テーラー渡辺

「アリストン」「コンテンポラリー」春夏物コレクション。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

2019年【アリストン】【コンテンポラリー】スプリング&サマーツイルコレクションをご提案させて頂きました。コンテンポラリーとは?和訳すると「現代的」というように今を生きるビジネスマンやモードな雰囲気を好むおしゃれな方に最適なパターンを集めたコレクション。プルネール織りが故に皺の回復性にも優れ、ナポリの「アリストン」独自の風合いをそこねることのない光沢感と発色は他に類を見ない生地に仕上がっております。今回はイタリアらしい「夏の地中海風景」を想像するような発色の良い綺麗なチェック柄を中心に展開。全色柄の膨大なコレクションを紹介。裏表の色が違うツイル独特の織りなので背抜き仕立てはもちろんのこと半裏仕立て、アンコン仕立てにはピッタリのコレクション。イタリアのこじゃれたスーツにピッタリのパターンです。

プレステージ縫製とは?

ハイグレード縫製とは?

仮縫い

フルハンドメイド

エクセレント縫製

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

今回見逃せないのが春夏ものに最高のトレンドマテリアル「ブークレ糸」を使用したモダンなパターン。ブークレ糸はニットのように伸縮性のあるふわっとした微妙にゴージャスな素材。時にはクラシカルにそしてモダンなスーツの雰囲気をご要望の方には最適な柄です。

アリストン

アリストン

アリストン

こちらの柄は春夏物には珍しい「チョークストライプ」。チョーク(白墨はくぼく)で書いたような、やや太めで0.8〜2p位の感覚に繰り返されるたて縞で、ペンシル・ストライプよりも太い。ペンシルストライプやチョークストライプは、ウォール街で成功した銀行家Bankerやエリート金融関係者が好んで着ていたことから「バンカーストライプBanker's stripe」とも呼ばれています。理知的な雰囲気のスーツを仕立てたいのだったら最適な柄ですよ。

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

いろんなモチーフをほどこしたユニークでファンシーな柄を集めたファンシーパターンコレクションです。こちらの柄は、スターンダードな「ハウンドトゥース(Hound's tooth)。格子ひとつひとつの形が猟犬の牙に似ていることからの名前。「ドックトゥース」ともいう。日本では千鳥が飛ぶ姿に似ていることから「千鳥格子」、フランスでは「雌鳥(めんどり)の足跡」を意味する「ピエ・ドゥ・プールpied-de-depoule」という。通常のビジネススーツにはもちろんのこと、ファンシーなブライダルスーツやタキシードに使用してもとてもおしゃれなフォーマルスーツにもなりますよ。

アリストン

アリストン

テーラー渡辺

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン

アリストン 春夏物コレクション

アリストン 秋冬物コレクション

アリストンの歴史

アリストン

Napori
1920年代
アリストンのインパラート社はFerdinando Imparato(フェルディナンド インパラート)によって、ナポリに設立された。
フェルディナンドは叙情詩を愛した紳士で、イギリスの高品質な織物を、イタリアに最初に輸入した人物でもあります。
1940年代
この頃、経営は息子のGIOVANNI(ジョバンニ)に移った。この頃は、ファシズムや第二次世界大戦によって、イタリアだけでなく世界中が混沌としていたので、彼は大変な苦労を強いられた。高品質な生地を探し求めて、海外へたびたび足を運び、その経営努力と手腕によって会社を存続、拡大していった。
1950年頃
インパラート社の高品質な織物を追い求める精神から、Carlo Barbela(カルロ バルベラ) Cerrutti(セルッティ) Loro Piana(ロロピアーナ) Marzotto(マルゾット) E Thomas(イー トーマス) 等がメイン サプライザーとして選ばれた。
1965年頃
ジョバンニの息子であるGerardo(ジェラルド)とGovannni(ゴバンニ)は協力して、Attolini(アットリーニ) Kitton(キトン) Isaia(イサイア)等、高級プレタポルテの分野へも参入し、現在のClassico Italia (クラシコ イタリア)の生み出すことに貢献した。
1996年頃
ジェラルドの息子である、Amedeo(アメデオ)とGianpaolo(ジアンパオロ)は経営学終了後入社し、今までの伝統的なビジネスを損なう事なく、新たな営経営とマーケットを模索し、北イタリアだけに留まらず、海外(イギリス、アメリカ、日本、ベネズエラ、アルゼンチン等)へと幅広く進路を拡大していった。
またこの年、自社の生地に“ARISTON'S”(アリストンズ)と名付けた。
2001年6月
創業81年が経過し、アリストンのインパラート社は、ナポリからヨーロッパ最大のショッピングモールNola(ノラ)へ移転。それにより、高品質とファッション性を兼ね備えた生地コレクションに、スピード デリバリーを加えることに成功した。

アリストン

ご予約は携帯電話で

PageTop