テーラー渡辺

「ウィリアムビル」クラシックコーティングコレクション。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

ウィリアムビル

マーリングエバンス

「ウィリアムビル」「クラシックコーティングコレクション」が刷新されました。今回のコレクションは肉厚のドネガルツイードから、オーストリアの貴族達が狩猟用に愛用したアルパカ混ローデンクロスなど希少な伝統的コート地まで。更に上質なカシミアコーティングなども集めたエクスクルーシブコレクションです。このバンチブックは国内には数量しか無いため、本来は借り受ける形ですが取引先との長年の信頼関係のもと、常時店内に置かせて貰えることになりました。どうぞご覧に来て下さい。

ウィリアムビル

ざっくりとした 肉厚のカントリー風大きめのヘリンボーンコート地。 目付も630gとヘヴィーウェイトなので寒い時期には最高のコート地になります。チェスターコートよりもステンカラーコートやラグランコートには最良の素材。

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

こちらもウィリアムビルが得意としている「ドネガルツイードコート地」。「ドネガルツイード」とは? アイルランド北西部のドニゴール州で算出されるアイリッシュツイードの代表格です。「ドネガルツイード(ドニゴール)」は暖かく耐久性があり、ネップ(節)のある見た目が特徴の目の粗いアイリッシュツイード。基本の色と相反した不揃いのスラブ糸の平織りが特徴とされ、紡毛糸を使って織られている。「カントリーツイード」よりも柔らかく、ふっくらとしているのが特徴。

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

高級獣毛であるアルパカ混「ローデンクロス」。「ローデンクロス」とは?貴族達が狩猟用に愛用したオーストラリアのチロル山岳地帯で昔から織られてきた、強い縮絨を施した厚手の紡毛織物。アルパカ混の生地の表面は霜降りに起毛しており毛皮のような肌触り。「カシミヤ」とは違った起毛で、暖かくハリのあるしっかりとした「ツイードコート」を仕立てたいようだったら「アルパカ混ローデンクロス」を薦める。

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

「オートミール」柄とは?欧米の朝食として知られるオーダーミール(麦かゆ)に形状が似ている事からの由来。表面に小さなつぶつぶの織り柄が浮き上がって見えている。バーレイコーン(大麦の粒)ともいう。猫の足に似ていることから猫足(ねこあし)。とりあえずスポンジのようにふっくらとしたオートミール柄のツイードジャケット。

ウィリアムビル

ウィリアムビル

「チェビオットツイード」はイングランドとスコットランドの境の産地、チェビオット・ヒルズ産Cheviot Hills(山地名)のCheviot Sheep Woolを原料として織られたスコッチ生地のことを「チェビオットツイード」という。その毛質は組剛で野趣に富み表面にもハリがあり柄も大胆で派手なものが多く光沢があるので、ツイードの中でもダントツに色彩がはっきりして、綺麗。暖かくハリのあるしっかりとした「ツイードコート」を仕立てたいようだったら「チェビオットツイード」を薦める。

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ラムズウールのオーダーコート地。ラムズウールは生後6ヶ月までの仔羊の毛。成人の羊のコート地は少々堅く粗くなりますが、それに比べふっくらとして柔らかく、染色がし易く綺麗な色のコート地になります。

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

上質なカシミアコーティングコレクション。色彩豊か、綺麗なカラーの「カシミヤコート」を仕立てたい方にお勧めです。

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

オーバーコート

オーバーコート

カシミヤフランネル

ダリア

ムーン

ハリスツイード

三星毛糸

三星毛糸

ダブルビル

ホーランド&シェリー

ハリソンズ

チェスターコート

ステンカラーコート バルマカーンコート

マオカラーコート マオカラージャケット

レディースオーダー「オーバーコート」

アンコンオーバーコート

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ウィリアムビル

ご予約は携帯電話で

PageTop