テーラー渡辺

「カチョッポリ」「コットン&リネン」オーダージャケット・オーダースーツコレクション。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

カチョッポリ

本日から「テーラー渡辺」ではイタリーは有名マーチャントである「カチョッポリ」から初めての試みで今年の春夏物のオーダージャケット、オーダースーツを期間限定にて格安にてお仕立てすることとなりました。しかもオーダージャケット、オーダースーツを御注文なさった方先着10名様に限り「カチョッポリ」のオリジナル「エスプレッソカップセット」をプレゼント。この品物は一般では販売されていない貴重なもの。。「カチョッポリ」社との長年の信頼関係とご好意を承り、特別に10品だけ取り寄せることになりました。オーダーなさるジャケット地、スーツ地はクリアランスものではなくれっきとした今年初めてご紹介する品々です。春夏はクールビズでビジネスカジュアル化がよりいっそう多くなる予想。シャツにパンツも良いけれど、サマージャケットを一着あると様になりますし重宝です。パットをなくして軽快感を出して今年の夏は涼しく着こなしましょう。メール、お電話での御注文も承ります。電話、メールの場合は色ぶれににはご注意ください。来年の春夏が来るシーズン前、この機会に最も贅沢なジャケットのご用意をなさったらいかがでしょうか。

カチョッポリ

ナポリから50km程南に位置する小さな街 “Vietri sui Mare(ヴィエートリ スル マーレ)”。各家庭で日用品として陶器を自宅の釜で作られていたことが産業に発展した。1960年代を思わせる素朴で可愛らしい絵柄と、それに合わせた膨らみの少ないシンプルでどっしりとした雰囲気のカップとソーサーです。

カチョッポリ

カチョッポリ

かつてアメリカン・トラッド世代にはたまらないマテリアルの代表格がこのシアサッカー。
「カチョッポリ」の珍しいカラードストライプ「シアサッカー地」コレクション。【シアサッカー】とは表面に波状のシワが現れる織物.。経糸に二重ビームと言う装置を使って聴力の違う2種類の糸を用いることで、縞状に縮ませて織ることで作られた縮みであるから永久的に縮れが戻ることはありません。元々縮ませる目的が肌の接する面積を少なくするため、着用していても暑さを感じず猛暑の夏には涼しく過ごせます。シアサッカーの名前の由来には「縮れ」を意味するペルシャ語Shirushakarから来たものという文献と同じくペルシャ語のミルクと砂糖(Milk and Sugar)を意味するShir o Shkkar(シーロシャカー)からきているという説を見ることができます。いずれにしても、夏の猛暑にはシアサッカーの「コットンジャケット」「コットンスーツ」には欠かさない存在ですね。

カチョッポリ

「カチョッポリ」「シアサッカー地」のこちらのカラーの組み合わせは、イタリーはナポリ人の発想でなければできない、とても個性的なパターンですね。ノーパットでカジュアルに仕立てれば、最高の「シアサッカージャケット」「コットンジャケット」になりますよ。

カチョッポリ

カチョッポリ

●オーニング・ストライプawning stripe
オーニングawning stripeは「日よけ、天幕」のことで、日除け用のテントやビーチパラソルのような大胆で単純な等間隔の太い棒縞をいいます。白地に赤や青の配色が典型的。「日除け縞」「ブロック・ストライプ」とも言います。オーニングストライプのシアサッカーは夏の日差しに映えて、着ているだけで涼しさを感じさせるサマージャケッティングになりますよ。

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

「シアサッカー地」といえば定番ストライプの「ギンガムストライプ」。 「ギンガム」で織られた、白地とパステルカラー地。白色にレッド、グレー、ブルーカラーと甘さのある等間隔の棒縞パターンはシンプルで心地よいさわやかなイメージの「シアサッカー」ジャケットになります。

カチョッポリ

カチョッポリ

デニムジーンズ地には硬くて嫌なゴワゴワ感があります。その欠点を克服したデニムのオーダージャケット・オーダースーツが流行しております。インディゴブルーのソフトに仕上がったデニム素材は着心地最高のオーダージャケット&オーダースーツになります。270gmsのストレッチコットンから370gmsまでのヘヴィーウェイトコットンまで揃っております。この夏、アーバン風、インディゴブルーのデニムオーダージャケット&デニムオーダースーツはいかがでしょうか。

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

「カチョッポリ」の「ギャバジンコットン」の品質は耐久性と通気性の両方に優れ、春から猛暑の夏までのジャケッティングに最適なマテリアル。目付が245Gとやや軽めの夏用ギャバジンで縦糸の本数が横糸の倍使われているため綾目が急角度となり糸染めの織物の色合いをより綺麗に見せる効果があります。ギャバジンと言う素材は19世紀後半に生まれた耐久性が高い織物で以前は「チノーズ」とも呼ばれ、アメリカ陸軍が使用した丈夫な綾織綿布で「チノークロス」とも言い、仕立てたスラックスのことを「チノーズ」もしくは「チノパン」と呼びます。強い日差しに、対応できる、涼しげなカラーのコットンジャケット&スーツはいかがでしょうか。

