テーラー渡辺

リネン スーツ&ジャケット/シワの美学、暑い季節に快適な麻のスーツ&ジャケット

テーラー渡辺
リネン スーツ&ジャケット
夏の代表的な服、麻のスーツ&ジャケット
夏の代表的な服といえば、やはり麻(リネン)ですよ。
通気性に一番優れ、着た時にはさっぱりとした感触を肌に与えてくれるシャリッとした麻の質感は、まさに盛夏の素材に最適です。汗がたくさん滴り落ちるほどの夏の暑ささえも、麻のスーツ(リネンスーツ)麻ジャケット(リネンジャケット)を身に着けただけで幾分和らいでくるから本当に不思議です。しかし、気になるのは麻に付き物のシワの存在です。「麻は着たいけど、シワになりやすいのが、ちょっとねえぇ・・・」。なんておっしゃる人は結構いらっしゃいますよね。暑い季節ならではの麻の風合い。その快適さを身体が知ってしまったら、シワなんて気にならなくなるほど麻の着心地に病み付きになりますよ。シワを恐れず、皆さん一度はお試しになってみてください。リネン素材のオーダースーツやオーダージャケットは着心地抜群です。
当店ではお手ごろな価格のものから、イタリアからイギリスのおしゃれな麻ジャケット(リネンジャケット)のサンプルを多数取り揃えております。まずは御参考までに、下にサンプルをご紹介いたします。
夏といったら麻ジャケットですよね!!
麻のオーダースーツは勇気がいるのでしたら麻(リネン)のオーダージャケットだったらいかがでしょうか。麻のご説明をもうひとつ。麻は古代エジプトの頃から人々に愛されている一番古くからの繊維素材。化学繊維とは違い人の肌に一番なじみが良く表面は独特のさらさら感があり、暑い日差しの中で汗を大量にかいても麻は汗の吸収率がとても良いし、夏の強い紫外線も大幅にカットされるから、着ているだけでとても快適にいられます。オーダーメイドがお好きで、おしゃれな方だったらなんと言っても是非とも、加えておきたい夏のワードローブのひとつといえますよ。間違いないです。
スペンスブライソン
「アイリッシュリネン」と言えば「スペンスブライソン」と言うように「スペンスブライソン」は、美しい光沢と風合いを特徴とするアイリッシュリネンギルドのメンバーが生産するアイルランド製"アイリッシュリネン"の有名メーカーであり、品質の良さからも、英国王室で重要され、世界のファッション界でも有名メーカーであり、品質の良さからも、英国王室で重用され、信頼と実績のあるミルです。今回のコレクションの中では、ヘビーウェイトで肉厚で他に類を見ないビンテージコレクションで時代に逆行する圧倒的な存在感を持った、麻本来の持つ風合いを楽しんで頂ける素材に仕上がりました。ジャケットはもちろんのこと「リネンスーツ」には画期的な素材です。
ホーランド&シェリー ホーランド&シェリー
ホーランド&シェリー
【ホーランド&シェリー】の100%麻のジャケットとスーツ素材のコレクションです。簡素な素材と思われがちですが。良質の麻糸と服地の生産には大変複雑ないくつもの工程が必要です。亜麻の栽培から麻糸の防積、織りに至るまで修練された専門技術が大変重要です。ご存知の様に麻の素材は植物の亜麻を原料としますが。亜麻の栽培は世界最古の農業のひとつといえるでしょう。英語の麻を意味する「リネン」はラテン語から派生していることからも、人類の歴史において古くから衣類を初め生活に密着した様々なものに利用されていたことが伺えます。麻の素材の特徴はその独特の堅い肌ざわりと光沢感にあります。非常に丈夫な糸は摩擦抵抗が高く耐久性に優れた服地へと織りあがります。湿度の調節機能力に優れている上、その堅い肌触りが肌へのまとわりつく感触を払拭してくれるので高温多湿や感想の気候にも最適な素材です。色柄は全43色、フラットな無地からストライプ柄、ヘリンボーン柄まで、ジャケットは勿論、オーダースーツにもオーダーパンツにもご利用いただけるコレクションです。
