テーラー渡辺

「エスコリアル」 王家の羊|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺
エスコリアル 王家の羊
2017年秋に、限定企画で幻の王家の羊「エスコリアル」100%の最も贅沢なファブリックで「オーダースーツ」「オーダージャケット」を特別価格にてお仕立浸ました。スーツのファブリックは完売し、新たに仕入れ先から特別に入手いたしました!!限定1着から2着のみ。幻の王家の羊「エスコリアル」。この機会は逃さずお仕立てをすることをお勧めいたします。
エスコリアル羊
エスコリアルとは?
起源は11世紀、ムーア族がスペインに侵攻したときに、エスコリアルの起源であるマーグレッブ羊を持ち込みました。(この羊は通常の羊であるメリノ種に比べると約半分の大きさにまでにしか成長しません。)16世紀になると、スペイン国王がこのクリームのような毛を持つこの羊を修道院の「エスコリアル」で王室専用として大切に飼育させました。これが「エスコリアル」の名前の由来です。
しかし、18世紀になるとナポレオンのスペイン侵攻により、戦争の戦火でスペインのマーグレブヒツジは消え失せてしまいました。 ところが、18世紀にスペイン国王が、ドイツのサキソニーの選帝侯に「エルエスコリアル」の羊を贈っており、マーグレッブ羊は生き残りました。やがてサキソニーでも柔らかなクリームのような羊毛が取れるようになりました。その後19世紀に入り、スコットランド人のエリザ・ファーロンジュがドイツでこの羊を見つけ100頭をニュージーランドに送り現在までこの純血種が残ったのです。「エスコリアル」は希少性があり(通常のメリノ種に比べ1/3の量しか原毛が取れないため)カシミヤに優るとも劣らない柔らかさ、さらにナチュラルなストレッチ性があるのが特徴です。(選帝侯=ローマ帝国皇帝選定権を持つ人)
エスコリアル
エスコリアル
エスコリアル
エスコリアル
エスコリアル
エスコリアル
「エスコリアル」は11世紀、北アフリカ モロッコのアトラス山脈にいた羊がスペインに送られ、16世紀にはマドリード北西にあるEL ESCORIAL(エスコリアル)修道院で王室専用に飼育されました。これがエスコリアルの名前の由来です。ナポレオンのスペインの侵攻によりこの羊は消滅になったかと思われましたが、それ以前の1765年にドイツサクソニーの選帝侯に贈られており、子孫が残っていました。その子孫100頭が19世紀初めにタスマニアに移され、現在まで純血種が生き残ることとなりました。その羊の特徴といえば体が小さく、普通の羊の約1/3から半分しかないのです。繁殖能力が低く出生率は年一頭の母羊から0.6頭のみなのです。原毛はカシミヤの半分の軽さで収穫量は少なく、年間80〜100トンでカシミヤの1%にも満たない希少価値ある原毛なのです。非常に繊細なため製品化へのプロセスに長年を要しましたが、2002年にようやく世界で最も細番手の羊毛として認定されるに至りました。
その糸から生まれる製品は、人間のより細番手への希求を実現するものでありまして、これ以上のものはありえないといわれております。
エスコリアル
エスコリアル