テーラー渡辺

ドーメル サマーアマデウスでお仕立てした一着。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺
ドーメル サマーアマデウスでお仕立てした一着。
東京都豊島区要町に会社のある、約5年前から、お付き合いさせていただいているとっても
大事なお客様で企業を起こし大成功した若き40代の、背が高く、格好が良い。俳優でいえば
渡辺裕之似の素敵なお客様。今回はドーメルのサマーアマデウスでお仕立ていただきました。
ウィーンの繁華街をバックにドーメル サマーアマデウスでお仕立てした一着。ドーメルのサマーアマデウスの場合、縫製仕様は【ハイグレード縫製】のお仕立てになります。
ハイグレード縫製とは? クリックお願いいたします
ドーメル サマーアマデウスでお仕立てした一着。 ドーメル サマーアマデウスでお仕立てした一着。
輝くように光るライニング(裏地)はイギリスの
ハリソンズから出されている「リアブラウン&
ダンスフォード」。当店ではダンスフォード
ライニングがお好きな方が多いようです。
ドーメル サマーアマデウス バンチブック今回のお客様、ドーメルのサマーアマデウスのバンチからお選びいただきました。ドーメルの【サマーアマデウス】は暑い夏の時期にどのような場にも着られる用途の巾が大きく使える服地です。ピュアウール90%とシルク10%で織られたサマーアマデウスは、オリジナリティが豊かな色柄と100%シルクのような風合いと、夏の日差しを浴びることによりウ−ルシルクブレンドが、独特の織り組織から生まれる輝く光沢をかもし出します。色は青みがかったシルバーグレーのブロークンヘリンボーン柄。夏らしく涼しそうな色柄です。
フラワーホール(衿穴)ブートニエール衿穴は【ハイグレード縫製】の場合、お客様のご希望があれば、私がハンドメイドで衿穴をかがって差し上げます。衿穴(フラワーホール)はブートニエールとも呼ばれ、花を挿すためのためのもので裏には【フラワーリング】といって花の茎を固定させるための紐のようなものをつけます。そうすることにより花がぐらつかないお洒落なディテール。通常、花を挿すわけではないけれどそういうところにこだわっておきたいものです。ハンドメイドのフラワーホールは元結の糸を極細のシルクの糸で巻きつけ綺麗にかがります。
マシンメイドでは絶対にでない、ボタンホールの糸の纏り(まつり)が細かくてボタンホールが
立体的に盛り上るのが特徴です。これは永い間経験しなければできない職人の技(わざ)なのです。
フロントボタンホールハンドメイドフロントの釦ホールもハイグレード縫製の場合、お客様のご希望の方に限り、私がハンドメイドで釦ホールをかがります。ハンドメイドのボタンホールは頻繁に掛けはずしに丈夫に対応し、この立体感はハンドでなければでません。ボタンホールは洋服の人間で言えば「目」にあたり、手かがりをする事により上着が随分と感じ方が変わります。ご覧の通り味も変わり、雰囲気もハンドメイドらしくなります。昔、洋服のいい職人と下手な職人の判断材料は「その職人にボタンホールをかがらせろ」。といわれておりました。30年以上前になるでしょうか、私の洋服の修行時代は、仕事が終わった深夜、寝る間を惜しんで一生懸命になってボタンホールが綺麗にかがれるように練習をいたしました。現在どれほどのボタンホールを綺麗にかがれる佳い職人がいるでしょうか。イタリアの職人だってイギリスの職人だって全部がいい訳じゃなく、うまい人もいれば見られない下手な職人もいるものですよ。このハンドメイドの味はマシンでは絶対に出ませんよ。
袖釦ホーールハンドメイド サイドベンツハンドステッチ袖釦ホールを本あきにしてその一番下の釦ホールを衿穴のフラワーホールと同じ色にかがるように
依頼されたので【ハイグレード縫製】だったのでサービスでハンドメイドで穴をかがって差し上げました。
袖釦の端の本ステッチ、サイドベンツの端のステッチもハンドメイドで縫って差し上げました。ハンドメイドでステッチをかけると人間の手の運針により全体的にやわらかさが出てより高級感が沸きます。
お客さまに大事に着てもらいたいから、そこに私がいつまでもこだわっておきたいところなのです。
ドーメル サマーアマデウス ドーメル サマーアマデウス
ハイグレード縫製とは? クリックお願いいたします
仮縫い
ドーメルコーナーはこちらまで
「ドーメル」「アマデウス365」特別価格にてお仕立ていたします!!
特別企画「ドーメル」「アマデウス」特別価格にてお仕立ていたします!!
ドーメル ゲストスーツ
どーメル ゲストスーツ
ドーメル ゲストスーツ
ドーメル ゲストスーツ
ドーメル
ご予約は携帯電話で