カチョッポリ カチョッポリ
カチョッポリ
イタリアはナポリからのコレクション「カチョッポリ」。生地の色彩は南イタリアの「ナポリ」らしく、綺麗で小粋な雰囲気を持っているコレクション。「カチョッポリ」は「色の魔術師」とたとえがあるように色合いにおいては他を圧倒するほどの華麗で綺麗な感覚。そのファブリックで「リネンジャケット」「リネンスーツ」をオーダーしたら、あまりのすばらしさで癖になりそうですよ。
アリストン アリストン
アリストン】のインパラート社はFerdinando Imparato(フェルディナンド インパラート)によって、1920年ナポリに設立された最高の品質を生産されているマーチャントブランド。イタリア「ナポリ」らしい小粋な雰囲気を持ったコレクションです。
アリストン
世界最古の洒落者素材。 リネン
世界最古の洒落者素材である麻(リネン)。その歴史を紐解いてみますと、古代エジプトのミイラが麻布に包まれていたことは広く知られている通りですよね。この一例をもってしても亜麻(リネン)の歴史が古いことが分かるはず。
亜麻は学術名「リヌム・ウシタテッシムム」で、亜麻科植物の繊維が原料です。
ウールが動物性繊維の代表選手であるとすれば、リネンはコットンと並んで植物繊維の代表なのです。
今でも「リネン室」と言う言葉が遣っているように、テーブル・クロスやナプキンの類いは伝統的に麻布を使用しました、その名残りなのです。
あるいは「ランジェリー」と言う言葉がありますが、なんだかエロっぽくてちょっと恥ずかしくなってしまいがちですが、それは女性の下着類を想起するからですね。
もちろんランジェリーに「下着」の意味はあって、その昔たいていリネン製品だったからこそであります。
皆さんご存知の通り、リネン(亜麻)の特性はあまりに多く、人類の歴史の中でありとあらゆる用途に使われてきた材質なのです。戦前、男の夏服と言えば白麻のスリーピース・スーツと決まっていたものです。
シャツもハンカチも麻で、場合によっては靴まで白麻のものを履いたりしたそうです。
白麻は磨くわけにはいかず、チョークを水で溶いたような液体を塗ったそうです。
私が洒落者を目指すのなら、オフホワイト・リネンのスリーピース・スーツを着るべきでしょうかね。
オフホワイトは着ているうちから皺が現れるほど。だからこそ、着ている間ずっと心地よい緊張感続くのです。
汚すまいとする、皺にすまいと思う。この緊張感が、その心の張りが、洒落者を創るのですよ。昔の女性はコルセットを身に着けたものですが、オフホワイトのスリーピース・スーツは、現代の、男の心のコルセットなのです。
いつも私がお客様一人一人に言ってますよね「おしゃれは我慢だ」。そして「お洒落は面倒くさいものだ」。と
これは有名な話ですけど、お洒落な伊達男の「藤原義江」は晩年は帝国ホテルに暮らしていたそうです。
夏には当然、オフホワイトの服。確かダブル前はお好きだったような記憶があります。ところがそのオフホワイトの麻スーツ。ちっとも皺にならないのです。これまたある人が往年の名テノール歌手に訊ねた所、こう答えたそうです。
「うん、これか。一日に同じものを三回着換えることにしてるんでね」。と。
これはまたものすごい洒落者のお話ですよね。それではまた今度、面白い話をしますね。
エアージャケット
アイスクリームスーツ
コットンジャケット&コットンスラックス
リネンスーツ&リネンジャケット
キーウエスト サウスパシフィック
カチョッポリ
オーダージャケット プライス
ご予約は携帯電話で