テーラー渡辺

ツィードジャケット/永くいたわって着たいツィードジャケットは冬のワードローブの鉄板定番。

テーラー渡辺
ツィードジャケット&タブカラージャケット
ツィード ジャケット
ツイードジャケット
男のベーシックなウェアに、ツイードは絶対に欠かすことのできない素材です。
「ツィード ジャケット」とはツィードを使ったジャケットの総称を言います。そもそもツイードとは本来、英国スコットランド、及びアイルランドを主要産地とする高地の半ば野性化した原性種の羊からとれる、粗い手触りの太く短い羊毛で織られた紡毛毛織物のことです。ガンクラブチェック、グレンチェック、ヘリンボーンなど、当店でもいろいろなオーダーでのツイードジャケットの柄を豊富に取り揃えております。ツイードジャケットのオーダーでのデザインも、ベーシックに英国調にすると、雰囲気も出ていい感じになりますよ。もちろん、柔らかい芯でイタリア調に仕立てても軽くて暖かく冬には定番のワードローブに一着あると便利です。秋から冬の定番素材として人気が高く、本格派のマテリアルといえますし、着こなしの幅も広いです。ファッション・ファブリックとして使われるツイードは、パターンによっても大きく印象を変えます。いろいろな柄を持って仕立てるのもいいですし、せっかくオーダーでツイードジャケットを仕立てるのですから肘が抜けたらエルボウ・パッチなんか付けても良いから、自分の皮膚の一部に見えるほどに、いたわって大事に着たいものです。ツィードジャケットは使えば使うほど味が出てくる不思議な服ですからね。
オーダージャケット プライス
イギリスの四大ツイード
ハリスツイード
ドネガルツイード
シェットランドツイード
チェビオットツイード
ノーフォークジャケット
ノーフォークジャケット
ノーフォークジャケット
本水牛ボタン・ナットボタン・蝶貝ボタン・皮ボタン・メタルボタン
タブカラージャケット ツイードジャケットタブカラーの名前どおり、上衿の先にボタン
ホールと、その反対側にはボタンがついて
おり、雨や風が強い時に防寒の為に衿を
立ててボタン止めをしていた時の名ごりで
今ではツイードジャケットのおしゃれな
ディテールになっております。

