テーラー渡辺

「格安タキシード58000円〜」「ブライダルのオーダータキシードはレンタルより格安」「格安タキシード・コレクション」|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

タキシード

タキシード

タキシード

タキシード

タキシード

タキシード

タキシード

タキシード

“コロナ"後、昨年、一昨年予定していたブライダル「結婚式」。「コロナ禍」になってからは、皆さんは延期をしておりましたが「コロナ」対応も随分とすすみ、各結婚式場は衛生面を徹底的におこなうようになったので、規模を変えて“結婚式"を挙げようと奮起したカップルが最近増えてまいりました。最近の傾向は、正式に拘り結婚式場で多人数を集めブライダルをおこなう事が一昔前の話で、コロナの影響から、国内や海外に行って「フォトウェディング」で済ませる方々が増えました。その後は、都心の「青山・六本木」あたりで親しい少人数の仲間達を集め「レストラン・ウェディング」。郊外での「ガーデンウェディング」。「カジュアルなウェディング」をおこなう話を良く聞くようになりました。 結婚式自体かなり自由になってきています。ブライダル・結婚式に使う「タキシード」「ブライダル・オーダータキシード」「ブライダル用オーダースーツ」を格安にてお仕立ていたします。小さい規模で無駄のないブライダルを行うのですから【タキシード】あたりは、【オーダーメイド】でしっかりとお仕立てをしてみてはいかがでしょうか。ご本人のウェディング、結婚式(ブライダル)で花婿さんとして【ブライダル用】ならなおさらです。結婚式に使用するタキシードは以前、誰が使ったかわからない貸衣装(レンタル)よりも、オンリーワンの体に合ったスタイリッシュな「タキシード」は格好が良いし、レンタルよりも、はるかにお安くご提供できます。最近のレンタル料の相場は、「タキシード」が120000円(税132000円)それに付属するフォーマルアクセサリー(蝶タイ・カマーバンドietc)が約40000円(税44000円)。ワイシャツだけは買い取りで15000円(16500円)。合計で175000円(税192500円)と約20万円近くかかります。当店ではタキシードオーダープライスを58000円+税からお仕立てをしております。必要最低限のアクセサリーを入れても税抜きで約8万円以内で収まります。そのほか、当店では、価格表に掲載されているとおりに、お値段も比較的リーズナブルな国内の有名ファブリックメーカーをご紹介いたします。普段と違う雰囲気の夜の【フォーマルウェア】であるタキシード。お召しになれば、全然違うおしゃれな貴方は、祝宴の中では皆さんの注目の的になるはずですよ。ご本人の結婚式、ウェディング【ブライダル】にはなんと言ってもオーダーメイドの【タキシード】ですよね。

タキシード

タキシード

タキシード

タキシード

室内の結婚式においても、室内がホワイトを基調とした場合や、フィアンセである花嫁様の衣装が、淡いピンク、もしくはスパイシーイエローのような明るい場合、花婿さんがブラック、ミッドナイトネイビーだと、あまりにコントラストが出過ぎるようだったら、いっそのことホワイトカラーのブライダル衣装を仕立てるのも一考かと存じます。 アイボリーカラーだったら、タキシード仕立てにせずともブライダルスーツにしても問題ないです。セレモニーにおいてのドレスコードはブラック、シルバー、アイボリー、ホワイト、なので、それに、あとで“ビジネススーツ”にして使用できるので汎用性がありますね。カジュアルなタキシードを好む場合は、拝絹、と側章のコントラストが強くないほうがいいかもしれません。ホワイトカラーでしたら、ラペルにシルクサテンの白の拝絹(はいけん)を付けずとも、立派なブライダルスーツになりますし、普通のスーツ仕立てにしておいて、蝶タイだけで立派なブライダルスーツになりますタキシードでしたらホワイトカラーの拝絹、側章がお薦め。ダブルのブライダルスーツも重厚感があり素敵な一着になります。結婚式の後でも、タキシードにしなければ後でも使用可能のファンシースーツになります。

タキシード

タキシード

最近の傾向は室内では3密状態になるので、ガーデンや、ビルの屋上で行なったり、海沿いのリゾートホテルや、南国の海外にて結婚式を行う方が多くなりました。決まり切ったブラック、ダークネイビーカラーよりも、ホワイトカラーやアイボリーカラーがオーシャンブルーの海沿いにもピッタリ。「フォトウェディングでしたらなおさらです。この度ダブルの「タキシード」を開発しました。ホワイトの拝見をつけばドレッシーで威厳があるダブルブレストのタキシードになりますよ。

タキシード

タキシード

綺麗なブライトなネイヴィーブルー・ショールカラーの「タキシード」。お友達や親戚の結婚式やパーティーに着ていけば貴方が羨望のまなざしで脚光を浴びますよ。 今回のタキシードのラペルは「ショールカラー」。別名「ヘチマ襟」とも言います。通常タキシードの場合は「ピークドラペル」が最もポピュラーなラペルですが、「ショールカラー」もおしゃれですよ。ショールカラーのタキシードはリラックスした雰囲気が出せるところと遊びの着こなしに応用しやすいところが魅力です。ラフなパーティー着やカジュアルなブライダルとして使用したいようでしたら「ショールカラー」がお勧めです。

