テーラー渡辺

アリストン|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

アリストン

イタリーの有名老舗マーチャント・ブランド【アリストン】2019年春夏物コレクションが入荷いたしました。この夏「アリストン」でオーダースーツ、オーダージャケットを仕立ててみませんか。

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

イタリーはナポリの有名マーチャント「アリストン」社から創立100周年を記念して今年の春から登場した「アリストン100th・アニバーサリー・クラシックレボリューション」はオールシーズン用スーツ地コレクション。最大の特徴はその糸を1/2のサージの織機で織り上げることで、原毛の持つシルクのような上品な光沢を醸しだしています。クラシックでありながら、モダンテイストを表現しています。

アリストン

【アリストン】【コンテンポラリー】サマーツイルコレクションをご提案させて頂きます約17ミクロンのファインメリノをベースにし、ペレニアルのツイル織り、杢糸の多様など幅広いコレクションとなりました。。ツイル織りが故の皺の回復性にも優れ、アリストン独自の風合いをそこねることのない光沢感と発色は他に類を見ない生地に仕上がっております。今回はイタリアらしい発色の良いチェック柄を中心に展開。大胆な柄から少し落ち着いたものまで、我々のリサーチを細部まで活かしたコンテンポラリーなデザインの数々は、新しく冒険的で、上品な装いを求める紳士達に最適です。

アリストン

【アリストン】【スポーティックス】サマーツイルコレクションをご提案させて頂きます。近年のファッショントレンドでは、「カジュアルビジネス」がより重要になってきています。約17ミクロンのファインメリノをベースにし、ペレニアルのスーパー130s'ツイル織り、ヴィスコース、コットンとウールをブレンドし、カラフルなデザインで構成されたカプセルコレクションを提案いたします。今回はイタリアらしい発色の良いチェック柄を中心にユニークな解釈に辿り着きました。イタリアはナポリのしゃれた輝くようで綺麗なスプリングスーツやサマージャケットにピッタリのパターンです。

アリストン

「アリストン」「フレスクーラ130s'」は200/210gmsの100%ウーステッド、平織りの最も軽く通気性に富んだ盛夏用フレスコ風でファンシーな数々のナチュラルストレッチ生地で構成したウールトロピカルオーダースーツコレクションです。化学繊維を一切使わず、ウール100%でありながらナチュラルなストレッチ効果をもたらし、ウェイトも20/21010gmsと超軽量なので猛暑の夏には最適なスーツ地です。今回はイタリアらしい「夏の地中海風景」を想像するような発色の良い綺麗なチェック柄を中心に展開。スーツだけでな軽量なサマージャケットにも最適なマテリアル。色柄はイタリアのナポリらしく発色の綺麗なコレクションとなっており夏のワードローブに一着は欲しいスーツ&ジャケット素材です。

アリストン

「アリストン」「ムーブ」はストレッチ性を保ちながらもスーパー130s'の原料を使用し通常可能である横ストレッチ性の2倍の性能を持たせることに成功。通常ストレッチ素材は「ライクラ」という人工的な原料であるゴム製の糸を使用しますが、「アリストン」「ムーブ」は天然素材にこだわりました。このストレッチ性はウール繊維の自然の弾力を利用する独特の製造法(原毛の選定、紡績、染、織、仕上げ)より可能となったものです。

アリストン

【アリストン】【4スタジョーニ】【ダイヤモンド130s'】【ソラーロ」コレクション。「ソラーロ」とはイタリー語で「太陽」を意味する言葉。さすがイタリア人、色彩については「天才です」。発色も良く、紫外線に当たると玉虫色のように輝くマテリアル。表側と裏側の色が違っているダブルフェイスも特徴のひとつ。生地にもハリがあるので耐久性抜群。今までに無いマテリアルなのでお洒落な方にはワードローブの一つにしても良いはず。弾力をもって体の動きに合わせて虹色に流れるファブリック。個性的なスーツをご希望の方には最良のマテリアル。

