テーラー渡辺

ロロピアーナオーダースーツ/スーパー130s'でお仕立てした渾身の1着|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺
ロロピアーナスーパー130s'お仕立てした渾身の1着
本日のお客様は年齢が20代後半のマイシーズンご購入いただいているとってもおしゃれな方。
今回はロロピアーナのスーパー130s'の細番手ですが、さすがロロピアーナスーパー130s'です。目付けはいいのでしっかりとした生地で、色柄は濃紺地のブロークン・ヘリンボーン柄に露草色でブルーのピンストライプが入ったロロピアーナらしい落ち着いた生地です。
デザインは当店では若い方に人気の【ネオ・ブリティッシュモデル】でのオーダースーツ。
この色柄でしたら長く着ても飽きのこない素敵なスーツになりました。
            今回のバックの写真は東京の副都心【新宿区西新宿】です。
西新宿をバックにロロピアーナスーパー130s'でお仕立てした1着。
キュプラ裏地での1着。 ロロピアナでお仕立てした1着。 裏地は濃紺色ペイズリー柄の
キュプラ裏地。裏地代はサービス。
袖本空き、本水牛ボタン。袖ボタンは本空きで
第2ボタンがさりげなく
ブルーに色変えしております。
ボタンはオランダ産本水牛ボタン。
本水牛ボタン代はサービス。
裏地は濃紺色のジャガード織りのペイズリー柄です。
ペイズリー柄とは、ザクロやペルシャの松かさをモチーフにした伝統柄。
複雑・精妙なものが多く、ダンディーな雰囲気が出るおしゃれな柄の裏地です。
裏地代はサービス。
ロロピアーナ
ペイズリー柄とは?
日本では勾玉(まがたま)の形に似ていることから「勾玉模様」とも言われる装飾的な植物文様です。
ペイズリー柄の起源はペルシャとされており、ペルシャの花鳥文(かちょうもん)がインドやイスラムに伝わり、抽象化されたといいます。松かさ、菩提樹の葉、やしの葉、糸杉、あるいはゾウリムシなどの説もあります。インドでは、カシミール地方で織られている「カシミア・ショール」の代表的な模様となっています。カシミヤ・ショールは19世紀の初め頃、ヨーロッパで大流行となり、生産が追いつかなくなったため、イギリスで模造品が作られるようになりました。スコットランドのペイズリー市でも、インドのモチーフを様式化したカシミヤ・ショールが量産されるようになったことから広く知れ渡り、代表的なこの柄が「ペイズリー」と呼ばれるようになりました。
東京都中央区神田をバックにロロピアーナスーパー130s'でお仕立てした1着。
ロロピアーナ 特別企画で仕立てた一着
ロロピアーナ エレガンザ
ロロピアーナ