テーラー渡辺

「サファリジャケット」「サファリジャケットオーダーメイド」|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

サファリジャケット

コットンジャケット

サファリジャケット

サファリジャケット

以前から当店では「サファリジャケット」の需要があり、当店では左右プリーツ付きのアウトポケット。バックスタイルはピンチバックベルト付きの「サファリジャケット」をお仕立てしておりました。このたび当店では、独自にに「シャツ襟」の本格的な「サファリジャケット」をオリジナル型紙で制作。本格的な「サファリジャケット」仕立て上げ、工場では仕立てにくい「ウェストバンド」「エポーレット」を私自らフルハンドメイドで縫い上げる当店のみの、本格的な「オリジナル・サファリジャケット」が完成いたしました。最近はビジネスカジュアル化に拍車がかかっており、通常のビジネススーツよりもカジュアルジャケットの需要が多くなりましたが、お洒落な方には少しでも個性的なジャケットの要望があり、それに応え、よりオリジナルの「サファリジャケット」をご提供いたします。猛暑の夏にリネンやコットンのサファリジャケットはとても涼しくお洒落ですよ。

サファリジャケット

「サファリジャケット」は19世紀の末に、“アングロスタイル”のジャケットとして、快適さと機能性を求めて考案され、アフリカのジャングルの中で着る冒険家達によって普及しました。「サファリジャケット」の特徴は、シャツ襟の開襟仕立てで、一般的に軽量コットン生地またはリネン素材で縫製されており、伝統的にカーキ色系統、そして付属にウェストベルトや肩章である「エポーレット」と胸に左右2つとサイドポケット2つ、合計4つ以上のプリーツ付きフラップポケットが付いていることで、動きやすさを考えてて、ショルダーパット無しの若干肩が落ちたデザインととされるのが「サファリジャケット」らしいディテールとなっております。 1950年代から一般的なカジュアル衣服として着られるようになりましたが、単なるアウトドア着とは異なり、王侯貴族の道楽としてのアフリカ探検に使われたという背景からラグジュアリーな印象があることが特徴であり、そして以前から海外のカメラマンに複数のポケットはレンズやそれに付随する付属等の小さな写真機材を入れるのに重宝がられ「カメラマンジャケット」とも呼ばれるようになり、最近では「セレブのおしゃれ着として」各ファッション誌にも取り上げられ、流行が復活しました。貴方のお洒落なアイテムとして一着は欲しいジャケットです。*アングロスタイル=イギリスの伝統的なスタイルにアメリカ、フランス、イタリアの着こなしをも取り入れた、ファッションの事。

サファリジャケット

サファリジャケット

折り襟(おりえり)またはシャツ襟は、洋服の上着に用いられる襟の仕立て方の1つ。 立襟から変化して、19世紀中頃には狩猟用ジャケットの襟として流行しました。銃の発射速度が向上して従来のように直立して銃を構えることが困難になり、立襟より伏せ撃ちがしやすいシャツ襟が20世紀初頭から軍服に多く使用され、学生服などの制服や作業服等にも広く用いられるようになった。

サファリジャケット

サファリジャケット

肩章(けんしょう)「エポーレット」元々は、軍服に装備品を固定するためのもので18世紀中期から見られるが、サファリジャケットの場合はバンドの間に手袋もしくはライフル銃に使用する付属品、または双眼鏡を掛ける役割に使用した名残りで、現在では、なくてはならない、お洒落な必須ディテールとなっております。エポーレットとは、コートやジャケットの肩にそって付けるバンド状の付属品で肩章、肩飾りの事。元々は、軍服に装備品を固定するためのもので18世紀中期から見られるが、現在は、制服や礼服などの肩の部分に官職や階級を示すなどにも使われる。アウターでは、トレンチ・コートやサファリ・ジャケットに付いており、イギリス陸軍が銃や双眼鏡を下げるためにつけたと言われる。語源は、肩を意味するエポールepauleに、小さいを意味するetteが加わったとされる。エポレットとも表記する。

