テーラー渡辺

ブラックスーツ|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

ブラックスーツ

冠婚葬祭 フォーマルスーツ

【ブラックスーツ】とは黒の礼服地で仕立てた背広をいいます。ビジネスに使うオーダースーツとは、まったく違うスーツのことで、冠婚葬祭、あらゆるシーンに使う【フォーマルスーツ】のことです。
【ブラック フォーマル スーツ】のシーンについて、そのデザインにおいてはダブルとシングルがありまして、そのどちらを選んでもかまいませんが、以前は礼服といったらダブルのブラックスーツと高年齢の方には決まりごとのようになってた時期がありました。しかしここ最近、フォーマルスーツとしてオーダースーツの状況は、老若男女問わずほとんどの方がシングルのブラックスーツになりました。
もともと、シングルのほうが、流行の感覚がシルエットの面で打ち出しやすく着こなしの幅も広いのでフォーマルスーツにおいてはシングルで決まりというのが現状です。
いろいろ考えてみると、やはりフォーマルのブラックスーツはオーダーですよね。

ニッケ

ブラックスーツ

ブラックスーツの着こなしの基本的な注意点として守らなければならないのは、祝儀の場合(結婚式や祝典など)と不祝儀の場合とをはっきり区別させることです。
原則的には祝儀の場合には白またはシルバーのタイ、不祝儀の場合には黒または黒の共柄のタイ、というのが世界的なルールとなっております。祝儀(ブライダル)の場合には、クラシックな黒白レジメンタルストライプのタイでもかまいませんが、「ブライダル」のフォーマルスーツにおいて、このタイはどんな場合でも蝶タイ型ではなく必ず結び下げの幅タイにするのも原則です。フォーマルシャツはどんな場合でも白無地が基本になりますが、実は、このシャツをありあわせの白無地を流用させるのではなく、できるだけ新しい高級なものをあわせてもらいたいです。何度も洗濯を繰り返したくたびれたビジネス用のホワイトシャツでは不思議と礼装の核となるフォーマリティーな感覚が失われてしまうからです。
フォーマルスーツにおいて祝儀と不祝儀の区別はネクタイの違いなのですが、これともう一歩進めて、もっとドレッシーな感覚が漂ってきますと、カフス釦やタイピンを祝儀の場合にはシルバーや真珠や貴石を使ったものしにして、不祝儀の場合にはそれを黒にするという変化をつけると、かなり改まった気分になるものです。これと同じように、シングルのブラックスーツに合わせるドレスベストも祝儀の場合にはシルバーやグレーを基調としたものにして不祝儀の場合は、スーツと共の黒にするという変化のつけ方がそれなりの効果を発揮いたします。靴は黒のドレススリッポンか無飾りの紐留のストレートチップで、靴下は無地の薄手な異論の、なるべく丈が長い、すねを完全に隠すものにします。胸ポケットに飾るハンカチーフは白無地をTVホールドまたはスリーピークにたたむ、シルクは三角を上にするクラッシュホールド、または真ん中をつまんで入れるアイビーホールド、それをあまりポケット口から大きく飛び出さないように入れたいですね。それがブラックスーツの基本的な注意点です。

カノニコ

長大毛織

ブラックスーツ

ブラックスーツ

ブラックスーツ

ブラックスーツ

エルメネジルドゼニア ディープブラック

ブラックスーツ

タキシード

ディレクターズスーツ

モーニングコート

フォーマルベスト

コールズボン、縞ズボン

世界の有名ブランド

ハダーズフィールド

アリストン

カチョッポリ

ドラッパーズ

チェルッティ

チェルッティ

カルネ

ホーランド&シェリー

フォーマルに欠かせないアクセサリーの数々

フォーマルタイ&ユーロタイ

チーフ

フォーマル アクセサリー

スタイリッシュ フォーマル

フォーマルウェアについてなぜこだわらなければいけないか、その理由。

フォーマル・ウェアのブラックスーツを仕立てる上での前提条件としては、この種の礼服が相手の為に着るというのが第一条件でありまして、相手とか、そのパーティーや会合に招いてくれた主催者とそこに集まる人達です。特にこうした心がけが必要なのはセレモニーとして区別される儀式的な集まりでありまして、結婚式、葬式、公的な会合、などがそれに当たります。こんなときに選ぶフォーマルウェアは、参加者が着てくるであろうと思われる礼装を選ぶのがエチケットなのです。カジュアルウェアでは、他人と違った自分の好みのものを個性的に選び着こなすのがしゃれでありシックですれど、セレモニーフォーマルの場合は他人とできるだけ同じ服装をするのが基本でありマナーなので当店でもフォーマルウェアをオーダーする場合お客様にそうお話をしております。
白襟(しろえり)
白襟とは、通常フォーマルのブラックスーツを着る場合、オーダーのベストは通常モノトーン色が決まりのシルバーグレーのベスト、もしくは上下の共生地で仕立てる黒のベストになります。ただ、黒のみのベストの場合は、お葬式・告別式・その他の弔辞に使うのみなのです。式典・結婚式・その他の祝宴の場合はこの白衿をつけるのです。
そのいわれは
遠い昔のヨーロッパ「ロココ調時代」にさかのぼります。
その頃の男性の服装は【フロックコート】でした。もちろん、お祝い着もその服を着ておりましたが寒い冬の時期、外で祝いの式をする場合、当然寒いです。しかし、しきたりを重んじる当時のヨーロッパ人はコートは着てはいけません。その為、コートを着ない代わりにベストを二枚着ることになりました。その中の二枚目のベストが除いている名残りが今の白襟になったわけです。
フォーマルウェアの場合なぜサスペンダーをするか。
式典の場合、ベルトのバックルの金属の光がきらきらと見えることが昔のフォーマルウェアにとって本来いけないことだったそうです。その為、昔のフォーマルウェアの場合、サスペンダーでズボンを吊り上げることになったそうです。本来、サスペンダーで吊り上げたほうがヒップラインは抜群に綺麗なシルエットになるので、当店でオーダーした時「サスペンダーで吊り上げたほうがいいですよ」。とお薦めしております。

お客様のフォーマルスーツ

PageTop