テーラー渡辺

「ドラッパーズ」「グリーンヒルズ」コレクション。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

「ドラッパーズ」

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

「ドラッパーズ」からこの冬一番のお薦め、渾身のファブリックGREENHILS SUPER160s'(グリーンヒルズ スーパー160s')。立派なディスプレイを制作したのも、この作品に対する自信の現れです。
“GREENHILS”はオーストラリアに広がるグリーンヒルズ牧場で、のびのびと育てられた上質なメリノウールだけを贅沢に使用したコレクションです。GREENHILSのメリノウールは18世紀頃から歴史と共に進化を遂げてきた貴重な品種で、もともとは貴族や王族しか着ることが許されていない高級素材でした。230gという目付で秋冬にはやや軽いと思われるかもしれませんが、ウールの質が高いため、保温性にも優れております。着ていると言うより包まれているという表現がぴったりな手触りです。この質への拘りこそがモードに頼らないクラシカルなコレクションの由縁。違いの分かる大人へのお客さまには本当にお薦めです。

プレステージ縫製とは?

ハイグレード縫製とは?

仮縫い

フルハンドメイド

エクセレント縫製

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

オーストラリアのニューサウスウェールズ州マッジーはシラーズやカベルネ・ソーヴィニョン、メルローと言った代表的なブドウの産地というだけではありません。その気候と土壌は羊の飼育にも最適で、オーストラリア・ウールのGrandCru(グラン・クリュ=特に高品質なワインを生産している畑のこと)と呼べるほどのものです。まさにその地にグリーンヒルズ牧場があります。“GREENHILS”という名前は広々とした丘を指すだけでなく、かつてこの地での活動に着手した頃の環境に対する落ち着いた姿勢をも表現しています。この姿勢こそが工場から排出される水などへの細心の注意と羊への負担の最大限の軽減に成功する原動力となっているのです。

ドラッパーズ

この“GREENHILS”は妥協や戦略的なことなしにメリノウールの本質を最大限に生かすためだけに作られました。このコレクションが誇る“Super160s'”は最高品質の羊毛であることを現し、ワンランク上の繊細さを提供しますが、ご着用いただくのは生地だけであって数字ではないということは.....。上質なワインを作るために一流のブドウ農園がするように、グリーンヒルズ牧場では飼育のすべてのプロセスにいおいて動物本来の性質と彼らに合った環境を尊重することによりウール本来の特徴を保ち、質を高めるという最も難しい仕事に挑み続けています。これこそが猫を撫でたときのような生き生きとしたウールの感触と安心感を与えるぬくもりの理由です。また織りの美しさははっきりとした織り柄の印象を加えることなく、動きを感じさせる光のタッチを繊細に紡ぎ出します。

ドラッパーズ

“GREENHILS”では最も有名なメリノ種のうち、ザクセン選帝侯の羊(18世紀に栄華を極めたスペイン王国から直接仕入れ、品種改良が重ねられた羊)を起源に持つサクソンメリノが使用されています。最も一般的な種は1頭につき年間8kg程の羊毛を刈り取ることができますがこのサクソンメリノは1頭につき最大限でも6kgしかかる取ることが出来ません。その証拠にこのコレクションで惜しみなく使われる羊毛は色、構造、長さ、細さのどの項目においても一流と言えます。

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ホーランド&シェリー

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

「ドラッパーズ」

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ(DRAPERS)は1956年にイタリア・エミリア・ロマーニャ州ボローニャで創業した世界のマーケットに放つ、スーツジャケット、、スラックス用のファブリックマーチャント。
「ドラッパーズ」現在の社長は「ドメニコ・ローリ氏」。「ドラッパーズ」の名称は英語で服地屋を意味する「draper」、イタリア語で仕立て屋のための服地商を意味する「drapperie per sarti」という言葉を掛け合わせたもの。
イタリア最高峰の服地メーカー「カルロ・バルベラ」社(CARLO BARBERA)(ビエラ)を初めとする「フィンテス」社(FINTES)、「カノニコ」社(CANONICO)、イギリスのメーカー(ミル)にファブリックの生産を依頼している。イタリアらしく洗練された美しい色彩だけでなく都会的な雰囲気を持ち、モダンで多彩な色柄や特徴のある素材感に定評があり、イタリアの職人(サルト)たちではスーツ・ジャケットのお洒落なマテリアルを選ぶなら「ビンテージのファブリックか、さもなくば「ドラッパーズ」のバンチから選べ」と言われるほど非常に高い評価を受けている。ブリオーニ(Brioni、)エトロ(ETRO)、ベルベスト(Belvest)、エルメス(HERMES)、キートン(Kiton)、チェーザレ・アットリーニ(Cesare Attolini)、ディオール(Dior)、サルトーリア・ドメーニコ・カラチェーニ・ローマ(Sartoria DOMENICO CARACENI Roma)、ランバン(LANVIN)、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)などがこの「ドラッパーズ」のファブリックコレクションを使用している。

ドラッパーズ

PageTop