サファリジャケット

サファリジャケット

「サファリジャケット」は本来、“狩猟用のジャケット”。胸ポケット、腰のサイドポケットはライフル銃の弾丸を入れ、落ちにくくするためにボタン留めのフラップをディテールにしており、以前から海外のカメラマンに複数のポケットはレンズや小物等の小さな写真機材を入れるのに重宝がられるので「カメラマンジャケット」とも言われております。

サファリジャケット

サファリジャケット

サファリジャケット

当店では、あらゆるデザインの帽子をオーダーいたします。今回は「サファリジャケット」に最適なハットを制作。「アイリッシュハット」と言えば、以前「ハリソンフォード」主演の『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(89)にインディの父親役で出演した時のショーン・コネリーがこれに似たハットをかぶっておりました。アフリカのジャングルの中で着る服ですし、木の枝や落ちてくる石、岩にも頭を守るためにもハットは欠かせないアイテム。
「ハンター」の服でもあるので「ハンチングキャップ」もオリジナリティーがあって、いいかもしれません。ハンチングキャップ(ハンティングキャップ)やキャスケット。アポロキャッほか様々なデザインの帽子をお仕立ていたします。「ハンティングキャップ(ハンチングキャップ、ハンチング帽)」とは、俗にいわれる鳥打ち帽の代表的な帽子のことです。もともとは狩猟を目的としたキャップで一番のポピュラーなキャップをハンチングキャップと言います。。両脇に尾錠を付けてアクセントを施すとお洒落なハンティングキャップ(ハンチングキャップ)になります。

サファリジャケット

サファリジャケット

サファリジャケット

「サファリジャケット」とはアフリカの草原で着る狩猟用アウトドアのジャケットで、4つのフラップ付きのヒダのついたパッチポケットやエポーレット、ウエストベルトなどアウトドアにおける機能性を重視したディテールを特徴とし、リッチでスポーツシックなスタイルを演出します。昔は、未開の土地に行く時に「探検家」が着るジャケットでした。19世紀にアフリカの草原地帯を探検する際に着用することを想定して作られたアウターの一種。冒険家たちの間では普及していたものの、一般に広まったのは1950年代で、作家のアーネスト・ヘミングウェイが着用したことがきっかけと言われている。古い映画の「ターザン」「キングコング」では探検家の役者が「サファリジャケット」を着ており、最近の映画ではロジャー・ムーア演じるジェームズ・ボンドは『007 黄金銃を持つ男』、『007 ムーンレイカー』、『007 オクトパシー』でベージュのサファリジャケットを着ておりました。できるだけ動きやすく、機能的なディテールがジャケットの中に込められていてストーリーが確立された、オリジナルのジャケットです。

サファリジャケット

サファリジャケット

サファリジャケット

本格的なサファリジャケットをめざし、ラペルを念願だったオリジナルの“シャツ襟”にいたしました。飾りでは無く、雨風の時は第1ボタンを留められるようになりました。

サファリジャケット

サファリジャケット

丁寧ないせ込みで柔らかに仕立てたショルダー。肩を軽快にするため、ノーパットセットインを採用。肩にかかるストレスが全くありません。背抜きの場合は、腕を前に出しやすくするために、肩滑り(かたすべり)を左右観音開きにいたしました。デスクでノートパソコンの場合、動きやすいです。

サファリジャケット

サファリジャケット

「サファリジャケット」は本来、“狩猟用のジャケット”です。胸ポケット、腰のサイドポケットはライフル銃の弾丸を入れ、落ちにくくするためにボタン留めのフラップをディテールにしています。背面にはクラシックな印象を醸し出すピンチバックを採用している。ピンチバックはフィット感を高め、機動力を向上させる。 バックスタイルが引き締まり、よりスポーティーなたたずまいに。

サファリジャケット

エアージャケット

アイスクリームスーツ

コットンジャケット&コットンスラックス

リネンスーツ&リネンジャケット

ライトジャケット

サファリジャケット

コットン

コットン

オーダージャケット プライス

ご予約は携帯電話で

PageTop