テーラー渡辺

「ソルビアティ」「ライトフランネル」コレクション。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

ソルビアティ

マーリングエバンス

「ソルビアティ」からの「ライトフランネル」コレクション。イタリアらしい260g/270gのやや軽めのライトフランネルです。色柄は35色柄。ストライプからグレンチェックからタータンチェック、チョークドネイトストライプにハンドトゥースと多彩な色柄のコレクションになっております。ライトでクラシカル、ヴィンテージ風の趣薫る、豊かな表情のストライプフランネル。フランネルというと「厚つみがあって重たい」と言う人にはこのライトフランネルは軽くてとっても暖かく暖冬の冬には最適のマテリアルです。

ソルビアティ

ソルビアティ

プレステージ縫製とは?

ハイグレード縫製とは?

仮縫い

スプレンディッド縫製

エクセレント縫製

ソルビアティ

ソルビアティ

ソルビアティ

ソルビアティ

ソルビアティ

ソルビアティ

ソルビアティ

ソルビアティ

ソルビアティ

ソルビアティ

ソルビアティ

ソルビアティ

ソルビアティ

ソルビアティ

ソルビアティ

ソルビアティ

ヴィクトリオ・ソルビアティの研究開発は、リネンの世界に「静かな革命」を引き起こしたと言われます。とはいえヴィクトリオ自身は、これは革命ではないと言います。革命とはそれまで存在しなかったものを発明すること、自分が長けていたのは「すでに存在するものを変えること」だと言うのです。
このことをよく示すのが、リネンクレープの開発です。それまでの紡績方法に、ヴィットリオはねじり工程を加えます。それにより、ファブリックに美しいドレープが出るようになりました。
極細糸に加工を施して、より良い質感を生み出す方法や、色に曇りがかったウォッシュ効果を出す方法も、彼が開発したものです。また、コットンリネン、カシミヤリネン、アルパカリネンなど様々な混紡を開発し、最高品質の単糸を次々と生み出しました。こうした革新的開発はどれも、過去のアーカイブやスケッチ、歴史的ファブリックをよく調べた上での、細部まで妥協を許さない開発姿勢によるものです。アーカイブに何度も立ち返っては、歴史を洗練された抑制美へと昇華させるのが、ヴィットリオの得意とするところでした。古今の芸術文化運動を大事にする日々の姿勢も加わり、「ソルビアティ」はいつしか唯一無二のオリジナリティを社風とする会社へと成長しました。

ソルビアティ

リネンはヨーロッパでしか生産されない植物繊維(フラックス)を原料とするファブリックです。当時はフランスとアイルランドからの輸入品で、ほとんどが生活用品に使われ、衣料品になるものはまれでした。色も「クルーズ」と呼ばれる白、「マネージャー」と呼ばれるベージュ、「ベネチア祭の夜」と呼ばれるブルーのみで、市場規模の小さなニッチ商品だったのです。
そんなリネンに注目したのが、文学や芸術に造形の深いヴィットリオ・ソルビアティでした。異色の起業家である彼は、実業家である前に文化人でした。リネンが衣料品に使われ、あっという間に大成功を収めたのは、ほかならぬ彼の力によるものです。その成功の陰には献身的な努力と、幸運な出会いがあるからこそ、今では「世界一のリネンメーカー」と謳われるのです。

