を構築いたしました。BOWER ROERBUCH社(バワーブローバック社)は、純粋のスーパー120s'及び150s'の品質を創出した最初のメーカーであり、世界中にその品質が確認されています。その顧客は多岐に亘り有名なクチュールハウスや一流既製メーカーであるキートン、ベルベスト、ブリオーニ、その他マーチャント等と取引をしております。

バウワーローバックス

チェルッティ

PageTop