テーラー渡辺

コットンジャケット&コットンスラックス|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

コットン&リネン ジャケット&スラックス

コットンジャケット

ビジネスにもカジュアルにもオン・オフなんても着こなせる、コットン(綿)のジャケットとスラックスは春から猛暑の夏には一番のアイテムになることでしょう。コットンはオーダースーツ(コットンスーツ)にしても良し、オーダージャケット(コットンジャケット)にしても良し、コットンパンツ、コットンスラックス(チノパン)でも良く、自由度の高いマテリアルです。当店では色の発色性が非常に良いイタリア産。落ち着いた色合いのイギリス製。コットン特有の多少タイト(窮屈感)に感じる欠点を克服できるストレッチ素材。そして定番中の定番、コードレーンから、シアサッカー地を,その他色柄、多数に渡ってラインアップいたしました。今年はコットンジャケット、コットンスーツでこの季節決めてみませんか。夏はなんといってもオーダーのコットンスーツ&コットンジャケットですよね。

コットン生地サンプルは豊富に取り揃えております。

ソンドリオ

ウィリアムビル

●「ソンドリオ」から出されたコットンでのストレッチ素材。「ソンドリオ」は豊富なブレンド使い、糸染め、洗練されたフィニッシュをもって感動的な色彩を表現する、イタリアの素材メーカーです。今年の夏に当店で一押しのイタリー「ソンドリオ」から出されたコットン100%でありながらストレッチ効果のある生地です。こちらで「コットンジャケット」を仕立てればなんと言ってもコットン独特のきつく感じることがなく非常に快適に着ていてとても疲れないと思います。
●「ウィリアムビル」の「ピュアコットン」は 美しい光沢と風合いが特徴。そしてバラエティーに富んだウェイトのコットンを編集した、コンプリートコレクション。310gから385gのウィンターコットン。そして580gものヘヴィーウェイトを集めました。ガツンとくる半端ないウェイトはワイルドなコットンジャケットやコットンスーツには最適な素材です。

ハリソンズオブエジンバラ

フォックスブラザーズ

●春から冬までのオールシーズン対応の「ハリソンズオブエジンバラ」がお贈りするリネン&コットンのラグジュアリー「コットンジャケット」「コットンスーツ」クロス・コレクション 「メルソレア」。
●イギリスは有名ファブリックメーカーである「フォックスブラザーズ」が満を持してご紹介するのは、初のコットンコレクション「フォックスカーキ」。今年の流行色である、グリーンカラー。しかも名前通り、綺麗な「カーキ色」からブラウンを中心にカラーバリエーション豊富なフォックス社、「初のコットン地コレクション」。

カチョッポリ

カチョッポリ

●バンチを開くと目に飛び込んでくるのはひときわ目を引くオレンジのストライプ。言うまでもなくカチョッポリリネンジャケットのお薦めカラーです。今までご利用いただいていた番地とは違い、リネンにストライプの柄ものが登場しました。コーディネートしやすいよう白やベージュを取り入れたストライプは個性がありながらも品を失わないバランスのとれたチョイスとなっています。

ドーメル

ドラッパーズ

●「ドーメル」「ナチュラルズ」は「ドーメル社」が極秘の製法で生み出した9種類の天然素材服地を集めたコレクションです。無地に近いデザインや繊細なストライプは、夏場のカジュアルコーディネイトに適したこのコレクションに華やかさを加えています。
●アメリカのコットン・ベルトで栽培される良質なコットンをイタリアの技術で織りあげることでDRAPERSらしいバンチに仕上がりました。
それだけでなくコットンの質と織りの強さにより摩擦に強い素材となっています。

カルネ

ホーランド&シェリー

●イタリーは有名ファブリックマーチャント「カルネ」社から、世界で最も美しい「ストレッチコットンコレクション」「MANTMARTRE(モンマルトル)」。「MANTMARTRE(モンマルトル)」はパリ北部、セーヌ川右岸にある地区。バンチブックの表紙をご覧の通り「モンマルトル」の丘の上には「サクレクール大聖堂」がある。 南麓は歓楽街。19世紀以降、各国の芸術家達が集まった有名な地区。「MANTMARTRE(モンマルトル)」のコットンは発色性に優れております。その理由は「アルプス」から下りてきたミネラル豊富な水で洗い染められたからなのです。エレガントでいかにも、「モンマルトルの丘」に集まった芸術家が使う、“油絵の具”のような美しいカラーのストレッチコットン。
●「ホーランド&シェリー」の柄物コットンコレクション。この素材は軽く、通気性に優れたこの素材は日本の高温多湿の夏にも最適で、色柄も正に南洋の島の雰囲気に合わせたパステルカラーが中心です。ライトカラーのタータンといったリゾートイメージで構成されており、都会に居ても爽やかな海風を感じる事の出来るようなジャケット素材です。

コットン

コットン

●こちらのコットンは「オルメザーノ」社の「ソラーロ・コットン」。「ソラーロ」とは「太陽」という意味。春夏向けに用いられるツイルのコットンは光沢感のある表情で高級感あふれる風合いを醸し出します。特にソラーロといわれるコットン生地は、日本では「玉虫色」とも呼ばれる独特の色合いが特長で、太陽光の入り方によってさまざまな色と光沢感を生み出します。
●【アリストン】のインパラート社はFerdinando Imparato(フェルディナンド インパラート)によって、1920年ナポリに設立された最高の品質を生産されているマーチャントブランド。イタリア「ナポリ」らしい小粋な雰囲気を持ったコレクションです。

