テーラー渡辺

「アリストン」リネン&コットンコレクション。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺
アリストン
【アリストン】「リネン&コットン」コレクション。
ビジネスにもカジュアルにもオン・オフなんても着こなせる、リネン&コットンのジャケットとスラックスは春から猛暑の夏には一番のアイテムになることでしょう。
発色が非常に良いのはイタリア産に限ります。コットン特有の多少タイト(窮屈感)に感じる欠点を克服できるストレッチ素材。そして定番中の定番、コードレーンから、シアサッカー地を,その他色柄、多数に渡ってラインアップいたしました。今年はコットンジャケット、コットンスーツでこの季節決めてみませんか。夏はなんといってもオーダーのリネン&コットンのスーツ&ジャケットですよね。
アリストン
アリストン
アリストン
アリストン
アリストン
ちょっと小粋なダブルバーの「ロンドン・トラックストライプ」。リネン素材だから軽く涼しく着こなしてもらいたいですね。
プレステージ縫製とは?
ハイグレード縫製とは?
アリストン
アリストン
ファンシーな花柄のコットンファブリック。カジュアルチックですが一見ドレッシーにも見えるアダルトな方にお勧めです。
アリストン
【アリストン】「ワッシュド・エフェクト」一見洗いざらしの風のファブリック。コットンにウールがブレンド。表面がザラッとした風あいのマテリアル。ウールがブレンドされているのでコットン独特の硬さがないので着心地抜群のジャケット&スーツに仕上がるでしょう。
アリストン
アリストン
ファンシーな迷彩柄のコットン地。カジュアルはもちろんのことビジネスにも使用範囲の大きいドレッシーなコットンファブリック。
アリストン
アリストン
「ソラーロ」とはイタリー語で「太陽」を意味する言葉。
さすがイタリア人、色彩については「天才です」。発色も良く、紫外線に当たると玉虫色のように輝くマテリアル。すでに他店のホームページに載っているのでご存じの方も多いはず。表側と裏側の色が違っているダブルフェイスも特徴のひとつ。生地にもハリがあるので耐久性抜群。今までに無いマテリアルなのでお洒落な方にはワードローブの一つにしても良いはず。弾力をもって体の動きに合わせて虹色に流れるコットン・ファブリック。
アリストン
アリストン
【シアサッカー】
「シアサッカーとは、経糸に二重ビームと言う装置を使って聴力の違う2種類の糸を用いることで、縞状に縮ませて織ることで作られた縮みであるから永久的に縮れが戻ることはありません。
縮れの効果で、ボディーと布の間に隙間ができることによって涼しさを感じる効果ができて暑い猛暑の中でも心地よくいられるので「サマージャケット」には最高のマテリアル。
アリストン
アリストン
霜降り調の「シャークスキン柄」のビジネススーツに使用できそうなコットン地。ジャケットだけでなく、スラックスも仕立ててスーツにしても良いファブリック。
アリストン
アリストン
オーダージャケット・オーダースーツ用インディゴブルーカラー、デニムのジーンズ地。
アリストン
表面が綺麗なギャバジン織りの「ダブルツイスト コットン」生地。
アリストン
アリストン
アリストン
アリストン
「アリストン」ストレッチのコットン。コットンの欠点であるきつさを感じずさせないのでタイトなデザインのジャケット・スーツには最適なマテリアルです。
アリストン
アリストン
アリストン
「アリストン」表面がキャンバス地のストレッチコットン。スーツ地にピッタリのマテリアル。
アリストン
アリストン
アリストン
「アリストン」表面がマットで綺麗なツイル織りのストレッチコットン。
アリストン
アリストン
色が綺麗で綾目がやや強い「キャルバリーツイル織り」に似たコットン地。ドレッシーなジャケット・スーツには最適なマテリアル。
アリストン
綾目が強いツイル織りのリネン地。
アリストン
アリストン
アリストン
アリストン
滑らかな肌触りで柄が霜降り調のベーシックでスタンダードなリネン地。麻は古代エジプトの頃から人々に愛されている一番古くからの繊維素材。化学繊維とは違い人の肌に一番なじみが良く表面は独特のさらさら感があり、暑い日差しの中で汗を大量にかいても麻は汗の吸収率がとても良いし、夏の強い紫外線も大幅にカットされるから、着ているだけでとても快適にいられます。オーダーメイドがお好きで、おしゃれな方だったらなんと言っても是非とも、加えておきたい夏のワードローブのひとつといえますよ。
アリストン
アリストン
アリストン
アイリッシュリネン。「アイリッシュリネン」とは?美しい光沢とハリの良さが特徴とする、北アイルランド地方で栽培・収穫されたフラックス(亜麻アマの繊維名)を紡いで織られた、しなやかな繊細な質感を持つ最高級リネンです。 イギリス王室御用達の最高品質リネンとしても知られる。リネンは「柔らかく、さらりとした肌触りで、吸水性・発散性・速乾性に優れた高機能が特徴の天然素材」。で、その中でも最高峰。しかも艶があり金色っぽい色が特徴で「ゴールデン・アイリッシュ」とも称される価値あるリネン地。
アリストン
アリストン
アリストン
アリストン
アリストン
アリストン
アリストン
アリストン 春夏物コレクション
アリストン 秋冬物コレクション
アリストンの歴史
アリストン

Napori
1920年代
アリストンのインパラート社はFerdinando Imparato(フェルディナンド インパラート)によって、ナポリに設立された。
フェルディナンドは叙情詩を愛した紳士で、イギリスの高品質な織物を、イタリアに最初に輸入した人物でもあります。
1940年代
この頃、経営は息子のGIOVANNI(ジョバンニ)に移った。この頃は、ファシズムや第二次世界大戦によって、イタリアだけでなく世界中が混沌としていたので、彼は大変な苦労を強いられた。高品質な生地を探し求めて、海外へたびたび足を運び、その経営努力と手腕によって会社を存続、拡大していった。
1950年頃
インパラート社の高品質な織物を追い求める精神から、Carlo Barbela(カルロ バルベラ) Cerrutti(セルッティ) Loro Piana(ロロピアーナ) Marzotto(マルゾット) E Thomas(イー トーマス) 等がメイン サプライザーとして選ばれた。
1965年頃
ジョバンニの息子であるGerardo(ジェラルド)とGovannni(ゴバンニ)は協力して、Attolini(アットリーニ) Kitton(キトン) Isaia(イサイア)等、高級プレタポルテの分野へも参入し、現在のClassico Italia (クラシコ イタリア)の生み出すことに貢献した。
1996年頃
ジェラルドの息子である、Amedeo(アメデオ)とGianpaolo(ジアンパオロ)は経営学終了後入社し、今までの伝統的なビジネスを損なう事なく、新たな営経営とマーケットを模索し、北イタリアだけに留まらず、海外(イギリス、アメリカ、日本、ベネズエラ、アルゼンチン等)へと幅広く進路を拡大していった。
またこの年、自社の生地に“ARISTON'S”(アリストンズ)と名付けた。
2001年6月
創業81年が経過し、アリストンのインパラート社は、ナポリからヨーロッパ最大のショッピングモールNola(ノラ)へ移転。それにより、高品質とファッション性を兼ね備えた生地コレクションに、スピード デリバリーを加えることに成功した。
アリストン
ご予約は携帯電話で