テーラー渡辺

「カノニコ」「モーライン・ブークレ織り」ツイードジャケットコレクション。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

イタリアはビエラの名門「カノニコ社」から、2021年新しい秋冬シーズンに向けて遊び心のあるバラエティー豊かなフランネルジャケッティング地のレンジが登場致しました!!イタリアのハイブランド御用達のプレミアムなジャケット地をオーダー用にお選び頂けます。カノニコ」社から今回見逃せないのが、「ハイランドタータンチェック」。英国伝統のチェック。そして秋冬に最高のトレンドマテリアル「モーライン・ブークレ織り」。多色の糸を紡ぎ、ニットのように伸縮性のあるふわっとした織り上がりで微妙にゴージャスな素材。ウール素材のコーデュロイも見逃せません。ノーパットの軽量なジャケッティングにもよし、やや薄めのパットでソフトなラインで落ち着いたウィンタージャケットもいかがでしょう。今年のキーワードは「ビジネスカジュアル」。エレガントでカジュアルなジャケッティングが今年の秋冬に増えそうです。

カノニコ

カノニコ

カノニコ社のウールンフランネル。チェック柄ですがジャケットだけでなくスーツにも最適です。ウールンフランネルですが厚ぼったい生地ではなく、イタリアンらしく軽くて薄い毛羽がある柔らかな紡毛ジャケット地。 ソフトな肌触りのニュージーランドメリノウール。ツイードほど、重くてごつごつしたジャケットよりも、“パット無し"“”裏地無し"のアンコン仕立てのジャケットを好む方には最適です。他色の糸を紡いだ表情豊かなジャケットコレクション色柄。ミディアムウェイトなので軽くて温かくこれからの寒い時期には重宝するジャケットになります。

カノニコ

カノニコ

「カノニコ社」今年の一押しは、「ハイランドタータンチェック」の中の「ロイヤルスチュワート」。イタリアでありながら、一つもぶれずにしっかりとスタンダードなパターンを織りあげました。「タータンチェック」の中でも「ロイヤルスチュワート」は一番人気のあるパターン。スカーレット地(明るいレッド)にタータンチェック柄を施した最もポピュラーな「ロイヤルスチュワート」は18世紀末にはその存在の名が知られており、女王陛下個人のチェック柄で、家臣達はこのタータン柄を身につけます。1882年ジョージ5世がエジンバラを公式訪問した際に、スチュアート家との古くからの絆を示すために身につけたことから、一時期消滅していたスコットランド伝統のタータンが復活を果たしたことでも知られております。ジョージ五世はその当時、自分の選んだタータンは一族全員が着用できると述べたのですが、それは即ち「スコットランド・イングランドを含めた大英帝国の国民全て」をさしてました。この由緒ある“ロイヤルスチュアート”の起源は、14世紀ロバート2世の即位から始まり、スチュワート家の統治300年を記念して作られたと言われております。綺麗なスカーレットのため、メンズ物は勿論のことユニセックスにレディースや、写真の通りにブライダルのファンシータキシードやドレスジャケットにも最適です。着ることによって周りを華やかにさせてくれる「ロイヤルスチュワート」。貴方がお召しになれば、周りから羨望のまなざしで見られますよ。

カノニコ

カノニコ

カノニコ

秋冬らしい「カーキ色」の「ハンドトゥース」と「ヘリンボーン」。贅沢にもメリノウールに約三割ほどの高級獣毛の「アルパカ」にシルクをブレンドした三者混ツイード。滑らかな肌触りで軽くて暖かくさらっとしたタッチが魅力です。あまり重たくないので体に負担がかからず快く着られます。

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

「カノニコ」社から渾身のファブリック、ナチュラル素材の天然ウールカラーアンダイドメリノウール仕様のオーガニック系服地です。科学染料を一切使わず、羊毛の天然ブラウンカラーのみを使い、織りあげているので、優れた品質を作りだし提案しております。羊毛の色だけで紡いでいるためご覧の通り、土着的なイメージのツイードジャケットになります。 これこそがナチュラルでネイチャーなジャケットを仕立てるには欠かせない、最適な素材なのです。

カノニコ

カノニコからニューマテリアル「ウールコーデュロイ」。コーデュロイというとコットンがポピュラーですがこちらはピュアウールで織りあげました。コットン独特の堅さやキツさがなく肌触りがよくストレッチ性もあるので着心地が良いです。ジャケットはもちろんのことオリジナルのスーツにも最適です。

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ イタリアはビエラの名門

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

CANONICO

ご予約は携帯電話で

PageTop