テーラー渡辺

「ドラッパーズ」「ザ ビングレイ」|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

「ドラッパーズ」ザ ビングレイ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

「ドラッパーズ」の「ザ ビングレイ」が新たに刷新されました。「ドラッパーズ」の「ザ ビングレイ」はブライダルに着用するタキシード、燕尾服、モーニングコート、ディレクターズスーツ、ブラックフォーマル等さまざまディナーや華やかなパーティーなどイベントに着ていける、エレガントでファッショナブルな装いを演出できる、ファンシーでお洒落なコレクション。プライスは昨年に比べて大きくプライスダウン。少しでもお客さまのご負担にならないようご配慮いたしました。スペシャルでありながらもイタリーの洗練された「ミラノファッション」らしく小粋でグラマラスとモダンの両方をブレンドされた、きらびやかな服地のコレクション。マットなシルク入りタッサー織りもあればペイズリー柄のジャガード織りウール&シルクファンシーなデザイン。ノーブルな装いにはベネッシャン織り、そしてスペシャル、スーパー130s'にピュアシルク。ユニークな繊維の組みあわせで、独特の織り方や作新的なパターンなど、どこにもないような素敵なコレクション満載。「ドラッパーズ」「の「ザ ビングレイ」コレクション」で友人の結婚式やパーティーに着て行き、普段と違う素敵なダンディズムを演出してみてはいかがかな。

ドラッパーズ

「ドラッパーズ」「ザビングレイ」からドレッシーなジャケット&タキシードジャケットをご提案いたします。「ペイズリー」「カモフラージュ(迷彩柄)」「タペストリー」「ファンシーチェック」と様々なパターンをご用意。スタンダードなタキシードに飽きた方には、トリッキーでファンシーなタキシードジャケットは今年のお洒落な方の主流になります。タキシードジャケットだからと言って、下をリボン型の側章(そくしょう)にせず、デニムを履いて、着崩すのがお洒落の極意。カジュアルなパーティーやガーデンパーティーに最適なシルク入りジャガード織りのドレッシーなジャケットは、貴方のアイテムの一着においておきたいのです。

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

写真をご覧の通り、サテンの繻子織りで非常に光輝くシャイニーなファブリック。ファンシーなセレモニー(式典)における最高のタキシードのブライダル衣装やパーティー衣装になる事でしょう。

カチョッポリ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

厳選されたスーパー130s'オーストラリアン・メリノウールにシルクをブレンド。シンプルでドレッシーなシャドーストライプは貴方の品位をアップさせます。結婚式のブライダルやセレモニー(式典)に使用するだけでなくビジネスにも対応できる応用範囲の広いマテリアル。

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

アイボリーカラー&シルバーグレーのベストは、「ブラックスーツ」「モーニング」または「ディレクタースーツ」に使用する時と同じ品物で、使うときは、主に昼の時の華やかな結婚式や祝典に使うものです。式典にたくさんの人が集まったときに通常の上下黒のブラックスーツばかりですとどうしても、色に欠けてしまい、あまり華やかさが見受けられない場合、この「シルバーグレー」のベストを着ているとおしゃれ度が発揮されます。

ドラッパーズ

モーニング、ディレクターズスーツに使用される「コールズボン用」ファブリック。誰もが穿いていない全く新しい色柄のコールズボン地をご用意致しました。

世界の有名ブランド

ハダーズフィールド

アリストン

カチョッポリ

ドラッパーズ

チェルッティ

チェルッティ

カルネ

ホーランド&シェリー

ベイトマン

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

「ドラッパーズ」

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ

ドラッパーズ(DRAPERS)は1956年にイタリア・エミリア・ロマーニャ州ボローニャで創業した世界のマーケットに放つ、スーツジャケット、、スラックス用のファブリックマーチャント。
「ドラッパーズ」現在の社長は「ドメニコ・ローリ氏」。「ドラッパーズ」の名称は英語で服地屋を意味する「draper」、イタリア語で仕立て屋のための服地商を意味する「drapperie per sarti」という言葉を掛け合わせたもの。
イタリア最高峰の服地メーカー「カルロ・バルベラ」社(CARLO BARBERA)(ビエラ)を初めとする「フィンテス」社(FINTES)、「カノニコ」社(CANONICO)、イギリスのメーカー(ミル)にファブリックの生産を依頼している。イタリアらしく洗練された美しい色彩だけでなく都会的な雰囲気を持ち、モダンで多彩な色柄や特徴のある素材感に定評があり、イタリアの職人(サルト)たちではスーツ・ジャケットのお洒落なマテリアルを選ぶなら「ビンテージのファブリックか、さもなくば「ドラッパーズ」のバンチから選べ」と言われるほど非常に高い評価を受けている。ブリオーニ(Brioni、)エトロ(ETRO)、ベルベスト(Belvest)、エルメス(HERMES)、キートン(Kiton)、チェーザレ・アットリーニ(Cesare Attolini)、ディオール(Dior)、サルトーリア・ドメーニコ・カラチェーニ・ローマ(Sartoria DOMENICO CARACENI Roma)、ランバン(LANVIN)、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)などがこの「ドラッパーズ」のファブリックコレクションを使用している。

ドラッパーズ

PageTop