テーラー渡辺

本水牛ボタン・ナットボタン・蝶貝ボタン・メタルボタン|オーダースーツ&ジャケット・シャツのテーラー渡辺

テーラー渡辺
本水牛ボタン・ナットボタン・蝶貝ボタン・メタルボタン
背広上下\55000以上、ジャケット価格\45000以上のお客様はサービスいたします。
本水牛ボタン
本水牛ボタン
【本水牛ボタン】の材料は南オランダ産の水牛の角から採取され、全て手作りの作業で熟練者が細やかな気配りと几帳面な正確さで採取されたボタンです。【本水牛ボタン】は長い期間の強い紫外線にも変色せず、使い込むほどに美しい地肌と艶が出てまいります。まさに、この【本水牛ボタン】は高級スーツに使う代名詞にもなっております。
本水牛ボタン 本水牛ボタン 本水牛ボタン 本水牛ボタン
本水牛ボタン 本水牛ボタン 本水牛ボタン 本水牛ボタン
本水牛ボタン 本水牛ボタン 本水牛ボタン 本水牛ボタン
本水牛ボタン 本水牛ボタン
ナットボタン
ナットボタン
象牙色の美しい地肌と艶、木目調のボタン
ナットボタンの材料は南米エクアドル産の熱帯植物で「タグアヤシ」の木の実で、全て手作りの作業で細やかな気配りと几帳面な正確さで、熟練者によって製作したボタンです。ナットボタンは「アイボリーナット」とも呼ばれるように、地球に優しい天然素材で、使い込むほどによって表皮を削った時に象牙色の美しい地肌と艶、木目柄などが出ます。耐久性に優れ、割れにくく艶も落ちにくい、まさに高級スーツの代名詞にもなっておりますし、特に若い方においてののジャケットのボタンにも相性がいいようで非常に御好評をいただいております。
ナットボタン ナットボタン ナットボタン ナットボタン
ナットボタン ナットボタン ナットボタン ナットボタン
ナットボタン ナットボタン ナットボタン ナットボタン
ナットボタン ナットボタン ナットボタン ナットボタン
ナットボタン ナットボタン ナットボタン ナットボタン
ナットボタン ナットボタン ナットボタン ナットボタン
ナットボタン ナットボタン ナットボタン ナットボタン
蝶貝ボタン
この蝶貝釦はボタンの素材として昔から使用されており、「真珠母貝」と呼ばれる2枚貝で特に天然の白蝶貝は上品で優しい、綺麗な輝きをはなちます。黒蝶貝も抑え目の輝きの中でシックな雰囲気になります。
当店では白蝶貝・黒蝶貝にアルミの枠にはめ込み、割れる心配のないを蝶貝ボタンもご用意いたしております。どんな素材のスーツ地やジャケット地でもよく合い、貴方のおしゃれさをきっと素敵に演出してくれることでしょう。
白蝶貝ボタン 黒蝶貝ボタン 黒蝶貝ボタン 黒蝶貝ボタン
アルミ枠つき白蝶貝 アルミ枠つき黒蝶貝ボタン
皮ボタン
レザー釦の材料となる牛、馬、山羊などの皮革は、南北アメリカ、オーストラリアから輸入されております。
革に必要な処理を施した後に、小さく切って1個の釦に編み上げ、プレス加工で形を整えて染料を塗ったものをバスケット型といい、そのほかに1枚の革を押した釦もあります。特徴は革をタンニン酸(シブ)でなめるタンニン仕上げではハードな感じに、クローム酸でなめすクローム仕上げでは、ソフトな感じに仕上がります。タンニン仕上げの皮革釦は鞄やベルトなどに。クローム仕上げの皮革釦(レザー釦)は当店で今回、取り扱うトレンチコートやジャケットに使用いたします。
皮ボタン 皮ボタン 皮ボタン 皮ボタン
皮ボタン 皮ボタン
メタルボタン
真鍮釦
真鍮は黄銅ともいわれ、銅と亜鉛の合金です。当店の真鍮釦をご説明しますと中身が空洞で表パーツと裏パーツを合わせて折り曲げて留めるカシメという方法で制作。軽くて丈夫で表面がとても綺麗な釦をご用意いたしました。
メタルキャスト釦
ホワイトメタル(銀系の低融点合金)を炉で溶融し、ゴム製の型に流し込み、冷却・固化し制作した釦です。
金属釦の中でも特に繊細で、彫刻調の雰囲気が出るため、エレガントなブレザージャケットの時につけるといいですよ。
メタルボタン メタルボタン メタルボタン メタルボタン
メタルボタン メタルボタン メタルボタン メタルボタン
メタルボタン メタルボタン メタルボタン メタルボタン
メタルボタン メタルボタン メタルボタン メタルボタン
メタルボタン メタルボタン メタルボタン メタルボタン
メタルボタン メタルボタン メタルボタン メタルボタン
メタルボタン メタルボタン メタルボタン メタルボタン
メタルボタン メタルボタン