テーラー渡辺

「カイノック」ヘリテージツイストコレクション。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

カイノック

サヴィルクリフォード

カイノック

クリソルド

リード&テイラー

リード&テイラー

カイノック

古くからのファブリックメーカーの「カイノック」社から“HERITAGE・TWIST”(ヘリテージツイスト)をご紹介いたします。 「カイノック」といえば“ホームスパン”などツイーディーなジャケット生地を織り上げるミルで有名ですが、今回はスーツ生地。このヘリテージツイストHERITAGE・TWISTの生地hKYNOCK(カイノック)の代名詞ともいえる個性的な生地です。上質の糸を強撚にツイストさせたスーツ地は深み、色合い、優れた性能を持ち合わせています。「カイノックKYNOCHの伝統に忠実であり続け、175年以上にも及ぶ知識と技術を使い、カイノックの代表的な生地である伝統的なスコティッシュツイストをデザインしました。ウェイトは395g/mというスコットランドらしい無骨さを感じるもの。濃薄の色糸を織り交ぜ、白色のスラブ糸の杢糸を使用。メランジ調にしていて、雰囲気がヴィンテージ風でデットストックを思わせるようなデザインが特徴です。チャコールグレーやブラックのメランジ調な背景にブルーの濃淡のチェックを織り交ぜ、フレッシュかつ大人な雰囲気を出しています。このようなツイーディーな表情のあるスーツ生地は最近の流行でもあるのです。人目を惹く素晴らしい品質で独特な深みのある色柄のスーツをお探しならば是非カイノックKYNOCHをお選びください。

プレステージ縫製とは?

ハイグレード縫製とは?

仮縫い

スプレンディッド縫製

エクセレント縫製

カイノック

カイノック

私がテーラー行を継いだ若いころ、当店にKYNOCH(カイノック)というスコットランド製の古い服地がありました。ホームスパンなどツイード生地を得意としている、無骨な服地が得意なメーカーでスコッチテリアのかわいい織マークが印象的でした。そのネームが当店の古い棚に沢山ありました。懐かしくもあり、今また“カイノック”社の生地が日本国内に出回るようになったことは非常にうれしい限りです。以前、ずいぶん昔ですがバラクーダのスイングトップなどを扱っていた名門商社カキウチがカイノックを扱っていましたがその商社も今はなくなってしまった。そんな懐かしいカイノックが昨今のブリティッシュブームの影響なのか、埋もれていたスコットランドのブランドが復活して新しい素材をリリースしました。ウェイトも395gとスコットランドらしい無骨なデッドストックを思わせるメランジ調のクラシカルでノスタルジックなカイノック Made in Scotland。スコットランドだからMade in GratBritenとなります。カイノック“ヘリテージツイスト」でオーダースーツを仕立ててもらいたいな。

カイノック

カイノック

カイノック

カイノック

カイノック

カイノック

カイノック

1788年に創業したカイノック。スコットランドの北部、北海に面した美しいボーダーの小さな港町langholmでKYNOCH(カイノック)は1788年に創業されました。上質の生地を生産することでビジネスを成功させてきました。スコットランド産のウールを使用したツイードが人気を呼び、イギリスのロンドンなどにも支店を持つほどに成長。上質で素晴らしい生地を主要な衣料メーカーや有名ブランドに輸出しています。
カイノックのデザインは、スコットランドの豊かな自然が元になっています。
「自然」という色合いを生地で表現するのは至難の技、カイノックの技術の高さとデザインの奥深さが感じられます。当初はリネンの一種「フラックス」を漂白し紡績する工場としてスタートしましたが、長年の事業を経て現在ではスコットランド産のウールを使ったツイード系の生地メーカーとして、ロンドンなどにも支店を持つ企業として活躍しています。落ち着いた表情のカイノックの生地は、張り感があり、昔ながらのテーラードな仕立てに向いています。

サヴィルクリフォード

バルマー&ラム

バルマー&ラム

【Bulmer&Lumb(バルマー&ラム)】社は1931年にウエストヨークシャー・ブラッドフォード・バタショーで創業したファブリックメーカーです。元々は【ラムズ ゴールデンベール】を扱う原毛商社で旧社名は【ジョセフ・ラム社】で、
Joseph Lumb & Sons(ジョセフ・ラム)社が紡績する糸の名前です。ジョセフ・ラム社は100年以上の歴史があり、上質な糸の加工業者として長く知られています。
今回のコレクションは「BL151ヴィンテージ・サキソニー」。サキソニーとは? ウールスーツの代表的な素材の一つで、縮絨(しゅくじゅう)し、軽く起毛させた柔らかな梳毛の織物。このクオリティは、タテ、ヨコに2/40の糸番手のALL WOOL YARNを使っており、目付は380gm、織りは“2×2”綾織りのTWILLです。この番手、組織、目付、この風合いを出す仕上げは1800年代後半から1900年代前半頃によく使われていました。BL151の品質とコレクションのデザインは工場で保管している1896年のアーカイブブックからインスピレーションを得ています。コレクションにあるレトロ調の独特なチェックやストライプ柄はこの年代に敬意を払っているのです。 今回は8種類の色柄。プレーンな無地から、大胆なストライプ。基本に則った、「プリンスオブウェールズ」柄のグレンチェック。どれもが本物たるスタンダードな色柄のみです。この伝統的な工法で織り上げたベーシックでしっかりしたファブリックで、オーダースーツを仕立ててみませんか。

バルマー&ラム

バルマー&ラム

バルマー&ラム

バルマー&ラム

プリンスオブウェールズパターン
「バルマー&ラム」社“ヴィンテージサキソニーからスタンダードなパターンの「グレンチェックにオーバーチェック」を添えた、「プリンスオブウェールズ」。プリンス・オブ・ウェールズ・チェックの名前は広く知られ、ただ「グレン・アークハート・チェック」に間違って当てはめられるなど、色のあるオーバーチェックと似ているチェック柄になります。時々グレンチェックとも呼ばれたりします。それはウィンザーの君主がウェールズの王子の時に人気になりました。しかし本物のプリンス・オブ・ウェールズ・チェックはエドワード王7世がウェールズの王子の時に、スコットランド・ディーサイドにある「Abegedie House」に銃猟するための洋服として作られたものです。それはグレン・アークハートの柄に似ていますが、柄の大きさが2倍大きいもので作られています。本来の色の組み合わせについては諸説あります。「プリンス・オブ・ウェールズ」は「白地にスレートグレー色のグレン・チェックに「暗青色の1本格子」を配したものと「白地にスレートグレー色のグレン・チェックに赤茶の一本格子」を配したものとがあります。今回の「バルマー&ラム」社の「プリンスオブウェールズ」パターンは2つご用意をしております。どちらかお好きな柄をお選びください。

バールマー&ラム

ご予約は携帯電話で

PageTop