テーラー渡辺

「スキャバル」「クラシックス」「ビッグベン」コレクション。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺
スキャバル
スキャバル ギャラクシー
スキャバル ギャラクシー
【スキャバル】の「クラシックス」。その名前通り、昔からの真のクラフツマンシップに対する洞察力を持ったものだけがわかるファブリックです。スキャバル社の数あるコレクションの中でも長年支持される名作。軽薄な考えや小細工なんて必要ない、耐久性に優れた本物の品質のみがわかってもらえればいいのです。50番の太糸を用いた縦経双糸でややウェイトのある360gの英国製で、耐久性の高いピュア・ウールを使用した冬向けのオーダースーツ生地、それが【スキャバル】の「クラシックス」です。「低番手×密な打ち込みによる仕立て映えするファブリック。このような伝統的な品質を見つけることは最近では稀であり、時代を超越したデザインが非常に良く合います。【スキャバル】の「クラシックス」は個性に溢れたバーズアイからヘリンボーン、ストライプやチェックまで、バラエティに富んでます、何よりも職人の伝統を重視する目の肥えた男性に理想的なコレクションです。ハードなビジネスマンに派ピッタリです。
プレステージ縫製とは?
ハイグレード縫製とは?
仮縫い
フルハンドメイド
エクセレント縫製
スキャバル ギャラクシー
スキャバル ギャラクシー
スキャバル ギャラクシー
スキャバル ギャラクシー
スキャバル ギャラクシー
スキャバル
スキャバル
スキャバル
スキャバル
スキャバル
スキャバル
スキャバル
スキャバル
スキャバル
スキャバル
スキャバルの「ビッグベン」は 36/2nmの糸を2/2のツイルで織り上げた、ウェイトが最も重い480gmnの重厚なスーツ地コレクションです。その名の通り1960年代の伝統的な英国生地を再現したヴィンテージ風スーツ地です。ガツンとくる、このウェイト。肩に乗ったときの充実感はヘヴィーウェイトならでは。「スキャバル」の中でも一番、厚手の服地ですがドレープ性もあり仕立て上がりのスーツは正に伝統的な英国を表現してくれます。色柄もヴィンテージを意識してクラシックなブリティッシュ・スタイルを基本に構成させています。双璧となる、きらきら光沢があって軽くてやわらか〜なモードな雰囲気のスーツを仕立てる「イタリー製のマテリアル」とは全くの逆で、クラシックな雰囲気を持った1着を仕立てたいようだったら一番のお勧めのファブリック。勿論、英国服地の長所である耐久性は抜群です。着込めば着込むほど味わいが出る、ワードローブに必ず一着は欲しいスーツですよ。仕立てたら胸のボリュームも出て、グラマラスなスーツになりますよ。
スキャバル
スキャバル
「スキャバル」春夏物「オーダースーツ」コレクション
「スキャバル」秋冬物「オーダースーツ」コレクション
スキャバル・マジェスティングジャケッティングス
スキャバル
スキャバル
スキャバル
スキャバル・マジェスティングジャケッティングス
スキャバル・シルバーストン・イマージュ
スキャバル ジャケットコレクション
スキャバル本社に直撃してきました!
最上級の品質、究極の生地は究極の背景から生まれます。
スキャバル ロンドン サヴィルロウ通り本店 スキャバルは、1938年オットー・ハーツにより設立され、創業以来ベルギーのブリュッセルに本社を置いています。
ベルギーは英国やイタリアから調達した生地を、欧州各国に供給する絶好の中間地点なのです。
実際ブリュッセルはヨーロッパの殆どの主要都市まで空路で1時間以内。
現在ではEUは存在しますが、スキャバルは創業当初から「経済活動としての欧州連合」を視野に入れていたのです。
こうした先見の明もあり、スキャバルが1950年に考案した世界初のバンチシステムは成功を収めました。現在ではロイヤルファミリーや大統領や首相、ハリウッド俳優から高い評価を得る高級紳士服地として成長いたしました。
スキャバルの素晴らしさは厳格なる品質管理。
原毛の選択から仕上げまで常に高い品質へのこだわりを持ち、一貫した管理体制の中で卓越したクラフトマンと先端技術によって生産しています。
常に最高級の原材料だけを使用し、どれほど作りなれた定番生地も1p刻みの検査に合格しない限りスキャバルを名乗ることはできません。こうしたすさまじいこだわりの生地は世界中の服好きを魅了して当然なのです。「一切の妥協も労力も、時にはコストさえも惜しまず織り上げる」その企業理念がさらにスキャバルを飛躍させているのです。
スキャバル ボタン&ライニングコレクション
本水牛ボタン・ナットボタン・蝶貝ボタン・皮ボタン・メタルボタン
1938年にブリュッセルで創業したスキャバルは、今や世界的な高級服地のブランドに成長しました。
計画的な事業拡大により、まず欧州ビジネスを確立し、次いで1970年代にアメリカと日本、更には中東、アジアに進出しました。

「世界的な視野で考え、地元重視で弊社のやり方」とスキャバル・グループのCEOグレゴリー・ティッセンは語る。「世界戦略を展開しながら地元の状況に柔軟に適応する」。

このアプローチは素材やデザインやスタイルに関する地域独特の嗜好を超える。スキャバルの組織自体が多様な地域を反映している。市場によっては卸売業務にあたる現地法人を設立し、また別の市場では代理店、販売店、小売店と仕事をする。10以上の国でライセンス契約によりスキャバルの名をつけたショップを運営する。国際的な事業拡大には何が必要だろう。グレゴリーは「明確なイメージを持つこと」、「地元のルールや慣習と折り合いをつける柔軟性」、「これを理解して応用できる人材」だと言う。

ブリュッセル本社の100人を肥えるスキャバル社員の国籍は15カ国に及ぶ。ブリュッセルはグローバルビジネスに適した都市。多言語に通じ、柔軟で国際的な視野を持つ人材が集まる都市です」。
将来については?スキャバルは輸入に門戸を開き、高級品を受け入れる全ての国を視野に入れている。「インドと中国の成長ぶりはめざましい。
でも、我々は国際的に常によい組合わせを保とうと努めます。リスクを平坦にするためにも」。
SCABAL スキャバル本社、ベルギーの倉庫 生地倉庫
SCABAL
ご予約は携帯電話で