エアージャケット

アイスクリームスーツ

コットンジャケット&コットンスラックス

リネンスーツ&リネンジャケット

ライトジャケット

サファリジャケット

コットン

コットン

コードレーン コードレーン【コードレーン」とは畝織地の一つで夏服に多く使われる素材です。俗に「千筋」とか更に細かいものを「万筋(ベビー・コード)と呼ぶこともあります。いわゆる糸を二本あるいはそれ以上引きそろえてコード(畝)を作り縦縞とした凹凸感のある表面を特徴とします。コットン素材が中心ですが、ポリエステル混、レーヨン混なども存在し、白いコードに鮮やかなカラーを下地にすることで涼感のある盛夏素材としてコードレーンは人気があります。
シアサッカー シアサッカー【シアサッカー】とは経糸に二重ビームと言う装置を使って聴力の違う2種類の糸を用いることで、縞状に縮ませて織ることで作られた縮みであるから永久的に縮れが戻ることはありません。元々縮ませる目的が肌の接する面積を少なくする夏用の生地であるため綿素材が多く用いられますが、近年、技術の向上により夏のジャケット素材にもウール原料やシルクが使われ「ウール・サッカー」や「シルク混サッカー」がシアサッカーにおいて存在します。シアサッカーの名前の由来には「縮れ」を意味するペルシャ語Shirushakarから来たものという文献と同じくペルシャ語のミルクと砂糖(Milk and Sugar)を意味するShir o Shkkarからきているという説を見ることができます。

オーダージャケット プライス

ご予約は携帯電話で

「ウィリアムビル」の「ピュアコットン」は 美しい光沢と風合いが特徴。そしてバラエティーに富んだウェイトのコットンを編集した、コンプリートコレクション。310gから385gのウィンターコットン。そして580gものヘヴィーウェイトを集めました。ガツンとくる半端ないウェイトはワイルドなコットンジャケットやコットンスーツには最適な素材です。
「ホーランド&シェリー」から春夏に最適なコットンコレクション。98%のコットンにストレッチ素材をブランドされた、コットンストレッチ22色。色合いが綺麗なライトウェイトのギャバジンコットン17色。目の詰んだ、平織りコットン11色。ジーンズ風のデニムコットン。アーバン風でドレッシーなデニムジャケットには最良の素材6色と仕分け、それぞれの目付に最適な織り上げをしているので、「コットンスーツ」「コットンジャケット」「コットンパンツ」に幅広くご提案で昨今のニーズの高いタイトパンツに最適です。
「ホーランド&シェリー」「シーズナルコットンズ」は秋冬用の厚めのコットンを6品質揃えたものです。320gのストレッチ素材14色。360gのやや重めのウィンターコットン。どの商品も「ホーランド&シェリー」らしく、より個性的なコットンコレクションとなってます。
「ホーランド&シェリー」社から最も贅沢なラグジュアリーコットンコレクション「ソーコットン」。2/106ナノマイクロカウントの綿糸を250〜280gmの目付に織り上げた最高級コットン素材です。通常のコットン素材に比べ染色の落ち着きが良く日焼けやコットン独特の色落ちへの耐久性が格段に高い素材に仕上がっています。染色の工程も濃色と淡色を別の仕様で行い、それぞれに一番綺麗で落ち着きの良い発色を実現しています。
イタリアのリゾート地、モンテカルロをテーマにした軽快な"コットン・アンド・コットン"は特別なフィニッシュを施した「ドラッパーズ」らしく上品な光沢感が特徴のコットン素材です。コットンにシルクをブレンドしたシアサッカー素材は、カジュアルなコットンの表情にエレガンスさを醸し出しております。全65色の色彩豊かなドラッパーズ社のコットンコレクションは他社を圧倒します。是非お好みの色で、スーツ、ジャケット、ベスト、パンツすべてのアイテムをご提案してください。
コットンはと言うと年々増すコットンの需要に選択肢を増やすべく昨年で好評だったシアサッカーのシャツ地のストライプを再現しています。コットン、リネン共にプレーンカラーもラインナップを増やし更に使いやすい番地になりました。ファンタジーなカラーを用途に合わせて、コーディネートをお楽しみください。
「ホーランド&シェリー」の柄物コットンコレクション。この素材は軽く、通気性に優れたこの素材は日本の高温多湿の夏にも最適で、色柄も正に南洋の島の雰囲気に合わせたパステルカラーが中心です。ライトカラーのタータンといったリゾートイメージで構成されており、都会に居ても爽やかな海風を感じる事の出来るようなジャケット素材です。
イタリーは「カルネ」社からの「コットン」「コットン&リネン」コレクション。通常のプレーンな無地物ばかりでなく、さまざまな色のグレンチェック柄やギンガムチェック、タッタソールチェックにいたるまで沢山のチェック柄、そしてピンヘッド柄、バーズアイ他沢山の柄がご用意されております。コットン100%だけでなくコットンとリネンをブレンドされたドライ感覚のマテリアル。コットンストレッチもあります。

PageTop