テーラー渡辺

モーニングコート 格調高く、フォーマルウェアの最高峰。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

モーニングコート

モーニング

フォーマルウェアの最高峰で、ブラックスーツよりも格調があってよりドレッシーなオーダーの礼服となれば、モーニングコートということになります。たとえば結婚式の披露宴パーティーで参会者よりも、よりドレッシーな服装をすることが新郎新婦の近親者に要求される場合もあります。
そんな時にはモーニングコートが欠かせないですし、地方によってはブラックスーツよりもモーニングコートが一般的な礼装という事も現在でもあるらしいです。モーニングコートは黒無地のフロントが独特のカッターウェージャケットと共地もしくはシルバーグレーのベスト、それに縞柄のコールズボンが組み合わされた特徴のある形をしているのです。しかし合わせるアクセサリーの選択はブラックスーツと同じです。
そのモーニングコートのアクセサリーについては当店のフォーマルアクセサリーでご覧ください。
ただ、違いをつけるのであれば、シャツと普通衿のビジネスシャツではなく、立衿型のウィングカラーを合わせたフォーマルシャツにするかどうかということになります。これはモーニングコートの中ではクラシックそのものの感覚ですし、それが一種独自のフォーマル感を表現する基になるので場合によっては活用し、当店では「これこそがオーダーですよ」。とお客様にお薦めする場合もあります。

ブラックスーツ

タキシード

フォーマルベスト

コールズボン、縞ズボン

モーニング モーニング
結婚式 披露宴 園遊会 その他 弔辞
モーニング・コートは午前中から昼間にかけての正装です。シャツは普通衿か、それともウィングカラーも良いですね。シャツの袖はダブルカフスでオニキスまたは蝶貝のカフス。ネクタイは白の共柄もしくは白・黒・白・シシルバーグレーのレジメンタルタイ。胸にはポケットチーフをしのばせ、全体的に華やな装いですが、色に関しては白・黒・シルバーグレーのモノトーン色で決めることが大事です。 同じモーニング・コートであっても弔辞の場合はいささか趣が変わってきます。その決め手はアクセサリーの選択です。まずはネクタイは黒。シャツは普通衿の白無地。「ベストも上着と同じ共地の黒にしなければいけません。胸のポケットチーフも省きます。弔辞を問わずモーニング・コート着用の場合は光沢のあるエナメル・シューズは絶対に避けたほうがよいです。あれは宴の夜会用での靴です。

モーニングについてもっと詳しく説明いたしますと。

モーニングコートとは、直訳するとそのまま「朝の礼服」となります。
以前は午前中も訪問か昼間の半礼服として「フロックコートの変わりに着用されましたが、型が瀟洒(しょうしゃ)なので最近の日本では、一日中着用されるようになりました。
もともと片前フロックコートの前部を裁ち落としたもので、アメリカではモーニングコートのことをカッタウェイフロックと呼びます。
生地質はフロックと同様のものを選び、すなわち、黒無地のドレスビキューナー、バラシア、ドスキンなどを用い、時として鼠の霜降り地を使用します。
モーニングコートの衿は片前背広と等しく、ノッチド・カラーまたはピークドラペルとします。
普通片前のものが多く、まれには両前のものもあります。
前は一つボタン大返りが流行しています。丈は膝上まで、剣丈は流行によって上下します。
袖先は2ボタン3ボタン4ボタンなどがあります。
モーニングコートのチョッキは多く片前5ボタンまたは6ボタンのおり、衿あるいは坊主5ボタンまたは6ボタンの折り衿あるいは坊主衿、もしくは両前3ボタンあるいは坊主衿、、4ボタンの襟付きが多く共生地を使用しますが、変わりチョッキにしてもよいでしょう。
下はやや派手な縞ズボンを用い、あまり小さいな柄では背広の下のようになって引き立ちません。
事務用のモーニングコート着用の場合は正式に言えば外套はドレス・チェスターコート、フロック・オーバー、今はほぼなくなりましたが毛皮外套喉を用い、生地色は黒、紺または鼠、霜降り地を選びます。
シャツは白地胸つきまたは襞(ひだ)胸のもの、カラーは立ち襟、前折、ダブルなど。衿飾りはダービー、蝶結びあるいはアスコット、鼠スエードの手袋。エナメルの深靴、釦掛け深靴、あるいは紐掛けの短靴にスパッツを用います。モーニングコートの胸釦、カフス釦は金あるいは宝石昼間いっさいの礼式たとえば送迎宴、結婚式、披露宴、園遊会などのような場合に着用します。

フォーマルに欠かせないアクセサリーの数々

フォーマルタイ&ユーロタイ

チーフ

フォーマル アクセサリー

世界の有名ブランド

ハダーズフィールド

アリストン

カチョッポリ

ドラッパーズ

チェルッティ

チェルッティ

カルネ

ホーランド&シェリー

ブログ「娘の結婚式」から私の家族を紹介いたします。

モーニング

PageTop