テーラー渡辺

2012 秋・冬 ニュースタイル モデル|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺
2012秋・冬ニュースタイルモデル
Neoブリティッシュモデル
タリア ディ デルフィノ フランネルコレクション
フランネル
2012年秋冬のニュースタイルモデルの今回のマテリアルはクラシックな雰囲気を持たせたオーダースーツのイメージにしたくイタリー生地「タリア・ディ・デルフィノ」コレクションから出されているフランネル素材をチョイス。
フランネルとは?
「フラノ」と呼ぶことも多い。トップ糸使いで霜降りの「グレー・フランネル」に象徴される、スーツの代表的素材です。平織りや綾織りをゆるく織って縮絨(しゅくじゅう)をかけて、片面が両面に起毛し、柔らかな薄手毛織物に仕上げます。弾力性があり保温性が高いです。このようなフランネル独特の柔らかく滑らかな仕上げを「フランネル仕上げ」といいます。本来は紡毛織物でありますが、日本では梳毛(そもう)が一般的です。「梳毛フラノ(ウーステッド・フランネル)」とも言います。似たような起毛ウールに「サキソニー」と「メルトン」がありますが、その中間的なイメージです。サキソニーは折り目がうっすら見えますが、フランネルは見えません。「メルトン」は薄毛で柔らかいです。
フランネルは18世紀頃に英国のウェールズWALESで創織され、「ウェルッシュ・フランネル」と呼ばれ、婦人の肌着として用いられたのが始まりとされます。
チョークストライプ
今回のオーダースーツの柄はチョークストライプにしました。
フランネルのダークスーツの代表的なストライプ織りがチョークストライプです。チョーク(白墨)で書いたような、かすれたタッチで0.8〜2p位の間隔に繰り返される縦縞で、ペンシル・ストライプよりも、やや太いです。
チョークス・トライプやペンシル・ストライプなどのはっきりしたストライプは、ウォール街で成功した銀行家Bankerやエリート金融関係者が好んで着ていたことから「バンカー・ストライプBanker's Stripe」とも呼ばれております。それよりも太い「シシリー・ストライプ」もあります。
ネオブリティッシュ
ネオブリティッシュ
古きよき英国(グレート・ブリテイン)に回帰してクラシックなサヴィルロウ風をイメージしたデザインで肩先に向かい、しっかりとシェープされているコンケープショルダー。
そして肩先の抱き綿にロープが入っているかのように強調されているロープドショルダーがいかにも英国的。クラシックに見せるように襟巾はあえて広く9.5センチにいたしました。そのことによってピーク襟が、より強調され個性的な雰囲気を持ったオーダーメイドらしい一着になったようです。
裏地 ライニング(裏地)はイギリスの古くからのマーチャントである「ハリソンズ」の傘下にある「リアブラウン&ダンスフォード」から出されている「シルバーグレー」の「ペイズリー柄」をチョイス。

リア ブラウン&ダンスフォードは
1895年創業の英国最大の同族経営マーチャントでありサヴィル・ロウのほぼ全てのオーダースーツの名門テーラーを顧客に持ち、しっかりとした打ち込みの伝統的英国服地の供給で高い評価を得てきており、日本でも洋服好き垂涎の服地ブランドとしても有名です。また、英国中の有名テーラーがこぞって愛用している、同社の豊富なライニング(裏地)コレクションは当店でも展開されており非常に人気商品であります。現在は、ダンスフォード家の若き4代目でいとこ同士のジェームス、マーク両氏が同社の実権を握り、輝かしい歴史を持つ同社を未来に向けて益々発展させています。
フラワーホール フラワーホール 襟穴(フラワーホール)はあえてハンドメイドにいたしました。元結の糸を極細のシルクの糸で巻きつけ綺麗にかがります。マシンメイドでは絶対にでない、ボタンホールの糸の纏り(まつり)が細かくてボタンホールが立体的に盛り上るのが特徴です。これは永い間経験しなければできない職人の技(わざ)なのです。マシンメイドと違って糸の目の細かさでとってもオーダーメイドらしい綺麗な襟穴になったようです。
舟形ポケット 舟形ポケット 胸ポケットは船の舳先のように先がとがっている、舟形ポケット。これでオーダースーツらしいシャープな印象になっております。
クラシックなイタリアデザインの曲線を持ったバルカ・ポケット(船底ポケット)とは対局したディテールですよ。
スラントポケット スラントポケット上着の脇ポケットはあえて斜めのポケットであるスラントポケットにいたしました。
スラントポケットとは?
メンズのスーツは昔、軍服からラウンジジャケット。そして乗馬服に移り、馬にまたがった際の便宜を考えてベントに切り込みを入れたのがその由来で、馬に乗っていてもポケットに手を入れやすいように斜めにしたのがその理由。斜めにしたことで視線が上がり少しでもスマートに見られるように工夫したおしゃれなディテールです。
ネオブリティッシュ アッパーシルエット アッパー(ハイウェスト)からストレートに絞りを効かせたシルエットでスタイリッシュでオーダースーツらしいおしゃれなデザインです。

若者たちがよく言う「シュッとした、感じ?」
スラックスフロント ベルトループステイ ベルトのバックルを差し込むことによって前の部分が下がらないように工夫を入れたディテール。
スラックスディテール Lポケット 脇ポケットは腰あたりのサイドラインが綺麗に見えるウェスタン調のL型ポケット。
ベルトのループをあえてなくしサイドにベルトをつけたディテール。
スリット バックサイドスリット スラックスのバックサイドにスリットを入れることで運動量が増してより履き心地がよくなります。
ハンドメイド 秋冬のニュースタイルモデル 秋冬
秋冬のニュースタイルモデル 秋冬のニュースタイルモデル 秋冬のニュースタイルモデル
秋冬のニュースタイルモデル 秋冬のニュースタイルモデル 秋冬のニュースタイルモデル
テーラー渡辺