テーラー渡辺

ヨークシャー・テキスタイル|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺
ヨークシャーテキスタイルズ
ヨークシャーテキスタイルズ
ヨークシャーテキスタイルズ
「ヨークシャーテキスタイルズ」の「ラグジュアリーウーステッド」コレクションは340/370gの100%の合冬用ウーステッドで、しっかりとした重めの伝統的英国オーダースーツ素材です。皺になり難く型崩れしない仕立て栄えの良い厚手の服地のスーツはあらゆるビジネスシーンに最適ですし、世界中何処の都市でも違和感なく発揮できるオーダースーツになる事でしょう。仕立て映えのする適度な重厚感と相反するドレープ製を特殊なフィニッシュで両立させ、仕立て上がると構築的なブリティッシュスーツに仕上がります。
プレステージ縫製とは?
ハイグレード縫製とは?
仮縫い
フルハンドメイド
エクセレント縫製
ヨークシャーテキスタイルズ
「ヨークシャーテキスタイルズ」の「ラグジュアリースーティングス」コレクションは100%スーパー100s'ウーステッドのツープライの糸で織り上げられた310gmsの合物スーツ地コレクションです。17.5マイクロンの原毛をツープライにすることで耐久性と皺の復元力を高めています。310gmsという重さも絶妙で秋から冬、梅春の時期まで長く着られるスーツ素材です。色柄はイギリスらしくベーシックでスタンダードで飽きのこないシンプルで伝統的な柄を揃えております。チョークドストライプから始まりピンストライプ、バーズアイ、ヘリンボーンと定番の色柄は常に世界中の多くの方々に求められています。
ヨークシャーテキスタイルズ
「ヨークシャー・テキスタイルズ」現社長、「Mr.エド・ウォーターハウス」の曾祖父「Mr.ロバート/ウォーターハウス」は1880年頃のギルバート・ウォーターハウスによって続けられました。
1946年にギルバートの息子セシル・ウォーターハウスがウールトップを生産する会社を立ち上げました。1950年にマーチャントビジネスにも進出し、Cecil Water Hous&Sons Ltd.はブラッドフォードで一番大きなウールトップのメーカーになりました。
1962年エドの父ビル・ウォーターハウスがこの会社に入りました。しかし、セシルは健康を害し、1964年に会社をWoolcombers PLCに売却しました。ビルは新しい会社で20年間ダイレクターとして従事し、この会社をヨーロッパで一番大きいWoolcombersメーカーにしました。ビルは1985年に営業部長としてBulmer&Lumg Groupに移りました。1987年Bulmer&Lumb はAllied Textiles PLCに売却されます。そしてトップ生産からTextitile生産までの一環紡績メーカーとなりました。ビルは工場長として従事します。そしてNew Bulmer&Lumb Groupは2005年「Taylor&Lodge In Huddesfildに吸収されます。
2005年にエドがTaylor&Lodgeに入社。父ビルと共に11年間経験を積みました。2016年ビルが54年間のTextile生活に終止符を打ったと同時に父ビルと共に新しいマーチャントブランドビジネスを始めました。何代にもわたる長いEnglish Textileの経験と伝統を商品に凝縮致しました。「ヨークシャー・テキスタイルズ」は最高の品質を誇るファブリックマーチャントとして知れわたるようになりました。
ヨークシャーテキスタイルズ
ヨークシャーテキスタイルズ
ヨークシャーテキスタイルズ
ヨークシャーテキスタイルズ