テーラー渡辺

「スキャバル」「ヒロイック」コレクション。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

スキャバル

スキャバル

スキャバル

1967年にスキャバルが市場で初めて発表したスーパー100s'ウールコレクション。“Back to Basics”(基本に戻る)の精神を忠実に守り、現代のエッセンスを加えた『HEROIC』(ヒロイック)。上質なスーパー100s'ピュアウールを使用した綾織りの生地は、年間を通してご着用でき、高い品質水準とやわらかな手触りはそのままに、今回はより光沢が有りエレガントな趣を持ったコレクションに仕上げました。ヘリンボーン、バーズ・アイ、ホップサック(斜子織り)・チェック、シャドーストライプ、チョーク・ストライプなどの、1960年代から受け継がれた伝統的なエッセンスが光るいつまでも色あせないクラシックなデザインにモダンテイストを加え、ブルーとグレーを基調とした洗練された上品な色彩で表現しました。ファッション性の高い明るいストライプとチェックの幅広いコンビネーション、力強いコントラストのデザイン、モダンなマイクロ・デザイン、深みのあるエレガントで落ち着いた色合いの無地調のデザインなどもご用意しており、バラエティに富んだコレクションに仕上げています。

プレステージ縫製とは?

ハイグレード縫製とは?

仮縫い

フルハンドメイド

エクセレント縫製

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

「スキャバル」春夏物「オーダースーツ」コレクション

「スキャバル」秋冬物「オーダースーツ」コレクション

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル

スキャバル本社に直撃してきました!

最上級の品質、究極の生地は究極の背景から生まれます。

スキャバル ロンドン サヴィルロウ通り本店 スキャバルは、1938年オットー・ハーツにより設立され、創業以来ベルギーのブリュッセルに本社を置いています。
ベルギーは英国やイタリアから調達した生地を、欧州各国に供給する絶好の中間地点なのです。
実際ブリュッセルはヨーロッパの殆どの主要都市まで空路で1時間以内。
現在ではEUは存在しますが、スキャバルは創業当初から「経済活動としての欧州連合」を視野に入れていたのです。
こうした先見の明もあり、スキャバルが1950年に考案した世界初のバンチシステムは成功を収めました。現在ではロイヤルファミリーや大統領や首相、ハリウッド俳優から高い評価を得る高級紳士服地として成長いたしました。
スキャバルの素晴らしさは厳格なる品質管理。
原毛の選択から仕上げまで常に高い品質へのこだわりを持ち、一貫した管理体制の中で卓越したクラフトマンと先端技術によって生産しています。
常に最高級の原材料だけを使用し、どれほど作りなれた定番生地も1p刻みの検査に合格しない限りスキャバルを名乗ることはできません。こうしたすさまじいこだわりの生地は世界中の服好きを魅了して当然なのです。「一切の妥協も労力も、時にはコストさえも惜しまず織り上げる」その企業理念がさらにスキャバルを飛躍させているのです。

スキャバル ボタン&ライニングコレクション

本水牛ボタン・ナットボタン・蝶貝ボタン・皮ボタン・メタルボタン

1938年にブリュッセルで創業したスキャバルは、今や世界的な高級服地のブランドに成長しました。
計画的な事業拡大により、まず欧州ビジネスを確立し、次いで1970年代にアメリカと日本、更には中東、アジアに進出しました。

「世界的な視野で考え、地元重視で弊社のやり方」とスキャバル・グループのCEOグレゴリー・ティッセンは語る。「世界戦略を展開しながら地元の状況に柔軟に適応する」。

このアプローチは素材やデザインやスタイルに関する地域独特の嗜好を超える。スキャバルの組織自体が多様な地域を反映している。市場によっては卸売業務にあたる現地法人を設立し、また別の市場では代理店、販売店、小売店と仕事をする。10以上の国でライセンス契約によりスキャバルの名をつけたショップを運営する。国際的な事業拡大には何が必要だろう。グレゴリーは「明確なイメージを持つこと」、「地元のルールや慣習と折り合いをつける柔軟性」、「これを理解して応用できる人材」だと言う。

ブリュッセル本社の100人を肥えるスキャバル社員の国籍は15カ国に及ぶ。ブリュッセルはグローバルビジネスに適した都市。多言語に通じ、柔軟で国際的な視野を持つ人材が集まる都市です」。
将来については?スキャバルは輸入に門戸を開き、高級品を受け入れる全ての国を視野に入れている。「インドと中国の成長ぶりはめざましい。
でも、我々は国際的に常によい組合わせを保とうと努めます。リスクを平坦にするためにも」。
SCABAL スキャバル本社、ベルギーの倉庫

SCABAL

ご予約は携帯電話で

PageTop