テーラー渡辺

マーリング&エヴァンス|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

マーリングエヴァンス

マーリングエバンス

マーリングエヴァンス

「マーリン&エバンス」2022年秋冬物スーツコレクションのご紹介。
ラムズウールの原料染めの双糸の縦糸と横糸を使い、36/2nmの糸を2/2の太番手梳毛糸で織り上げた、ウェイトが370/390gmsのしっかりとした秋冬スーツ地。「ラムズウール」とは メリノ種のメリノウールの中でもよりソフトな生後6ケ月までの毛をいいます。
ラムズウールを直訳すると「子羊の羊毛」という意味で、子羊はSheep(シープ)ではなくLamb(ラム)と呼び、通常生後6ヶ月未満の子羊を指します。 柔らかさと発色の良さに優れており、綺麗なツイードウールジャケット地には適しております。 純血種の子羊は、一生で一度しか羊毛を採取できないことなので貴重なツイードウール素材なのです。 刈り取った後の最初のクリーニング行程を終えると、非常に純度の高い純白な状態の糸となり、ナチュラルで鮮やかなカラーの発色が美しいのが特徴。ウールの中でも繊維がより細いので軽く、ツイード独特の“チクチク感”が比較的少なく縮れ(クリンプ)が多いので空気を含み、より暖かさを感じ身にまとっていても疲れないのが魅力。1930年代の伝統的な英国生地を再現したヴィンテージ風スーツ地です。クラシックではありますが決して古典的にならず、モダンな雰囲気のオーダースーツ地。ここ最近のビジネスカジュアルの影響で、このようなツイーディーな表情のあるスーツ生地は流行でもあるのです。ガツンとくる、このウェイト。肩に乗ったときの充実感はヘヴィーウェイトならでは。「マーリン&エバンス」の中でも一番、クラシカル調のフィニッシュを施し英国服地の長所である耐久性は抜群ですが、ドレープ性もあり仕立て上がりのスーツは正に伝統的な英国を表現してくれます。色柄もヴィンテージを意識してベーシックでクラシックなブリティッシュ・スタイルを基本に構成させております。いますし、デザインにおいても細手で織られた生地は、はっきりした柄となり特に大きめのグレナカートチェックはその特徴をよく現れています。デザインはカントリー風、アーバン風とどちらにも応用が利くファブリック。双璧となる、きらきら光沢があって軽くてやわらか〜なモードな雰囲気のスーツを仕立てる「イタリー製のマテリアル」とは全くの逆で、クラシックな雰囲気を持った1着を着てみたいようだったら一番のお勧めのファブリック。着込めば着込むほど味わいが出る。色柄はビジネスシーン向きにトラディッショナルな英国調の物を揃えた柄物27色柄と豊富に取りそろえており、現代のテーラーやデザイナーによって見いだされた伝統的な価値で満たされています。

プレステージ縫製とは?

ハイグレード縫製とは?

仮縫い

スプレンディッド縫製

エクセレント縫製

マーリング&エバンス

マーリン&エバンス

マーリン&エバンス

マーリン&エバンス

マーリン&エバンス

マーリン&エバンス

マーリン&エバンス

マーリン&エバンス

マーリングエヴァンス

2021年春夏究極のネイチャーファブリック「マーリン・アンド・エヴァンス」から「アンダイド・ブリティッシュウール」コレクションのご紹介。
ナチュラルなまま染色をせず自然なカラーを用いて作られた、古くからの「マーリン&エヴァンス」の得意とする天然ウールカラー・アンダイド仕様のオーガニック系服地です。 2プライのミックスヤーンで織り上げた300gmsの後半、100%ウーステッドの梳毛素材で織り上げた伝統的なブリティッシュウールのスーツ素材です。原毛のままの自然な色のミディアムグレー。自然のカラーなので、色に深みがあって見ているだけで、落ち着きます。 この生地をじっと見ていると、何故か気持ちが引き込まれ、以前からどこかで見かけていたたような懐かしさを感じるのは、祖先が昔から見ていた私自身のDNAが感じ取られるのかもしれません。ナチュラルカラーの状態でミディアムグレーからダークグレーカラーまでの範囲を持つこの羊毛は非常に密度が高く艶やかで耐久性に優れています。また完全にナチュラルなまま染色を施さずに用いることができ、環境保護の観点からもメーカーとして大きな意味があります。 染めていない羊毛の濃淡を使ったカラーで糸を紡ぎ、ハイツイストで強く撚りをかけて織りあげたファブリックのアンダイドブリティッシュウールは自然な色合いというのはなんと良いものなのかと感じるお客様も少なくありません。
ネイチャーなカラーこそがモダンでクラシカルさをより引き立つ力になると思います。色柄はプレインからチョークストライプ、チェックからグレンチェックとビジネススーツらしくシンプルなテクスチャーを揃えました。

プレステージ縫製とは?

ハイグレード縫製とは?

仮縫い

スプレンディッド縫製

エクセレント縫製

マーリングエヴァンス

マーリングエヴァンス

マーリングエヴァンス

マーリングエヴァンス

マーリングエヴァンス

マーリングエヴァンス

春夏に最適な、サマーツイードジャケッティングコレクション。 今回ご紹介する商品は、遠くヨーロッパイギリスからの、もっとも贅沢でクオリティーの高い商品。春夏物に向けてのメリノウールに、贅沢にシルクとリネンを入れたドライタッチのジャケット地に盛夏用、防しわの丈夫なフレスコジャケット&スーツ地。春夏にふさわしい柔らかい、綺麗なカラーの「ホップサック」地と多数取り揃えました。多数の色糸を紡いだメランジ調のジャケット地のコレクションで、あなたはきっとご満足いただけることでしょう。時にクラシカルにモダンな雰囲気のオーダージャケット、オーダースーツには最適で春夏を快く過ごせます。

マーリングアンドエヴァンス

マーリンアンドエヴァンス社は1782年にイングランドは南西にあるストラウドで設立されました。紡績・織り・仕上げの一環生産型メーカーで、19世紀にはフランネル素材で広く知られるようになり、1920年代にはロールス・ロイスが厚手のフランネル素材を車の内装に使用したことにより話題になりました。1960年代にヨークシャーのハダーズフィールドに移転後は織りと出荷前梱包・検反倉庫に特化し、仕上げは世界的にも有名なロンドンのWTジョンソンで行われています。
フランネル、サクソニー、ラムズウール、シェットランド、そして特徴的なナチュラル素材のアンダイドブリティッシュウールといった英国スタイル素材を展開しています。ジェイコブス、シェットランド、ウェルシュブラックなどの英国羊毛の天然カラーの糸を生産しています。紡績や織りの工程には染料や科学物質は使用せず、仕上げ工程でも天然石けんを使い、優れた品質を作り出し提供しております。3つの全ての工程がハダーズフィールドの半径5マイル以内の工場で行われ、環境への負担を抑えるために二酸化炭素の排出量も最大限に抑えられています。生産上での制限をうまく管理し、テクスチャ・目付・組織・パターン・カラーの全ての面で豊富なバリエーションを取りそろえております。
主要客先
RALPH LANREN/BURBERRY/PAUL SMITH/HACKETT/J.CREWZEGNA/GUCCI/KION/LARDINI etc・・・

マーリングエヴァンス

PageTop