テーラー渡辺

ノーフォークジャケット/ザゲストスーツ|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺
ノーフォークジャケット ザゲストスーツ
ノーフォクジャケット
ノーフォークジャケットにおいて、巷の洋服屋さんが背中にアクションプリーツ(ひだ)を施しているだけの上着を総称して「ノーフォークジャケット」だとお客様に勧めているようですが、それだけでは本来の「ノーフォークジャケット」とはいえません。
「ノーフォークジャケット」とは、1860年代にイギリスのスコットランド、ノーフォーク地方のノーフォーク公爵が狩猟用に着ていたジャケットが発祥とされている。このように「ノーフォークジャケット」の源流はスコットランドの森で狩猟用(HUNTING)に着られていただけに、ディテールやデザインにおいてもその独特の名残を残しているので、衣服の性格性がはっきりしている。馬に乗って獲物を生け捕りする鹿狩りやキツネ狩りの時に胸や背中に襞を入れウェストのまわりに、ベルトがついたクラシックなスポーツ・ジャケットが基本的な「ノーフォークジャケット」のデザインなのですが、それだけでは本来のノーフォークジャケットとはまだいえません。
それを今回【職人】の私がオーダーメイドで仕立てたノーフォークジャケットでご説明いたします。
ノーフォークジャケット
シングル、3ボタン段返りジャケット。
ボタンはレザーのバスケットボタン。
理由は、ハンターが隠れて鳥を撃つ場合太陽光線にボタンが反射しない為にレザ−のバスケットにしたそうです。しかしそういっても反射するのは反射しますがね。

ノーフォークジャケット
ノーフォークジャケットタブカラー
ハンターはライフルを撃ちやすくするためにコートを
着ません。その為に風除けのために襟を立たせて
アジャストするスロートタブが付いている。
反対側の衿の先にも釦がつけられている。

ノーフォークジャケットアクション・プリーツ
狩猟の時に背中を丸めやすくするため
運動量としてのプリーツ襞(ひだ)。

ノーフォークジャケット ハンターが弾丸の弾を落とさない
ように工夫した越ポケットにも
ひだ付きマチまで付けたポケット。

ノーフォークジャケット 袖口を丈夫にするためのダブルカフス
ノーフォークジャケット ジャケットであるにも関わらず、ウェストにはコートのようなフィット感を得るための
オールラウンドベルトが付く。狩猟の時のものをフックする役割にもなっている。
ノーフォークジャケット【キャスケット】は鳥打ち帽の一バリエーションで、四枚か、六枚し、多くは八枚ハギのゆったりとしたタイプをいう。主にツイード製で仕立てる場合があるため、ジャケットやコートを仕立てる時オーダーすればオリジナル・カントリースタイルの典型としてコーディネイトには最良のキャップになる。 ノーフォークジャケット「ポークパイハット」はクラウンの上部が、ちょうどポーク・パイ(料理の肉入りパイ)のような形に仕上がっているところからついた名称。クラウンの緑を残して、中央部が一段凹んだスタイルが特徴で、よくフランク・シナトラがかぶっていたのが、このタイプです。別名、テレスコープとも呼ばれている。
キャスケット ポークパイハット
ノーフォークジャケット
柄は昔からの伝統ある「ブラックウォッチ」柄。
「ブラック・ウォッチ」とは「ブラック・ウォッチ・タータン」ともいう。紺と濃緑と黒で構成されるダークなタータン・チェック。スコットランドの歩兵連隊であるロイヤル・スコットランド連隊を象徴する「レジメンタル・タータン(連隊タータン)として着用されている。ブラックウォッチは「黒い監視兵」の意味で、18世紀の中頃にハイランド監視兵中隊として編成され、通称ブラックウォッチと呼ばれたロイヤルハイランド連隊をいう。ブラックウォッチタータンは、連隊タータンとして使用されていたもの。一時期、反乱軍の中心となっていたハイランダー(スコットランドのハイランド高地住民)の結束を弱めるため、象徴となっていた各氏族(クラン)のタータンの着用が禁止された時期も、ブラックウォッチは禁止対象外とされてた。のちにロイヤル・スコット連隊に統合され、ブラックウォッチタータンも引き継がれている。途絶えることなく続いているブラックウォッチは、もともと代表的なタータンの基本形の一つとなっている。これに似た配色のタータンを総称して「ブラックウォッチ」と呼ばれる事が多いようです。
ノーフォークジャケットの歴史とディテール。
ノーフォークジャケットの由来には諸説があります。1860〜70年代にノーフォーク型のスポーツスーツが英国に初めて現れました。これは当時、最もモダンなスポーツウェアとして人気を博し、ことにノーフォーク公爵愛用の狩猟服だったことから名付けられた、と言う説。そしてもう一つがイングランドの東部に位置するノーフォーク州という地名から。この辺りは、街場から少し離れますと、かつては狩猟地だった原野が現在でも多く残っている。ともに、かなり信頼性のある説といえます。さて、一般的にシューティングウェアというイメージが強いノーフォークジャケットですが、ゴルフや乗馬、自転車に乗る際の運動着、また日常の普段着としても幅広く用いられてきた歴史があります。基本の型は、ノッチドラペルに3ないし4つボタンのフロントを持ち、ハンティングジャケットと同じくテーラードタイプのデザインにならっています。これにスポーツジャケットとしての機能的なディテールがプラスされます。ラペルのゴージ位置は高く、防寒性にも長けます。ポケットは大型のパッチポケットで、収納とハンドウォーマーとしての役割を兼ねており、収納したモノの落下を防ぐフラップが取り付けられています。加えてボタンも付けてより機能を付けています。そして最も目を惹き付けるのが、コートのようにフィット感を向上するために装備された、ウェストのオールラウンドベルトです。さらには激しい動きにも、追従すべく、背中の裾へと向かって直線的に伸びるベルトループ兼用のパーティカルパネルも大きな特徴に挙げられる。
その発祥とされていますノーフォーク州では今日、ノーフォークジャケットを身にまとう人々の姿は、残念ながら殆ど見られません。しかし海を隔てたアメリカやここ日本では品格と無骨さと併せ持つこのジャケットに見せられた男達が今なを数多くいます。遠くイギリスの原野で誕生したノーフォークジャケットは今、ここ極東の日本の地でノスタルジーではない現代のリアルクローズとして再評価されています。
オーダージャケット プライス
ツィードジャケット
ハリスツイード
コーデュロイジャケット
ノーフォークジャケット
ノーフォークジャケット
ノーフォークジャケット
ノーフォークジャケット
ノーフォークジャケット
ノーフォークジャケット