テーラー渡辺

「フラッテリ・タリア・ディ・デルフィノ」ブークレジャケッティングコレクション|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

ツイードジャケット

ジャケット

ジャケット

ジャケット

ジャケット

ツイードジャケット

ツイードジャケット

コロナ禍後、日本のファッションにおいてビジネススタイルについての考え方が大きく変わってきました
シャツでセーターポロシャツ通勤OKな会社が増えてきたのはもちろんのこと、最近ではお堅いイメージのあった、一部のメガバンクまでが会社内でのノースーツOKが定着しつつあり、さらには総合商社の中には、デニム通勤OKを定めているケースもあります。
しかし、このように秋冬のドレスコードが多様化した中でも「仕事着として最低限のマナー」が必要になってきました。
テレワークが多くなってきた中で、パソコン画面でのズームの中の貴方の上半身はクライアントから見たらビジネスのセンスも問われているのです。画面に映る格好が一番最初のプレゼンテーションです、上着の着こなし方によって仕事のセンスも問われているのです。昨今の「ウォームビズ」の装いは「週末服と同じで良い」、と言うことではないはず。デニムでの装いでも上着が"決まっている"ようでなければ相手側のクライアントに対しても失礼に当たります。ジャケットぐらいは、こだわった着こなしこそ"できるビジネスマン"と見られなければ意味がありません。プライスも税抜きでシングルジャケットオーダープライスは、スタンダード縫製で¥60000はお値頃です。ビジネスジャケットに一着あると便利ですよ。 「2020オリパラ」が終われば寒い秋冬がやってきます。そろそろ秋冬物のジャケットのご用意をなさってはいかがでしょうか。

タリアディデルフィノ

ツイードジャケット

「フラッテリタリアディデルフィノ」の「サキソニーツイード」。サキソニーはウールジャケットの代表的な素材のひとつで、フランネルほどの厚い生地ではなく、イタリアンらしく軽くて薄い毛羽がある柔らかな紡毛ジャケット地。 ドイツのサキソニーで品種改良されたメリノ種のサキソニー羊毛を使い、この地で創織されたことからの命名。ソフトな肌触りの130s'。ニュージーランドメリノウール。フランネルほど、重くてごつごつしたジャケットよりも、“パット無し"“”裏地無し"のアンコン仕立てのジャケットを好む方には最適なジャケット地です。秋の空のような時のうつろいを情緒豊かに描写したブラウンのグレナカートチェック。ナチュラルな暖色系が季節に合います。表情豊かなジャケットコレクション色柄の数々。軽くて温かくこれからの寒い時期には重宝するジャケットになります。

ツイードジャケット

ツイードジャケット

ツイードジャケット

タリアディデルフィノ

ツイードジャケットらしくダークグレー地ののハウンドトゥースパターン。都会的なアーバンツイードジャケットに当然のように最適ですし、あえてカントリー風のジャケットにしても趣があって良いかも。“イタリアンの生地ではカントリー風ジャケットは不向き”という既成概念をすてて、あえて仕立てるのも一考です。イギリスのアイリッシュツイードだと重いし“ガッチガチ”になりやすいから、柔らかなオーストラリアン・メリノウールで大人の雰囲気を持った「ロマンチック」なカントリージャケットはきっとご満足頂ける一着になります。

タリアディデルフィノ

タリアディデルフィノ

約6年前あたりに初登場し最近では秋冬物として定着した最高のトレンドマテリアル「モーライン・ブークレ織り」。多色の糸を紡ぎ、ニットのように伸縮性のあるふわっとした織り上がりで微妙にゴージャスな素材。ノーパットの軽量なジャケッティングには最高の素材。セーター風に仕立てるのが最適です。

タリアディデルフィノ

タリアディデルフィノ

タリアディデルフィノ

昨年同じ柄でのジャケット地がございました。非常にご好評をいただき、10月上旬には早くもソルドアウトになり、その後注文したかった方に非常にご迷惑をおかけしたほどの人気商品でした。昨年のマテリアルは100%Super130s'MerinoWool(スーパー130s'メリノウール)のみでしたが、今年はさらにクオリティーをアップ。メリノウールに光沢を持たせるシルクに滑らかな肌触りのカシミアをブレンド。最もラグジュアリーなボディーへと織りあげ、進化いたしました。メリノウール・シルク・カシミアの三者混ツイードジャケット。「ハウンドトゥース」別名千鳥格子柄。ハウンドトゥース
格子ひとつひとつの形が猟犬(ハウンドHound)の牙(トゥース)に似ていることからの名前。「ドッグトゥース」ともいう。日本では千鳥が飛ぶ姿に似ていることから「千鳥格子」、フランスでは「雌鳥(めんどり)の足跡」を意味する「ピエ・ドゥ・プールPied-de-poule」という。 白と黒のモノトーンのシンプルな柄だから下のパンツはデニムでもコットン、どんな色でも、似合う応用範囲の高い商品。イタリアン風だから、ノーパットで軽く着こなしたいですよね。

タリアディデルフィノ

タリアディデルフィノ

タリアディデルフィノ

タリアディデルフィノ

タリアディデルフィノ

タリアディデルフィノ

タリアディデルフィノ

タリアディデルフィノ

タリアディデルフィノ

フラッテリ・タリア・ディ・デルフィノ

タリアディデルフィーノ

タリアデルフィーノ

タリアデルフィーノ

タリアデルフィーノ

タリアデルフィーノ

タリアディデルフィーノ

タリアディデルフィノ

タリアディデルフィノ

タリア ディ デルフィーノ春夏物コレクション。

タリアディデルフィーノ秋冬物コレクション

タリアディデルフィーノ

タリアディデルフィーノ

タリアディデルフィーノ

タリアディデルフィーノ

ご予約は携帯電話で

TALLIA DI DELFINO

PageTop