ツイードジャケットツイードのスポーツジャケットらしく
脇ポケットはアウトポケットですが
単なるアウトではなくひだがついた
ちょっと違ったデザインです。

ツイードジャケット柄の二大双璧、ガンクラブチェック柄
ガンクラブチェックジャケット ガンクラブチェックジャケット 白地に黒とグレーの色違いの二種類の
シェパードチェックを組み合わせた小さな
チェック柄のことをガンクラブチェックと言います。
ガンクラブチェックとは、アメリカ東部に実在した狩猟倶楽部のひとつが1874年に作ったユニフォームに、このパターンを使用したことからがその名前になったそうです。ガンクラブチェックはスポーティーなパターンの代表格で、二色の格子が重なり合って出来ているのが特徴で、またの名を二重弁慶格子とも言います。ガンクラブチェックですから、カントリージャケットとしてお仕立てしても良し、スポーツジャケットでもいいですし、ノーフォークジャケット、その他スポーティーなトップコート。変わったところで、ニッカーやディアストーカーまたの名をハンチング・キャップ(鹿狩帽)など、伝統的なものに使われると素晴らしい効果と発揮いたします。ガンクラブチェックジャケットは柄地体に特徴の強く出た柄ですから写真のようにあまりデザインに、こだわらずに、さらりと使うのがツイードジャケット地のガンクラブチェック柄を生かすやり方かもしれませんね。
ツイードジャケットに使用されるツイードとは?
そもそも、ツイードジャケットに使用されるツイード生地の定義は、スコットランド南東部のスコティッシュ・ボーダーズを流れるツィード川。世界的に有名なテキスタリルでありますツイードは本来、この河畔に生息するチェビオット種から取れた羊毛を原料に、重圧で粗目に仕上げた羊毛繊維の名称であります。草木染めの糸で紡いだ紡毛糸を、手作業によって経糸、緯糸各4本で構成される4枚斜分組織に織り上げられているのが特徴です。その手触りは非常に祖剛であり、 縮絨や起毛を施していないことから折り目がハッキリしております。また、ツイードは本来綾織で織られておりましたが、家庭内で手紡ぎした太い糸で手織りにする平織り組織のホームスパンも、ツィードとして認知されるようになっていきました.。こんな経緯があるので、現在はツイードの明確な定義づけは非常に難しいようです。強いて言えば、英国やアイルランド産の羊毛を使った、起毛や縮の生地仕上げを行わないクラシックな製法で作られた毛繊維というところでしょうか。
しかし、英国産でも産地や羊の種類、登録名や見る(工場)によって名称が変わるなど分類は難解です。当店でもブリティッシュウールを使用して日本のミル(工場)でおってもツイードとしてジャケット素材になるなど、その通り難しいようです。こうした奥の深さもまた、ツイードという毛織物の魅力の一つなのかもしれませんね。
ハリスツイードには、ミディアムウェイトとヘビーウェイトがあるのを知ってました?
ハリスツイード ハリスツイードジャケットの生地には本来2種類のウェイトがあります。一般的には知られておりません。
通常巷にあるのが、だいたいミディアムウェイトです。
しかし本格的なツイードジャケットを仕立てるのでしたら、なんといってもヘビーウェイトじゃないでしょうかね。生地の目も積んでいるので、しっかりしていて丈夫ですし。どうせ仕立てるのでしたらなんたってヘビーウェイトですよ。ヘビーウェイトのハリスツイードの生地で仕立ててヘビーデューティーに着こなしましょうよ。ちなみに向かって左と真ん中が「ミディアムウェイト」のハリスツイード生地。右上が「ヘビーウェイト」のハリスツイードジャケット地です。
ドネガルツイードもご用意いたしておりますよ
「ドネガル(ドニゴール)ツイード」は温かく耐久性があり、ネップ(節)のある見た目が特徴の目の洗いアイリッシュツイードで、アイルランド北西にあるドネガル洲から名前が取られました。基本の色と相反した不揃いのスラブ糸の平織りが特徴とされ、紡毛糸を使って織られています。色が付いた「ナブ」や「ネップ」や「ノブ」=(小さな塊)はがっしりしたフェルトのようなウールのつぶつぶが紡毛機に入り、紡いだ糸の中にその生地に「Salt&peppar(霜降り)」の効果があるといわれています。伝統的には。人々が黄色の花を付けるハリエニシダやオレンジ色のした苔、真っ赤なホクシアや濃い紫のブラックベリーなどから色をとっただろうと言われ、その色がドネガルツイードのファインを魅了したとも言われています。「ドネガル」という言葉は、現在では白や明るい色の小さなかたまりが入ったツイード風の平織りにも使われています。「kilcarra Donegal(キルカッラドネガル)糸」は唯一のアイルランドで紡がれた本物のドネガル糸になります。
シェットランドツイードもご用意いたしておりますよ
「シェットランドツイード」はスコットランド北東に位置するシェットランド諸島でとれたウールがその名前の由来。その地域の冬は極端に昼が短く荒天が続く反面、夏は昼が長く適度な気温と湿度があります。この激しい寒暖の差が、粗い毛と短い毛とを密生させた羊を育む。その希少な原毛をスコットランドで加工後、島内で手作業によって織り上げるのが「シェットランドツイード」です。その生地の味わいはアルパカに似た柔らかな羊毛を用いるためハリと柔軟性とのバランスが取れており、三大産地の中では最もソフトな風合いを持っています。当店にたっぷりとサンプルがございますのでどうぞご覧に御来店下さい。
2011年12日10日当店ブログにて
「秋田県の○○さまー。ハリスツイードジャケットが仕上がりましたよーー!!」。
遠いから聞こえるかしら。
ホームページのおかげでしょうか、頻繁に各地方からのお客様もご来店いただけて、本当に私自身驚いております。その中でも、先日の日曜日でしょうか、お店にご来店いただいた方で、何のメールのコンタクトもなくあの遠い、遠い、秋田県から急にお二人で来られました。しかもスーツケースのガラガラを引っ張って・・・。正直言って、私もホームページにも書いているように無料出張販売を売りにしている通りに、いつも店にいるわけではありません。ですから、できたら「コンタクト」のなかにメールで日にちと時間を書いていただきたいところです。突然秋田県からご来店された方に「私も、たまたまお店にいたのでよかったですが、もし私が外に営業で行っていてお店にいなかったらどうしたのでしょうかね」。と質問をするとお客様も「いなかったら、近くで食事でもして帰ろうかと思いました」。とあっさりおっしゃってました。とにかく私もお店にいてほっと、ほっといたしました。その時に御注文したハリスツイードのジャケット、なかなかよくできましたよ。お客様ご指定の、グリーンのペイズリー裏地でお仕立ていたしました。きっと喜んでいただけると思いますが、現在時間も遅いことですし電話してもお出にならないので、又明日にでもご連絡しようかしらね。ちなみに今回のお客様、年齢を聞くと50才。身長が約180pで顔があの ひげを生やしたフランス人のアクター(役者)。最近ではソフトバンクで「どらえもん」の役をやっている「ジャンレノ」 そっくり。私から見たら、「うわ・・・かっこいいな。随分もてるんだろうな・・・」。これはたぶん年齢が現在50才でもあっちの方も(恋愛状況)まだ現役なのかな・・・。なんて思うのは私も下品でしょうかね。再び私の妄想が始まったかな。