タキシード

タキシード

タキシード

「セレモニー」には「シルバーグレー」のオーダースーツはいかがでしょうか。シルバーグレーは表面が優美な光沢が出ます。華やかな式典にふさわしいでしょう。シルバーグレーのカラーが映えて、セレモニースーツに、そしてブライダルのスーツにも最適です。セレモニーが終われば、通常のスーツにも使用可能。「きらり、シャイニースーツ」としてちょっとしたパーティースーツにも使えます。 このポリ混・サテン織りのシャイニーな光沢が豪華でとても美しくエレガントな雰囲気にしてくれます。ポリ混・サテンのオーダータキシードはエレガントで気品のある装いを演出することが可能ですよ。

タキシード

タキシード

タキシード

タキシード

ブラックスーツ

タキシード

ディレクターズスーツ

モーニングコート

ハダーズフィールド

アリストン

カチョッポリ

ドラッパーズ

タキシードの由来

タキシードと呼ばれる由来は、1886年の10月。
所はニューヨークにある「タキシード・パーク・クラブ」。
ここで催された舞踏会(一説によると、男だけのスタッグ・パーティー)に、グリスウォルド・ローライラードという男がこれを着て現れたとき以来のことだそうです。
面白いのはこのときの彼のコーディネイション。
つまり、タキシードなのに、白のボウタイ、白のピケ、ベストを合わせていたからであります。しかし、よく考えてみると不思議でも何でもないです。むしろ、当たり前といっていいでしょう。
なぜならば、このパーティー、俗に言う「ホワイト・タイ」。即ち、燕尾服に白のボウタイ、白のベストの正式な礼装によるパーティーだったからなのです。彼はたまたまこれまでの習慣に従ってタイとベストを白にした、というだけの話。さすがの異端児も最低限のルールは守りたかったものといえます。
いずれにせよ、当時はまだディナー・ジャケット(タキシード)が正式な礼装として認められていらなかったため、タイやベストの組み合わせも、白か黒か、といった厳格な規則はなく、比較的自由だったようです。
この規則、即ち、タキシードには、黒のタイを付けなければならない、という規則がはっきりした形をとって現れたのは、エドワード7世がこの世を去った翌年の1911年から。
一説によると、エドワード7性は【タキシード】というものを好まない人だった、と伝えられているから、そのせいもあるのかもしれません。
その後、1921年までの【タキシード】は、全て片前1釦型に限られておりましたが、1921年にスペインのアルフォンソ13世(当時のヨーロッパのファッション・リーダーの一人であった)が、フランスの保養地ドウヴィルで、初めてダブルのディナー・ジャケットを紹介して以来、ダブル型のものが流行し始めました。
イギリスでも、1923年に当時の花形コメディアンとして知られたジャック・ブキャナン(彼も当時のファッション・リーダーの一人だった)が、このダブルのタキシードは、ヨーロッパよりも、アメリカでポピュラーになり、現在に至っているというわけです。
タキシードの歴史は約百年足らずですが、イギリスで生まれ、アメリカで育ったといっても過言ではありません。通称は、英語で「ディナージャケット」、米語で「タキシード」とされておりますが、わが国の外来語としては、戦後はもとより、戦後も英語ならざる米語(タキシード)が使われました。
夜の正礼装を燕尾服(テイルコート)とした場合、準礼装はこのタキシードですが、両者の間にはいくつかの類似点をあげることができます。
たとえば1黒地2ラペルの拝絹3側章(テイルコートは二本、タキシードは一本)4蝶ネクタイ(テイルコートの場合は白、タキシードの場合は黒)、といった事柄です。したがって、最も異なる点といえば、尾(テイル)が「ある」と「ない」くらいで、燕尾服(テイルコート)を「親」とするなら、さしづめタキシードはその「子供」ということができます。
燕尾服もタキシードも、ネクタイが蝶結びであることに変わりはありません。
しかし、燕尾服は「白」、タキシードは「黒」のため、服そのものも「ホワイトタイ」は「燕尾服」と「ブラックタイ」は「タキシード」を意味するようになりました。
しかしながら、歴史的には「タキシード」のタイも最初は「白」でしたが、その後に「黒」に変化したと伝えられております。
タキシードのフロントとラペルは、流行や好みによって、シングルブレスト(片前)であったり、ショールであったり、ピークであったりですが、初期のスタイルは、シングルブレストのショールカラーで、タキシードのフロントボタンは一つボタンとは限らず二つの事もあったそうです。
なお、ダブルブレストのタキシードが現れたのは、50年来(1920年半ば)のことで、下にベスト(燕尾服用とスタイルは同じですが、ただし黒)ではなくカマーバンドを組ませるようになったのは、1930年半ばのことです。ちなみにカマーバンドの由来はインドの腹巻の「カマー」から取ったといわれております。
タキシードは、黒または最近当店でも多く見受けられるようになりましたミッドナイトブルー(黒に近い紺)で揃いに仕立てるのが普通ですが、戦後はブルーやワインレッドなどを用い、ズボンを黒とした「不揃い」のものも見受けられるようになりました。
その他、グレイやゴールド(いずれもシルクが主体ですが)で揃いとしながらもディテールデザインに変化を付け加えたものが少なくないようです。
タキシードを仕立てる場合は、まず黒かミッドナイトブルーのオーソドックスなスタイルのもの(たとえば、シングルブレストのピークドラペルかショールカラー)を選び、仕立てる。ファンシータキシードは次の機会に求めるのが当店としては好ましいのではないかと思われます。どうしてもファンシータキシードをというのであれば、その際にはできるだけおとなしい色(たとえばブラックウォッチ)とさりげない型のものとし、「パーティーのたびに【着たきり雀】の感じを他の人に与えないようくれぐれも注意をしたほうがいいですよ」。と私はお客様に薦めております。

ご予約は携帯電話で

PageTop