テーラー渡辺

「フォックスブラザーズ」「サマセットジャケッティング」コレクション。|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺

フォックス

フォックス

フォックス フランネル

「フォックス ブラザーズ」「サマセット ジャケッティング」は"West of England"で時間をかけて織り上げる、柔らかく、暖かいミディアムウェイトのジャケットコレクションです。ハウンドトゥース、オーバーペイン、ヘリンボーンなどオーセンティックなデザインの数々は、「森の緑」や「チョコレート」「石墨」といったナチュラルなものからインスピレーションを得たカラーで表現されています。

フォックス フランネル

「オーバーチェック」
チェックの上に大きなチェックを重ねた柄のことで、「オーバーブレイド」「越格子(こしごうし)」とも言う。グレンチェックに大きなウィンドーペインを重ねた格子柄。

フォックス フランネル

「ガンクラブチェック」
アメリカ東部に実在した狩猟倶楽部のひとつが1874年に作ったユニフォームに、このパターンを使用したことからがその名前になったそうです。「ガンクラブチェック」はスポーティーなパターンの代表格で、二色の格子が重なり合って出来ているのが特徴で、またの名を二重弁慶格子とも言います。ガンクラブチェックですから、カントリージャケットとしてお仕立てしても良し、スポーツジャケットでもいいですし、ノーフォークジャケット、その他スポーティーなトップコート。変わったところで、ニッカーやディアストーカーまたの名をハンチング・キャップ(鹿狩帽)など、伝統的なものに使われると素晴らしい効果と発揮いたします。

フォックス

ハウンドトゥース
格子ひとつひとつの形が猟犬(ハウンドHound)の牙(トゥース)に似ていることからの名前。「ドッグトゥース」ともいう。日本では千鳥が飛ぶ姿に似ていることから「千鳥格子」、フランスでは「雌鳥(めんどり)の足跡」を意味する「ピエ・ドゥ・プールPied-de-poule」という。

フォックス フランネル

フォックス フランネル

「ウィンド-ペイン」
ウィンド-ペインは「窓ガラス」のこと。「ウィンド・ペイン・チェック」「窓枠格子」ともいう。クラシックなチェック柄の一つ。

フォックス

フォックス

「ヘリンボーン」
「ニシンの骨herringbone」に似ている織りで、日本では「杉」に見立てて「杉綾(すぎあや)」。仏語では「屋根の垂木(たるき)」を想像して「シェブロンChevron」の名がある。

フォックス

「フォックス」

「ダイヤゴナル」
ダイヤゴナルは「斜めの、対角線の」という意味で、約45度のはっきりした綾目のある綾織物。ウールが主で「ダイヤゴナル・ウーステッド」ともいう。」

フォックス

フォックス

フォックス

フォックスフランネル

フォックス

フォックス チェック

フォックス パターンズ

フォックス

フォックス

フォックス スペシャル アーカイブ

オーバーコーティング

フォックス

フォックス

フォックス

フォックス

フランネルとは?
「フラノ」と呼ぶことも多い。トップ糸使いで霜降りの「グレー・フランネル」に象徴される、スーツの代表的素材です。平織りや綾織りをゆるく織って縮絨(しゅくじゅう)をかけて、片面が両面に起毛し、柔らかな薄手毛織物に仕上げます。弾力性があり保温性が高いです。このようなフランネル独特の柔らかく滑らかな仕上げを「フランネル仕上げ」といいます。本来は紡毛織物でありますが、日本では梳毛(そもう)が一般的です。「梳毛フラノ(ウーステッド・フランネル)」とも言います。似たような起毛ウールに「サキソニー」と「メルトン」がありますが、その中間的なイメージです。サキソニーは折り目がうっすら見えますが、フランネルは見えません。「メルトン」は薄毛で柔らかいです。フランネルは18世紀頃に英国のウェールズWALESで創織され、「ウェルッシュ・フランネル」と呼ばれ、婦人の肌着として用いられたのが始まりとされます。

帽子のオーダー

ご予約は携帯電話で

フォックス

PageTop