テーラー渡辺

「カノニコ」「オーバーコーティング」コレクション。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

カノニコ

カノニコ

イタリアはビエラの名門「カノニコ社」から、2018年新しい秋冬シーズンに向けて遊び心のあるバラエティー豊かなコート地のレンジが登場致しました!!4者混のファンシーな「ブークレコート地」から始まり「」撥水加工を施した、表側裏側ともに使用可能の「ダブルフェイス」。やや軽めのミディアムウェイトでブークレイ糸を柄に使用した「ブークレフランネル」。コート地には定番の「カバートコート地」とイタリアのハイブランド御用達のプレミアムなコート地をオーダー用にお選び頂けます。寒い冬はもうすぐ、コートのご用意をそろそろいかがです。

カノニコ

カノニコ

「カノニコ」社からの「ブークレ織りコート地」。ニットのように伸縮性のあるふわっとした微妙にゴージャスな素材。ざっくりとした4者混ファンシーなツィードコート地。ウェイトも550gでヘヴィーウェイトなので温かい都会的なモード風「アーバンコート」には最高の素材です。

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

表側がタータンチェック。裏側がブラックのダブルフェイス・ヘヴィーウェイトのメルトン。裏地を抜く「アンコンコート」に最適なコート地。表側はもちろんのこと、裏側の無地を使用したり、どちらを使っても使用可能のコート地です。

カノニコ

カノニコ

今回機能性ファブリックレンジ「ゼルマット」社から「メルトン」の撥水加工されたコート地をご用意。撥水加工をしているので、雨の日、雪の降る日には画期的な素材。
メルトンとは?
ダッフルコートやピーコートの素材に代表される、縮絨(しゅくじゅう)加工した、厚手の紡毛織物。平織りか綾織りにして強く縮絨し、表面の剪毛(せんもう)して刈り取るので起毛はしておりません。これを「メルトン仕上げ」という。表面は毛並みの揃わないフェルトのような毛羽で覆われ、手触りはソフト。地合いが極めて密なので保温性も高い。それに今回のメルトンはダブルメルトンなのでより温かいオーバーコートになりますよ。デザインはステンカラーコートや、アルスターコートには最高ですよ〜

カノニコ

カノニコ

ウェイトが340/360gとやや軽めの、ブークレ糸を柄に使用した「ミディアムウェイト・フランネル・コート地」。「重たいコートは疲れるから軽めが良いね」。というモード風のコートをご希望なさる方には最適なオーバーコート地です。

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

多色の色糸のブークレ糸を使用した、個性的で特徴的な表情のメランジ調「ブークレフランネルコート地」。
一ランク上クラスの専門家をうならす、こだわりのモード風な、やや軽めの「フランネルコート」はいかがでしょうか。

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

「カノニコ」社の「「カバートコート」。
カバートコート」とは?「カバー・クロス」とも言う。世界で有名で代表的なコート地。写真でご覧の通り霜降り調で高密度な梳毛の綾織物です。縦糸の密度が横糸よりも高いため綾は45°以上の急角度になっており、織りはにつで耐久性豊か、丈夫で風を通しにくいため暖かく、しかも毛羽立ちがなく、やや光沢がありエレガントな趣でもあります。本来は英国紳士の狩猟用のコート地として使用されたもので、トラディッショナルの代表的な織物。「カバート」とは?「狩りの獲物が隠れる場所」の意味。丈夫で長持ち、エレガントなスーツ、オーバーコートを仕立ててみませんか。

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ イタリアはビエラの名門

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

カノニコ

CANONICO

ご予約は携帯電話で

PageTop