テーラー渡辺

ステンカラーコート・バルカラーコート・バルマカーンコート|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺
ステンカラーコート・バルマカーンコート
ステンカラーコートは最もスタンダードなコートの古典派です。これは第一釦を外しても留めても着られる衿型のことで、衿を立てて釦を留めると少々の雨風(あめ・かぜ)を凌ぐことができ、体温を保護することが出来ます。
ただし、ステンカラーコートの名称は和製英語で、スタンドフォールカラーというのが訛って、ステンカラーになったという説が有力です。正式名称はバルマカーンコート(バルカラーコート)と言います。
そもそもバルマカーンコート(バルカラーコート・ステンカラーコート)とはスコットランドの、とある地名です。
1850年頃からこの地で着用された、ゆったりとしたラグラン袖の七分丈ほどの末広がり型のものがそのコートのオリジナルであったとされます。それがシンプルな構造にアレンジされ、タウンコートの代表格として今もなお愛され続けているのです。コートの衿の名称も短縮してバルカラーとも呼ばれていますし、防水コートにも見られます。
ステンカラーコート・バルカラーコート・バルマカーンコート
ショルダー
ラグラン・ショルダー ラグランショルダー セットイン・ショルダー セットイン・ショルダー
ステンカラーコートと言ったらラグランショルダーでしょうか。ラグランショルダーとは、袖がたっぷりに裁断され、袖付けの縫い目が両方の袖ぐりから前も後ろも袖まで達しています。ゆったりフィットするコートで、この名前は、クリミアにおけるイギリス軍の司令官、初代ラグラン男爵にちなんでいます。
戦争中、塹壕の中で負傷した兵士に肩に楽にかけられるように考案したとされております。
ラグランショルダーに比べて、最もシンプルなショルダーで、セットインショルダーとは、普通肩の事です。
ラグランショルダーは袖を下げている状態は楽ですが、このセットインショルダーのほうが手を上げるにはこちらのディテールがより楽に上がりやすくて、いいようです。どちらも特徴のあるショルダーになっております。お客様のお好みでディテールはお選びされたらいいでしょう。
衿腰
首の周りに沿って、上衿の下につける布部分です。
その布が描くカーブによって上衿の高さやラインが形づくられます。
衿腰切り替え(シャツカラータイプ) シャツカラータイプ セミステンカラー セットイン・ショルダー
衿腰を切り替えすることにより、前腰、後ろ腰が立って首筋を保護しやすくなります。衿腰が立っている状態がお好きな方にはこちらをお薦めいたします。衿を立てて首を守って歩くと、暖かいだけでなく落ち着きます。 衿腰が一枚衿のため衿腰が寝ている状態になっております。首筋が安定している状態がお好きな方にはこちらがいいでしょう。衿を立てるとしたら後ろ腰をめくって立てればおしゃれですよ。
スリーブ
カフス・ストラップ カフス・ストラップ ナチュラルスリーブ ナチュラルスリーブ(袖本あき可能)
袖口から入り込む雨風を防ぐストラップ。
今ではおしゃれなディテールになっております。
通常の袖口。袖口を本あきにする事も可能です。
ハリスツイード オーバーコート
ベルテッド オーバーコート
オーバーコート
チェスターコート
ステンカラーコート バルマカーンコート
マオカラーコート マオカラージャケット
レディースオーダー「オーバーコート」
アンコンオーバーコート
あらゆる帽子をオーダーいたします。
テーラー渡辺