アリストン

「アリストン」からウールモヘアコレクション。モヘア糸は、アンゴラ山羊の糸を使って紡がれます。ハリと腰があり、強度、回復力に優れ、シャイニーな光沢感が特徴。猛暑の盛夏には通気性の高さによる清涼感と防しわ性が際立ち、暑い夏に涼しく過ごす事ができる、快適性あるスーツマテリアルです。今回、モヘアの混紡率の異なる3種の中から、貴方の嗜好に合わせたチョイスが可能です。

アリストン

「アリストン」の「160s'」は最も上質な15.7ミクロンウールだけを使用したスーパー160s'のスーツ服地です。この柔らかな極細の繊維を通年でご着用いただけるように仕上げたオーダースーツ、オーダージャケット服地は、15.7ミクロンオーストラリアンメリノウール原料から丁寧に紡績された120番双糸を経糸、横糸に贅沢に使用する事によって、このクラスの極細繊維に稀な安定性とパフォーマンスを生み出しています。「アリストン」のデザインは小粋なナポリの雰囲気でトーン・オン・トーンのチェックなど、エレガントで繊細なデザインとなります。「アリストン」の細番手織技術が集約された銘品です。
【アリストン】のUNITIは、英語で言うと「ユニット」。プレーンな無地のツイル素材のコレクションです。ウェイト220gの超軽量オーストラリア、バージンウール。ウェイト240gの50%ウールに50%のモヘア。さすがイタリーのナポリ、色彩においては天才です。瑠璃(るり)色、コバルトブルー、ターコイズブルー、ぺルシャンブルー。青の色合いが素晴らしいマーチャントの老舗【アリストン】です。
モヘアの腰のある適度な硬さが清涼感のある肌触りで皺にも強く、多湿な日本の夏に最適なスーツ素材。イタリーらしくモヘア独特の光沢感溢れるファンシーな1着になります。ウェイト200gの60%のウールに40%ものシルクをブレンド。ファンシーでドレッシー、そしてセクシーなスーツ地。スーパー160s'のしなやかな肌触りのスーツ地。75%ウールに25%のリネンをブレンド。裏表の色が違うダブルフェイス。どのコレクションも素晴らしい1着になりますよ。

アリストン

【アリストン】から夏の高級リゾート地を想像させられるカラフルで色彩豊かなジャケットコレクションが届きました。どこか懐かしさを感じさせ、大人の粋な雰囲気を持ち続け、落ち着きのある魅力を詰め込んだ「GIACCHE(ジャッケ)」コレクション。ウール、シルク、モヘア、コットンやリネンをブレンドし、遊び心ある清涼感あふれたコレクションに仕上げました。ウール&シルクはしなやかな着心地を、リネン&シルクはドライでざっくりとした質感がとても寛いだ雰囲気を、ウール&リネン&モヘア&シルクは滑らかで上品な光沢を携えたエレガントな着こなしをお愉しみいただけます。昨年同様、大人気だったパステルカラーの「ホップサック織り」も見逃せません。このコレクションは、人生を優雅に愉しみたい紳士達に理想的な銘品になりますよ。

アリストン

【アリストン】の「イベンティ」は英語で言うと「イベント」というようにはブライダルに着用するタキシード、燕尾服、モーニングコート、ディレクターズスーツ、ブラックフォーマル等さまざまディナーや華やかなパーティーなどイベントに着ていける、エレガントでファッショナブルな装いを演出できる、ファンシーでお洒落なコレクション。スペシャルでありながらもイタリーの洗練された「ナポリファッション」らしく小粋でグラマラスとモダンの両方をブレンドされた、きらびやかな服地のコレクション。マットなシルク入りタッサー織りもあればペイズリー柄のジャガード織りウール&シルクファンシーでセクシーなデザイン。ノーブルな装いにはベネッシャン織り、そしてスペシャル、スーパー160s'にピュアシルク。ユニークな繊維の組みあわせで、独特の織り方や作新的なパターンなど、どこにもないような素敵なコレクション満載。「アリストン」「の「イベンティ」コレクション」で友人の結婚式やパーティーに着て行き、普段と違う素敵なダンディズムを演出してみてはいかがかな。

