テーラー渡辺

レディースオーダー ブレザージャケット|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺
レディースオーダー ブレザージャケット
ブレザージャケット
レディースオーダーにおいて、ブレザージャケットは欠かすことが出来ないワードローブではないでしょうか。
カラーは、濃紺のミッドナイトブルーからネイヴィーブルー、やや明るめのブライトネイヴィー、そしてライトブルー。柄について、まずはもっともプレーンな無地がいいでしょう。春物夏物として表面は平織りのマットーウースから夏用のトロピカルウールとシャリ感のあるモヘヤウール。
やや素材感のあるメッシュタイプもいいですね。手触りの良いポプリン、良質の良い綿糸で織られたブロードクロスからのガーゼ。縦、横糸に強粘糸を用いたボイル織りとかたくさんの素材でのレディースオーダーによるブレザージャケットを仕立ててみてはいかがでしょうか。
ブレザージャケットの由来はケンブリッジ大学とオックスフォード大学の定期対抗レガッタのとき、ケンブリッジのボート部が全員で真紅のスポーツ・ジャケットを着ていて、水に映え鮮やかだったことから、炎転じてブレザーと呼ばれるようになったそうです。また。大英帝国の軍艦ブレイザー号の乗組員に紺サージのブレザージャケットを着させたことが語源だ、という説もあります。いずれにせよブレザーとはスポーティーなユニフォームで金属製(メタル)ボタン、胸にはエンブレム付き,というジャケットのことです。ブレザージャケットにおいて、スポーツ、ブレザーとメタル・ボタン、エンブレムは切り離すことはできないですね。ブレザージャケットは、服の基本。若い方やお年を召しておられるレディーにも年齢に関係なく広く着てほしいですね。デザインはベーシックに「トラディッショナルモデル」は、いいですが今流行のショート丈によるハイウェストから絞りを利かせたお洒落なレディースオーダーによるブレザージャケットもいいですね。たくさんの素材と色々なデザインでのブレザージャケット。
使う用途によってお考えなるのも楽しいものですよ。
メタルボタン ブレザージャケットになぜ金属のボタンが使われているかというと、金属製のボタンは軍服やホテルのボーイなどの制服。
つまりユニフォームに多く使われ金属製のボタンは表面にマークや名前などの細工ができるからで、ブレザージャケットも本来はユニフォームだから当然メタルボタンが使われています。
ボタンが誕生したのは13世紀ごろ、実用性と共に、社会の地位を象徴するものとして高価な貴金属のボタンが流行したこともありました。
ボタンは衣服を留めるものだし、忘れてならない事、それはボタンはレディーの服の中で大切なアクセサリーでありアクセントだということです。
メタルボタンプライス
本水牛ボタン・ナットボタン・蝶貝ボタン・皮ボタン・メタルボタン
エンブレム エンブレムとは本来古くからヨーロッパに伝わる貴族の「紋章」のこと。
現在は大学やクラブのマークや紋章をデザイン化したもの。軍服のブレザーにもその部隊の決まったエンブレムやワッペンがありますよね。
今ではエンブレムはブレザージャケットに欠かすことのできないアクセサリーのひとつです。
いままで着ていたブレザージャケットがよりスポーティな表情に輝いて見えてきます。
こちらの写真の中にロイヤルエアホースや英国海軍、英国陸軍輸送部隊章、英国歩兵連隊章などのロイヤルエンブレムがあります。
エンブレムプライス
レディースオーダー
オーダージャケット プライス
レディースオーダー