ソルビアティ

リネンのしわこそはエレガントだという考え方は、すぐに広まりました。かつては欠陥で受け入れがたいと思われていた性質が、長所であり持ち味となったのです。洗練とエレガンスの象徴として世界中の人が憧れる有名人が、「しわの寄ったリネン」をカジュアルウェアとしてこぞって買い求めました。
イタリア国内外の新進気鋭のデザイナーも。世界中にリネンと普及させる大使となりました。有名新レーベルが続々とリネンのアパレルを発表すると、イタリアのリネン紡績業は世界一へと成長します。その動きを率いたのが、他ならぬサンモーレ・ソウビアティ・サシルでした。増え続ける市場の需要に応えるため、ミケーレ率いるソルビアティは工場の拡大と増産を続けます。扱う製品もリネンとコットンだけでなく、ウールやシルクへと拡大します。
ソルビアティは、こうして培った多彩な製品、豊富な実績、そして高い品質を生かし、2000年代には家族用ファブリックと糸の販売にも進出しました。
今やソルビアティは、テキスタイル業界のスタンダードとしての地位を確立し、最高品質の製品を提供する企業との評価が確立しています。長年の実績のおかげで、毎シーズンの市場のニーズにも敏感に対応。リネン、カシミヤ、ファインウールまでさまざまな種類のファブリックを、洗練された多彩な混紡で提供いたします。ソルビアティはこして専門性を高め、独創性、革新性、そして質の高さで知られるに至りました。いずれも、メイド・イン・イタリーの製品が世界的に有名になるにあたり、不可欠な要素です。Solbiati社は、1874年に生地商として設立されました。当時はベルベットやコーデュロイ、サテン生地を販売していました。第一次世界大戦前年にコットンやシルクの織物会社に業態を変え、戦時中に軍隊にその生地を提供していました。はじめの転機は1933年、コットンやシルクを主力製品とする一方、レーヨンやビスコースを使用した生地を始めました。1960年代になると、安く人工的なレーヨンやビスコースの生産を取りやめ、リネンを中心としたものづくりに方向転換しました。当時リネンは家庭用リネンとしてフランス、アイルランドから輸入され、衣類に使われることはほとんどありませんでした。すなわち「ニッチ製品」でした。以降、通常用リネンを柔らかくする方法を見つけたことにより、素材のバリエーションも広がりました。このようなリネンメーカーとして成功を収めたSolbiati(ソルビアティ)社を、ロロ・ピナーナ社は2013年に傘下に収めました。

ソルビアティ

ソルビアティでは、家具、絵画、プリント、その時代の特徴をよく表す調度品、貴重で風変わりな装飾、一点物のレプリカ、過去と現在の芸術家による偉大な作品などが、良好な状態で保管されています。他に類を見ない特別なフォルムから大衆化したフォルム、有名から無名に至る一つひとつの作品が、思想と研究の変遷にヴィクトリオがあくなき関心を抱いていたことを、雄弁に物語っています。こうした作品のすべてが、ヴィットリオが生涯をささげた商品開発に影響を与えています。仕事と生活、芸術と職業を一体化させるのが、彼の理想でした。世界中にリネンというファブリックの素晴らしさを伝えたい、その質の高さを十分に表現する独自のスタイルを持つ会社を築きたい・・・・そう彼は考えていました。

ソルビアティ

ヴィットリオ・ソルビアティは1933年生まれ。ミラノのカトリック大学法学部卒業後、ケンブリッジやパリに留学。1958年にソルビアティに入社したときは、営業担当者からのスタートでした。
営業マンだったからこそ、彼はテキスタイル業界を1960年代に襲った危機を肌で知ることとなります。当時のイタリア経済は急成長期にありましたが、綿産業は右肩下がりで、多くの老舗企業が縮小や撤退を迫られていました。
新しいアイデアと勇気、そしてそれまでにない機動力と革新性が求められていました。ビットリオ・ソルビアティは正しい決断を下します。価格の安い化学繊維からは撤退し、リネンに焦点を絞ったのです。

ソルビアティ

ミーケレ・ソルビアティ社は1874年、イタリアのブスト・アルシツォで、ミーケレ・ソルビアティ氏によって創業されました。以来拡大を続け、約100年後にはリネン業界の世界トップ企業へと成長します。創業当初は時代の要請に合わせ、行商人にベルベットやファスチアン織り、厚手のサテンなどを販売する小さな会社でした。第一次世界大戦前夜、ミーケレは3人の息子たち(エネア、カルロ、レオポルド)に会社を引き継ぎます。三兄弟は父の小さな会社を大きなテキスタイル企業へと育て、まもなく輸出も手がけるようになります。
第一次世界大戦が勃発する頃には、ソルビアティは軍需企業として確固たる地位を築いていました。軍需品の製造は大戦中、そして1920年代も続きました。転機が訪れたのは1933年、ベッピー・ソルビアティによるSASIL創業がきっかけです。自給自足経済を目指す当時の風潮に反応した彼は、この会社でレーヨンやヴィスコースなど化学繊維の製造を手がけます。両者はその後合併しMichelu Solibiati Sasll Spaとなりますが、それまでは綿・レーヨン製品メーカーと、絹製品メーカーに分かれて発展を続けました。1956年、四代目となるビット利と・ソルビアティが入社。彼は、1960年代以降のテキスタイル業界全体が直面する危機に立ち向かうこととなります。

ソルビアティ

PageTop