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

夏の代表的な服といえば、やはり麻(リネン)ですよ。通気性に一番優れ、着た時にはさっぱりとした感触を肌に与えてくれるシャリッとした麻の質感は、まさに盛夏の素材に最適です。汗がたくさん滴り落ちるほどの夏の暑ささえも、麻のスーツ(リネンスーツ)麻ジャケット(リネンジャケット)を身に着けただけで幾分和らいでくるから本当に不思議です。今回リネンコレクションの特徴はひときわ目を引くオレンジのストライプ。いうまでもなくカチョッポリ、リネンジャケットのお薦めカラーです。今までご利用いただいていたバンチとは違い、リネンにストライプの柄ものが登場しました。思いっきり太い単純なたて縞柄。「棒」を並べたように見えることから日本語で「棒縞(ぼうじま)」の名があります。「大胆なbold」の意味から「ボールドストライプ」、「ブロックストライプ」といいます。コーディネートしやすいよう白やベージュを取り入れたストライプは個性がありながらも品を失わないバランスのとれたチョイスとなっています。

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

ラグジュアリーデニムは質の良いリネンを先染めし100%リネンで作られたラグジュアリーと呼ぶにふさわしい一品です。

カチョッポリ

カチョッポリ

洗いざらし風で表面が「キャンバス地」のように荒々しくてウェイトも380/400gとヘビーウェイトなのでワイルドなジャケッティッングやスーツ地に最適なマテリアル。

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

滑らかな肌触りで柄が霜降り調のベーシックでスタンダードなリネン地。麻は古代エジプトの頃から人々に愛されている一番古くからの繊維素材。化学繊維とは違い人の肌に一番なじみが良く表面は独特のさらさら感があり、暑い日差しの中で汗を大量にかいても麻は汗の吸収率がとても良いし、夏の強い紫外線も大幅にカットされるから、着ているだけでとても快適にいられます。オーダーメイドがお好きで、おしゃれな方だったらなんと言っても是非とも、加えておきたい夏のワードローブのひとつといえますよ。

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

「カチョッポリ」オーダープライス

カチョッポリ

「カチョッポリ」

ドラッパーズ

「カチョッポリ」から「コットン&リネン」コレクションのご紹介。バンチを開くと目に飛び込んでくるのはひときわ目を引くオレンジのストライプ。言うまでもなくカチョッポリリネンジャケットのお薦めカラーです。今までご利用いただいていた番地とは違い、リネンにストライプの柄ものが登場しました。コーディネートしやすいよう白やベージュを取り入れたストライプは個性がありながらも品を失わないバランスのとれたチョイスとなっています。ラグジュアリーデニムは質の良いリネンを先染めし100%リネンで作られたラグジュアリーと呼ぶにふさわしい一品です。コットンはと言うと年々増すコットンの需要に選択肢を増やすべく昨年で好評だったシアサッカーのシャツ地のストライプを再現しています。コットン、リネン共にプレーンカラーもラインナップを増やし更に使いやすい番地になりました。ファンタジーなカラーを用途に合わせて、コーディネートをお楽しみください。

カチョッポリ

「カチョッポリ」春夏物コレクション

「カチョッポリ」秋冬物コレクション

エアージャケット

アイスクリームスーツ

コットンジャケット&コットンスラックス

リネンスーツ&リネンジャケット

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリ

「カチョッポリ」

カチョッポリ

カチョッポリ

カチョッポリの歴史

Caccioppoli(カチョッポリ社)の歴史
1900年初頭 ビンセンゾ・カチョッポリは二人の兄(ラファエロとサルバトーレ)と商売の販路を拡大するためナポリを離れ、南米コロンビアのボコタに移住いたしました。 そしてボコタのアルマチェンイタリア(イタリア人街)といわれる街の公共広場の一角にカチョッポリ社を設立し、織物で有名なビエラ(イタリア)やニューヨーク撚り服地を輸入し販売を始めました。しかし、第一次世界大戦後、世界中が混沌としていたのでビンセンゾと二人の兄はイタリアのNaporiに帰郷するすることにし、現在カチョッポリ社のあるニコラ・アモレ広場に店をオープンしました。現在ビンセンゾの子供達(コシモとアントニオ)もカチョッポリ社に参画して、ファミリービジネスを大きく展開しています。Naporiにカチョッポリ社を設立してから、ナポリの町にとどまらずイタリー国内は元より、全世界へ高級服地を販売してきました。カチョッポリ社では独自の企画で、ハイセンスのデザインを織物工場に提供しカチョッポリ社だけの高級服地を製造販売しています。また、イタリアの織物工場だけでなく、多くの優れたイギリスの織物工場からも服地を買い付けて品揃えの充実を図っています
現在、イタリアの多くの洋服店・世界各国の服地卸商を顧客として、幅広く展開しています。また、ローマ法王、ヨーロッパ貴族、各界セレブ等の顧客を持っている有名なデザイナーの方達にも高品質服地を提供しています。

カチョッポリ

PageTop