アリストン

【アリストン】「リネン&コットン」コレクション。
ビジネスにもカジュアルにもオン・オフなんても着こなせる、リネン&コットンのジャケットとスラックスは春から猛暑の夏には一番のアイテムになることでしょう。
発色が非常に良いのはイタリア産に限ります。コットン特有の多少タイト(窮屈感)に感じる欠点を克服できるストレッチ素材。そして定番中の定番、コードレーンから、シアサッカー地を,その他色柄、多数に渡ってラインアップいたしました。今年はコットンジャケット、コットンスーツでこの季節決めてみませんか。夏はなんといってもオーダーのリネン&コットンのスーツ&ジャケットですよね。

アリストン 春夏物コレクション

アリストン 秋冬物コレクション

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

この【アリストン】のインパラート社はFerdinando Imparato(フェルディナンド インパラート)によって、1920年ナポリに設立された最高の品質を生産されているマーチャントブランド。このインパラート社の高品質な織物を追い求める精神から、Carlo Barbera(カルロ バルベラ) Cerrutti(セルッティ) Loro Piana(ロロピアーナ) Marzotto(マルゾット) E・Thomas(イー・トーマス)等がメインサプライザーとして選ばれ、高級プレタポルテの分野へも参入し、【アリストン】の生地は高級アパレルメーカー、 Attolini(アットリーニ) Kitton(キトン) Isaia(イサイア)の生地として取り扱っており、それらの会社からも絶大なる信頼を得ております。ナポリの小粋な雰囲気を持った色合いで、 ここ最近、おしゃれな方々に知れ渡っており非常に評判のよい、玄人が好みそうなコレクションになっております。
この【アリストン】の生地でオーダースーツとしてお仕立てすると、柔らかな生地ですのでしっとりとした、色合いも綺麗なスーツが仕立て上がります。

アリストンの歴史

アリストン

Napori
1920年代
アリストンのインパラート社はFerdinando Imparato(フェルディナンド インパラート)によって、ナポリに設立された。
フェルディナンドは叙情詩を愛した紳士で、イギリスの高品質な織物を、イタリアに最初に輸入した人物でもあります。
1940年代
この頃、経営は息子のGIOVANNI(ジョバンニ)に移った。この頃は、ファシズムや第二次世界大戦によって、イタリアだけでなく世界中が混沌としていたので、彼は大変な苦労を強いられた。高品質な生地を探し求めて、海外へたびたび足を運び、その経営努力と手腕によって会社を存続、拡大していった。
1950年頃
インパラート社の高品質な織物を追い求める精神から、Carlo Barbela(カルロ バルベラ) Cerrutti(セルッティ) Loro Piana(ロロピアーナ) Marzotto(マルゾット) E Thomas(イー トーマス) 等がメイン サプライザーとして選ばれた。
1965年頃
ジョバンニの息子であるGerardo(ジェラルド)とGovannni(ゴバンニ)は協力して、Attolini(アットリーニ) Kitton(キトン) Isaia(イサイア)等、高級プレタポルテの分野へも参入し、現在のClassico Italia (クラシコ イタリア)の生み出すことに貢献した。
1996年頃
ジェラルドの息子である、Amedeo(アメデオ)とGianpaolo(ジアンパオロ)は経営学終了後入社し、今までの伝統的なビジネスを損なう事なく、新たな営経営とマーケットを模索し、北イタリアだけに留まらず、海外(イギリス、アメリカ、日本、ベネズエラ、アルゼンチン等)へと幅広く進路を拡大していった。
またこの年、自社の生地に“ARISTON'S”(アリストンズ)と名付けた。
2001年6月
創業81年が経過し、アリストンのインパラート社は、ナポリからヨーロッパ最大のショッピングモールNola(ノラ)へ移転。それにより、高品質とファッション性を兼ね備えた生地コレクションに、スピード デリバリーを加えることに成功した。

アリストン

ご予約は携帯電話で

PageTop